Just another WordPress site

「トラック野郎・望郷一番星」の、北海道を舞台とした壮大なロケ

2019/04/09

「トラック野郎・望郷一番星」における、ダイナミックなロケの場面

 トラック野郎シリーズ第三作「望郷一番星」(1976年8月公開)では、何といきなりロケの舞台が北海道に定められ、これがきっかけでまさしくトラック野郎シリーズとしてのピークに入っていったかな、って感じです。

 
 そしてこの「トラック野郎・望郷一番星」のロケ場所がいきなり北海道という展開になったことから、このロケ自体が、トラック野郎たちにとっての「心の故郷」として愛される型になったのです。

 
 そう言えば、主人公の桃次郎役を演じた菅原文太氏が亡くなった際(2014年11月ころ)に、「トラック野郎・望郷一番星」の、有終の美を飾ったかの命懸け意外の何物でもない爆走シーンが、テレビのニュースの一場面に映し出されていたのをたまたま覚えております。

 

 

 なんせその「トラック野郎・望郷一番星」における、ラストの爆走シーンのロケについては、設定としては、『釧路~札幌間を、40トンの生魚を積んで、5時間以内に送り届ける』という、空いた口が塞がらないほどの次元でした。

 
 それも真夏のロケという、過酷極まりない環境の下での出演者たちが体当たりで挑んだ、歴史に残る不朽の名作以外の何物でもありません。

 
 その40トンの荷を積んで、一番星号のスピードメーターが60キロから100キロまで加速するという場面が映し出され、もし指定時間内に運べなければ、2000万円もの損害を請求される、といった、絶体絶命の状況でした。

 
 トラック野郎シリーズにおいては、言うまでもなくどの作品ともロケはあくまで過酷で、時には捨て身とも言えるまでの姿勢でこそ成し遂げられたものです。

 
 従って、どのシリーズのロケが一番過酷だったか、とは甲乙つけがたいものでありますが、私なりの独断と偏見で選び抜くとしたら、今回紹介する「望郷一番星」のロケが最も過酷を極め、一種の差別化作品であった、というのが偽りなき感覚です。

 
 それ故に、これほどまでの作品のロケに役者生命を賭けられる俳優といえば、やはり桃次郎役の菅原文太氏、ジョナサン役の愛川欽也氏、そして桃次郎のライバル役のカムチャッカを演じた梅宮辰夫氏といった面々に尽きるものです。

 
 この「トラック野郎・望郷一番星」の爆走シーンのロケの中でも、最も命懸けの場面といえば、つり橋を渡る場面でした(あくまで架空で、特撮です)

 
 正しく今なお愛好家達の中では語り草となってはおりますが、まあまあ同じ当時の数ある特撮の中でも、最も精巧かつ今日のCGにも劣ることがないまでの臨場感を演出しておりました。
 


 そしてこの吊り橋を命からがら渡り終えたその後には、桃次郎とトラック野郎仲間たちとの揺ぎ無き信頼関係を描いたロケが展開されました。
 

「トラック野郎・望郷一番星」での、突き刺さるべくロケの締めくくり

 
ここ数回に渡り、トラック野郎シリーズ関連の記事を書いてる私ですが、無意識のうちになぜかこの作品の「起・承・転・結」の「結」の場面ばかりから入っていってますが、なぜならこの作品はそれ故に高い歴史的価値を提供し続けてきた、と言うに相応しいからです。

 
 確かに私個人的にもこのトラック野郎シリーズの中でも、爆走シーンを最も欠かせないハイライトスポットとして取り上げたい、という事もありますが、それ以上に、桃次郎が捨て身の姿勢で仲間たちとの信頼を賭けて一代の大役を成し遂げるという心意気こそが、最も学ぶべきものであります

 
 その一番星が航海中に「富良野市を通過した」という辺りからのロケが、この「トラック野郎・望郷一番星」においては有終の美を飾るべくクライマックスとして展開されたのです。

 
 かつてのライバルのカムチャッカもトラック野郎仲間たちと電話でやり取りしつつ、「3時間もぶっ飛ばしてる」という一番星号のタイヤのバーストを防ぐために、必死でタイヤ交換を指示していました。

 
 にもかかわらず、トイレに行く暇すらないと、桃次郎はトラック野郎仲間たちの指示をそっちのけで、札幌に向かって爆走し続けました。

 
 そこでカムチャッカが苦肉の策として、道路を水で冷やす案を思いつきました。

 
 トラック野郎仲間たちは、道路にホースやバケツリレー、そして時にはダンプカーを使っての散水と、炎天下の中、ロケはさらに過酷を極めました。

 
 こうした仲間たちの支援のおかげで、一番星は指定時間ギリギリに札幌の市場まで荷を送り届けることに成功しました。

 
 そしてこの「トラック野郎・望郷一番星」の、幕を閉じる場面で、ぶっ飛ばし続けてきた一番星がタイヤのバーストを起こし、走行不能になってしまう、またまた命懸けの幕引きのロケが展開されたのです。

 
 今回紹介した「トラック野郎・望郷一番星」では、仲間同士の信頼関係を守るためには、主人公を始めとした、出演者たちが正しく一丸となって、理屈ではなく過酷なロケの環境に身を置くことにより、見る者たちに突き刺さるような演技を示していた、と言えます。

 
 我々としてもまた、この「トラック野郎・望郷一番星」において、出演者たちが過酷なロケにおいて流しづけてきた汗を無駄にすることなく、信頼関係のために必要なものを、一つ一つ学んでいきたいものであります。

 

「トラック野郎・望郷一番星」のご視聴は、こちらからお願いします。👇

 
 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

 この期間内なら解約料金は一切不要です。


 月額利用料金は、2,189円(税込)です♪

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー