Just another WordPress site

厳選の英雄物語

 

この度は「一世一代のカリスマ継承」までご訪問いただき、誠にありがとうございます。

本サイトが厳選紹介する英雄達による最高傑作は、ザッと以下の通りです。

 

⇒トラック野郎シリーズ全10作

 

⇒「西部警察」シリーズ全236回

 

その他、「あぶない刑事」シリーズに邦画及び洋画、さらには邦楽ポピュラーから邦楽ロックに至るまで、紹介すべき話題はあくまでピンキリです!!




新着記事

    「西部警察」ライフル登場は団長による名場面を、熱く紹介していきます。   「西部警察」において団長がライフルをぶっ放す数々の場面は、言うまでもなく見るたびに魂を揺さぶるものがあるはずです。     またライフルの機種と言えば「レミントン」なんかがマニアたちの間で高ク認識され続けてきました。    次いでに西部警察署に於いては、ライフルの名手としては大門だけでなく、鳩村もその腕は絶賛されていたものでもあります。    ⇒鳩村によるライフル名場面はこちら   さて、このように「西部警察」史上絶対不可欠なライフル登場場面ですが、さすが寸分たりとも狂いのない、そんな大門による腕により多くの人々は命を救われてきました。    時にそのライフルは、軍団の仲間が絶体絶命に陥った時には、止むを得ず仲間の動きを封じるために使用されたり、ある時は団長自身が拉致され要人暗殺目的に利用されようとした場面もありました。     ついては今回「西部警察パートⅠ」第113話「狙撃手、大門」においてライフルの腕に目を着けられた団長が拉致され、とある目的に利用された回を、激震的に語っていきます。   ここではライフルの名場面と併せて、西部警察署が団長抜きでの事件解決に向かっていった場面も見どころではあります。  「西部警察」でライフルの腕目当てに団長が拉致された事件の展開  「西部警察」にてホシ達がライフルの腕の利用するために団長を拉致したのですが、この目的を事件の展開と共に振り返っていくとします。    西部警察署を出た団長はある日行きつけの店をたまたま谷さんと共に最後に出たのですが、この後行方になってしまいました。   団長の妹は明子までも西部警察署に足を運ぶ羽目になり、事件を究明していく中で、驚愕の事実が次々発見されていったのです。    その決定的な目撃談となったのが左頬に傷のある任侠風の男だったのですが、実は団長だけでなく同時に行方不明になった谷さんの娘・ひろ子と奴が面会していた、との証言も飛び出しました。    ライフルの腕も全国の警察関係者達の中で1、2位を競い、敵が数人いてもびくともしないはずの団長がまさか!?  のことでひろ子を人質に取ったことで、拉致されていたのでした。    さらに西部警察署に団長と左頬に傷のある男含むホシ達数名が乗ったオービスの映像が送られてきました。    団長は自分が拉致された証明を残すために機転を利かせ、わざと速度超過によりオービスを光らせたのです。   こうして西部警察署による捜査が一層加速の中で、左頬に傷のある男の正体が、吉田という右翼団体の構成員であることも判明しました。    同時にライフル販売店で団長がホシ達により手帳を提示してライフルを購入させられていた証言も入手。    ここまで来ればライフルを購入させた理由は言うまでもなく、団長の腕を何かの目的に利用する以外の、何物でもありませんでした。    既にこの時点で西部警察署の団長の替わりが谷さんになっており、ホシ達による狙いをさらに突き詰めるべく、拉致されたアジトとして芝浦の渡し船を突き止めるも既にそこはもぬけの殻でした。    しかしそこで「日高」なるキーワードを発見した軍団はサファリのコンピューターのリストにて「日高円城」なる人物を特定し、これこそが事件解決の向けた最終の手掛かりとなったのです。    日高は「義友会、会長」と記載されており、早速谷さんら一行は奴の自宅へと強制捜査に踏み入りました。  「西部警察」でライフルの腕目的に団長を拉致の目的と衝撃の結末   かくしてライフルの腕を利用し、ホシ達が団長に一体何を要求していたのか。    ここがあの事件における最大の課題でした。    日高の部下達にライフルを団長に購入させた理由を問い詰めた結果、標的は来日予定のとあるヨーロッパの経済学者でした。   この要人を団長のライフルの腕を利用して襲撃するのが、一味による最終目的だったのです。   狙撃の指定時間としては午前10時、後1時間と迫った時点にも拘わらず西部警察署の上層部は「もはやなすすべがない」と諦めるも谷さんら一行は標的となる要人を乗せた車に付き添う態勢を取りました。     あとは団長がライフルを構えている場所の特定ですか、サファリに乗っていたリキがハイテク装置にて探し当て、ビルの高層部で射程距離は驚愕の300メートル!?   ここで谷さんとして驚くべき作戦がひらめき、要人と谷さんとのルックスが似通っていたという利点を活用して、その要人に成りすましたのです。    「団長のライフルの襲撃を受けるのならば本望」と谷さんは防弾装置に血糊で防備しての究極なる決断でした。    そしてついに指定時間の10時、ライフルの引き金を引いた団長の弾は1cmとズレない型で谷さんの防弾装置に命中、これにて標的となった経済学者は無事保護されました。    しかしこの後一味は団長たちを後始末すべく襲撃開始、ライフルで主犯の日高を殴打した隙にひろ子は逃走も団長は腹部に銃弾を受けました。    こうして満身創痍になりながらも団長はひろ子の救出にも成功し、自らも救急車で搬送されるも事なきを得ました。    今よりまとめに入りますが「西部警察」におけるライフル射撃のカッコ良さと併せて、団長抜きでの西部警察署がいかに知恵を振り絞り、究極の場面にて勝ち抜いたか。    が、このシリーズにおける最終的なテーマで、こここそがいかにも激震的な演出で視聴者に訴求する最高傑作でした。  「西部警察パートⅠ」第113話「狙撃手、大門」は、下記よりご視聴いただけます👇   名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  この期間内なら解約料金も一切無料。   月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

     「トラック野郎」一番星号の実車が原作放映時と変わらぬ姿にて、一般市民がイベントにて触れ合えるようになるまでの復活劇を、今回は熱く語っていきます。    一番星号がまず原作時に等しい飾りで復活を遂げた時期としましては、「トラック野郎」最終作終了後より実に40年近くを経た2010年代後期であったとされます。   具体的な一番星号復活劇については、私としてもデコトラ専門誌等でうっすらと覚えている程度でしかありませんが、少なくとも我らがイベントにて楽しめる「完全復活」を成し遂げるには、実に4、5年はかかった模様ではあります。   ⇒一番星号参加のイベントの模様はこちら   そういえば「トラック野郎」で一番星号がデビューを果たして40周年を迎えた2015年に北海道に上陸した時点では、荷台のペイントがはがれていたりと、古さを隠せない外観ではありました。  もっと遡れば「トラック野郎」終了後における一番星号は高年式の波を隠せずに、一時は廃車寸前にまで陥ったという情報もあるくらいです。    一方で「トラック野郎」終了から僅か2年も経たない1981年に一番星号が文太兄い主演の刑事ドラマ「警視庁殺人課」にて、ある1話内にエキストラで出演した事もあります。   また私が「トラック野郎」及び一番星号の存在を知り得たのはシリーズ終了後より約10年を経た80年代末期でした。    ついては「トラック野郎」終了後から実に数十年以上を経て一番星号を完全復活を実現させた関係者達による生き様を追いながら彼らに対する敬意を示しつつ、今回も熱を込めて語っていくとします。 「トラック野郎」一番星完全復活に至るまでの人知れぬ困難と愛着心   これは「トラック野郎」愛好家なら言うまでもありませんが、「トラック野郎」の原作に見合う作品の復活は無理にしてもせめて一番星号の実車だけは国宝として保存してもらいたい。    そう願っていたに違いありません。    「トラック野郎」出演車の中には高年式による老朽化を隠せず、一番星の相方は「ジョナサン号」のように生憎廃車となってしまった名車達も少なくありません。   あるいは「トラック野郎」最終作に出演したライバル車は龍馬号のように、キャブ本体は保存されても荷台は爆破により解体されてしまった実例もあります。    これは「トラック野郎」終了後数十年間における社会環境の変化にも伴うものだからやむを得ないと言ってしまえばそれまでかも知れません。   まず一番星号の車種自体が70年代前半期の型としても維持するには現行型と比べて大変な手間暇を必要とします。   車検でも40年以上経った車両が合格するには厳しい点もあったり、かと言ってエンジンをオーバーホールにも部品の取り換えがきくという保証もありません。   飾りのパーツともなればなおさらで、現代のデコトラ専用パーツは電球1つにしても「トラック野郎」放映時と同じパーツを調達するのは至難の業だったことでしょう。    それでも一番星号を何としてでも復活させねば!!   というオーナーはじめ関係者の職人たちによる揺るぎなき愛着心は決して消えませんでした。   希少価値を生み出せる専門家達のお陰もあり見事「トラック野郎」最終作「故郷特急便」終了時に等しい飾りにて、完全復活を成し遂げました。   一番星号完全復活に当たり例えばデコトラグループ最大手「歌麿会」の田島会長としても、    あくまで「トラック野郎」放映時に等しい姿でなければ、一番星号は本物の文化資産としての価値を生み出せない    との徹底した愛着心を示し続けてきました。   以上のような一番星号復活劇を振り返ると、21世紀を生きる我等のような後世の立場としても、実に痛烈なメッセージを発信している事を悟りました。 「トラック野郎」一番星復活劇の視点から、効率化と利便性を見直す  「トラック野郎」一番星号の復活劇を追うに当たり、今回は利便性を常日頃より享受する我らに対しての問いみたいなものを発見しました。   ネットの力が隅々まで行き届き、「トラック野郎」放映当時よりはるかに情報の調達はじめ何から何まで便利になった現代を生きる我等としても、改めて何かを見直す必要があることに気付いたのです。    「トラック野郎」のDVD1本にせよ、わざわざレコード店に足を運ばずとも通販サイトで簡単に注文でき、翌日配達も可能である。   あるいは聴きたいミュージシャンの名曲1つにしてもYouTubeの動画から無料で視聴も可能であったり、今世紀に入ってからあらゆる手間が省け有料が無料になったりと、効率化と利便性の発達は驚異的でした。    しかしこの効率化と利便性の裏を返せば環境の変化と共に「トラック野郎」に限らず、歴史的資産価値が軽視される恐れもあります。   一番星号の完全復活劇に見られるような、人知れぬ紆余曲折や愛着心が置き去りにされるかも知れないのです。    民間企業においても残業カットによる人件費削減はじめ、ありとあらゆる効率化が進められてきて、同時にコンプライアンス重視も長く叫ばれ労働者の人権も厚く保護されてきました。   確かにかくいう取り組みにより利益を上げてきた企業は少なくないですし、私としてもこれは決して外れでないと感じております。    ただ一方で効率化を偏重するあまり、この環境に慣れ切る事で先人達に対する感謝の精神を置き去りにしてしまうかもしれません。   言っときますが今ある利便性はいくら無料で享受できるようになったと言えど、決して当たり前ではありません。    即ち「トラック野郎」なる超大作を世に送り出してくれた制作関係者一同、及び一番星号と共にデコトラ文化を発展に導いてくれた団体の関係者といった先人達に対し、私なりにも精一杯の感謝の精神を示すべきです。  即ちその為に私は一番星号参加のイベントに自己投資の意味をも兼ねて参加し、こうしてメディアにより発信し続けているのです。     歴史的最高傑作「トラック野郎」は下記よりご視聴いただけます👇    名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  この期間内なら解約も一切無料です。  気になる月額利用料金は、2,189円(税込)です。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

     「トラック野郎」を動画で紹介していると、というより他の動画でもそうですが必然的に肖像権や知的資産権といった著作権は避けて通れないものです。   無論動画に限らずブログにツイッター、インスタ等実にピンキリまでのメディア媒体においては他者の看板を背負って販促活動をしている以上はどこへ行っても同じことです。   「トラック野郎」ともなるとなおさら「西部警察」なんかと並んで歴史的超大作であるがゆえに、より一層著作権の保護が声高に主張されるのが紛れなき現状です。    「トラック野郎」をかくいう社会環境の下で、特にYouTube始めとした動画で販促活動を行うに当たっては、特に著作権者達からの風当たりが強くなる、と言っても決して大げさではありません。    ⇒「トラック野郎」を紹介に当たっての著作権保護について  よって「トラック野郎」を動画紹介する際には私としても接触しないいわゆる「ボーダーライン」みたいなところを他のクリエイターの動画を手本としつつ見極めているつもりではあります。   無論「トラック野郎」原作動画の場面をまんまアップしませんし、検索エンジンの「画像」の項目からダウンロードすることも一切ありません。    にも拘わらず「トラック野郎」を動画で紹介した際に、実は私も一度著作権者からの指摘を受けたことがあるのです。   その指摘の中身としましてはザッと、該当の動画に提示されたある1つのコンテンツに対して、一部の著作権者からの申し立てがあったという旨でした。   早速該当の動画をチェックしたところ、「ああ、なるほどもしやこれかな・・・・・」とピンときたことが幸いでした(この際私は職場での休憩時間でした)。    ついてはその後「トラック野郎」関連の該当動画に対して行った著作権対策を、これより具体的にお話ししていきます。  「トラック野郎」動画紹介で、私はこうして著作権対策を実施しました   「トラック野郎」動画紹介で私が著作権指摘を受けた中身について、これより詳細をお話しします。    前述の動画内におけるコンテンツですが、これ自体は「トラック野郎」における名ぜりふとは無関係のものだったのです。   一番星が大阪のハロウィンイベントに参加した際に、挨拶がてらに私が調子に乗り過ぎてある国民的大スターのポーズと名ゼリフで決めました、そんな内容でした。    動画内では確かにセリフ自体は「○○○」みたいにぼかしましたが(勿論スターの名前も匿名にしました)、要はあの行為自体が一部の著作権者により接触すると指摘を受け、ブロックされていたのです。   この動画に対する著作権申し立てに気付いた時点ではスマホを使用しており、とりあえずは一旦削除。    あの後私は仕事から帰った後食事と入浴を済ませて一息ついてから、該当の動画素材を手直しにかかりました。   動画をチェックするに当たり念のため私はイベントに参加していたトラック野郎達や観客達に対しても接触しそうな場面がないかどうかとザッと一通り確認。    この際「トラック野郎」ネタの他の動画とも照らし合わせてみた上で、結果的に動画の最初に表示していた前述の挨拶行為に当たるコンテンツをカットして再びアップロードしたわけです。    公開後一週間~10日を経過しても該当動画に対する申し立てが無かったため、「これならまあ問題はなかろう」てな感じで、一旦あの件は収束に至ったのでした。    ちなみに動画が著作権申し立てを受けたタイミングは公開後3日以内で、動画削除の依頼もなかったことが幸いでした。 「トラック野郎」動画紹介での著作権対策をより一層強化するために   「トラック野郎」の動画紹介で著作権の指摘を受けた要因とは、まとめるなら私が調子に乗り過ぎた事でした。   また今回「トラック野郎」の動画紹介で私が指摘を受けたことにより、他のオーナーによる動画に対しても思い当たる節が浮かんできたのです。    要は動画内においていかに匿名を使ったりしてぼかしていても、それだけでは著作権対策の強化につながらない、てなわけです。    私がヘヴィーユーザーとして楽しませてもらっているあるチャンネルの動画も削除されたのですが、実はこの動画も著作権申し立てが原因である事が分かったのでした。   話題としては「若く見られたい50代男の末路」で、ここに登場したHさんは20代の若者ファッションに異様なほど執着を抱いていました。   彼は知る人ぞ知るイケメンぞろいのダンスグループを認識して週2、3回の割合で日サロで肌を焼きまくり、日常会話においても若者言葉を連発に果てはキツイにおいの香水を使用にと、ツッコミどころ満載でした。    その動画においても確かに私による前述の「トラック野郎」紹介動画と同じく、グループ名自体はぼかしてありました。   ただ主人公のHさんによる行為があまりにもグループの名誉を傷つけるまでに下品の極みであったのが、墓穴を掘る結果を導いでしまったのです。    こうして「調子に乗り過ぎた」という点では私と共通だったと言えます。    以上今回の動画に対する指摘を通じて学んだ著作権対策の強化をまとめ上げます。   いくら「トラック野郎」の作中における名ぜりふをぼかそうが、原作動画や検索エンジンからの画像ダウンロードをせずとも、著作権接触はあり得るのです。    それが即ち有名人の真似をする、あるいは顔を汚す行為に匹敵するものであって、我らは動画を作成するに当たりこれらの要素がないかどうか、常に著作権申し立てのチェックとも併せて見極める必要があります。    歴史的最高傑作「トラック野郎」は下記よりご視聴いただけます👇   名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  この期間内なら解約も一切無料です。  気になる月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

「トラック野郎」を動画で紹介するに当たり、私はこれまで ①「トラック野郎」の原作動画を先人達による知的資産として熱く語る「長期資産系」 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

「トラック野郎」を動画で紹介していくに当たり新たに発見できたことを今回はお話ししていきます。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

 「トラック野郎」を動画にて紹介と同時に各々の話題とリンクさせたブログ記事も紹介することは欠かせないのですが、やはり動画がこうしてブログと組み合わさったことで今一つ、認識が高まったことがあります。  ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

  「トラック野郎」なる最高傑作をメディアにて絶えず紹介し続けているカリスマ継承漢ですがこの最高傑作をよりカッコ良く、1人でも多くの訪問者さんにご視聴いただけるために重要なある心得たるものを、今回は少し突き詰めた型で語っていきます。    「トラック野郎」に限らずこれまた全ての歴史的最高傑作の情報発信に古今東西精通するものでありますが、生産性と効率の高い情報発信を実現化するための根底となるべく姿勢を説いていきたいのです。    ⇒「トラック野郎」を最高傑作として継承するための私なりの経験と心構え   私は確かに「トラック野郎」のみならず「西部警察」その他の最高傑作ネタをメディアで紹介し続けてきた結果グーグル検索エンジンにて評価され、この一つの運営サイトだけで少なくとも3か月あたり40件以上もの上位表示を実現してきました。   こんな言い方すると一見自慢話に聞こえるかも、ですが私としても例外なくそこまでの評価を受けるようになるまでは、あくまで地味な積み重ねがあってのことでした。   勿論「トラック野郎」をブログや動画で紹介し続けているユーザーは私以外にも実に海千山千なのは一目瞭然です。   そんな環境において私が紹介した「トラック野郎」関連のブログや動画を編集⇒公開して検索エンジンや視聴者さん達から好評を得るに至るまでは、ある意味回り道の連続であったことにも気付かされたものでした。    この視点より今回は「トラック野郎」が最高傑作としてグーグルを代表とした検索エンジン等から評価されるまでと、この最高傑作が定着後に辿った私なりの「地味な裏舞台」みたいな辺りに焦点を置きつつ、語っていくとします。 「トラック野郎」を最高傑作として語り、いかに手応えを得られたか  いくら「トラック野郎」が歴史に残る最高傑作で、ユーザーさんが一見価値あるコンテンツを提供していても、ただそれだけでは成果にび付かないのもまた事実であります。    要は例えば「トラック野郎」のキーワードの市場で検索エンジン及び訪問者さん達が期待する話題に最大限に応えていくのが、高評価を得るための課題なのです。   ここが大きく外れてしまうと私はただ「トラック野郎」に詳しいだけの、自己満足なノウハウコレクターで終わってしまう、という事です。    まとまるなら訪問者さん達が求める「トラック野郎」関連の話題と、運営主が提供する話題との距離を縮めれば縮めるほどより高い信用を得られる、というのが最も相応しい表現と言えます。    例えばこれはロック界屈指の名立たる最高傑作達に関しても大いに当てはまる思考であります。   いかに「時代やファンの求める、自分達にとっての最高傑作像とは何か?」を、常に試行錯誤に回り道を繰り返しつつ探求することこそが、ファン達の信頼獲得に結び付くのです。    一方私が「トラック野郎」関連の記事を今のサイトで初めて公開した際には、見事予測に反する型で公開日より数えてわずか2週間ほどで、グーグル検索エンジンの第一ページ目に確認できたのを覚えております。    これもまさに「トラック野郎」の最高傑作像が私の提供する話題と、訪問さん達の期待する話題との距離が縮まったことで、高評価を得られることが出来たのでした。   その記事を皮切りに以来「トラック野郎」関連で公開してきた記事が、1年も経たないうちに20件以上が上位表示されたりと、順位に波こそあれど安定して3か月あたり数十件以上の上位表示を記録してきました。    ザッとこんな型で「トラック野郎」を最高傑作として紹介し訪問者さんや検索エンジンに認められてきた道のりを話しましたが、同時に私がこんな手ごたえを得られるまでに辿った回り道も、これよりお話していかねばなりません。  「トラック野郎」を最高傑作として紹介するために回り道は不可避です  よってこここそが今回解いていきたい肝心な命題であって、「トラック野郎」ネタの訪問者さん達と私との志向の距離を縮めるまでの葛藤や行動について、お話ししていきます。   前述の上位表示が皮切りとなるまで「トラック野郎」関連の検索市場を選定するまでには、実に数時間から数日といった時間が必要でした。   これは上位表示が安定してからもつきものであって、というよりむしろ検索市場が定着してからの方が、「トラック野郎」で初めて上位表示されるまでの期間よりも葛藤が大きく手間ひまかけてきたな、って感じです。   なぜなら「トラック野郎」ネタの定着後の方が「より一層この最高傑作を分かりやすく、1人でも訪問者さん達の関心を惹きつけるためには?」と、時には気が遠くなるほどの回り道も要することもありました。    初の上位表示以前ともなるとなおさらで、あそこに行き着くまで即ち「トラック野郎」ネタを選定するまでに私は数か月に渡り時事ネタから観戦したコンサート、その他諸々のネタを100記事以上公開してきました。   こうして私なりの道のりを改めて振り返ることで、    近道をすれば近道に裏切られる     という、ロックの神様は永ちゃんによる名ぜりふが甦ってきました。   即ちこれぞ「回り道こそが最善の近道である」真実を実証するものであります。    ましてやこれほどまでにIT文明が人々の日常の隅々まで浸透してきた現代社会においては情報の発信力もダイナミックなスケールです。   その恩恵を駆使してSNSで初対面の人々ともコミュニケ―ションを取りつつ、価値ある情報発信により自らのファンを獲得していく、というのが現代においては最善な手法であることは疑いようがありません。    あわせてこの裏では私が今回語ってきたような地味で複雑な葛藤の積み重ねこそが、「トラック野郎」その他最高傑作をより価値高き歴史的資産として、多くの人々による支持の獲得に結び付けるのであります。    歴史的最高傑作「トラック野郎」は下記よりご視聴いただけます👇    名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!   この期間内なら解約も一切無料です。   気になる月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

   「トラック野郎」一番星が2022年10月30日(日)に大阪は泉大津フェニックスにて藤商丸急行主催のハロウィンイベントに、正々堂々と神々しく君臨しました。   この一番星とは始めて記事をお読みいただく訪問者さんの為に言っときますが、「トラック野郎」にて主演と務めた菅原文太兄いが乗った正真正銘の本物なのです。    ついては一番星号とはその大阪でのハロウィンイベントにて私は実に3度目の面会を果たしたことになりました。    ⇒滋賀県高島市での一番星との面会の場面についてもこちらをどうぞ  このイベントは少なくとも私の認知する限りでは「トラック野郎」×ハロウィン文化という、異色文化の融合が何とも面白い一大イベントでした。    国道26号を南下し泉大津市に入った臨海道路では早速満艦飾のトラック野郎達が粋なマニ割りのエンジン音を轟かせて走行、私は彼らに追従して間もなく会場に着いたのが午前9時頃。   到着と同時に蒼天の秋空の下で一番星の神々しき勇姿が私の目に留まりました。   車を降りた私はすぐさま一番星の試乗コーナーへと駆けつけました。   その近くで既に活気を見せていたトラック野郎の兄さん達、そして歌麿会の会員さん達にこの度は開催月の初頭に天へと旅立った燃える闘魂を偲び、「○○ですかーっ!!」と挨拶したのです。    ついては今より「トラック野郎」一番星と4度目の面会を果たしたこのイベントの模様を激熱にお伝えしていきます。 「トラック野郎」一番星と過ごしたハロウィンの光景を熱烈に伝えます  一番星の試乗コーナーに辿り着くや否や、この度も私はお決まりのスマホでの動画撮影に没頭。    午前10時前にも拘わらず既に大勢のトラック野郎の皆さん始め観客達による活気で賑わっていました。    そんな活気の中で撮影する一番星は以前とは一回り二回りと大きく見栄えしており、何より蒼天の下では神々しさがより一層演出されていました。   私はまず運転席から右サイドを経て背後~左サイドより助手席という、定型のパターンでの動画撮影を実施。   大阪の港町の絶景をバックに「トラック野郎」でのダイナミックな名場面がいやが上にも私の中に甦ってきたものです。   向かって南には関西空港、そして北西部の彼方には神戸の街並みと六甲を望みつつ、一番星の前にはより一層の観客やイベント関係者のトラック野郎達が集まって来ていました。      試乗においても動画撮影は勿論のこと、一番星の車窓から眺めるハロウィンの賑わいが「トラック野郎」に出演した文太兄いや欽也さんその他ライバル達の霊を盛大に慰めているのが、痒いところに手が届くまでに実感できた場面だったのです。    併せて一番星の車窓から参加した実にピンキリまでのデコトラたちを眺めることで、現代のトラック野郎達もいかに一番星の遺伝子を熱く継承しているか。    も同様に痒いところに手が届くまでに実感できました。    例えるなら歌麿会の4トン箱車はゲンロク丸にその他藤商丸急行の4トン箱車等々、それらの飾りを見るからにいかに関西もまた屈指のデコトラのメッカであるか、を実証しております。    無論大型ダンプも実にピンキリで中でもデコトラ界ではレアなミキサー車にも遭遇、と同時に「トラック野郎・天下御免」で一番星がミキサー軍団と派手に闘った場面も回想されました。    ハロウィンイベントと言えばかねてより渋谷での羽目を外した若者達による暴動事件等、マイナスイメージもあります。   しかしこの度はこれといったトラブルもなくデコトラ文化とハロウィン文化との意気投合で、日本のトラック野郎達による生粋な生き様を教えられた学習の機会でした。 「トラック野郎」一番星とハロウィンという、異色文化の融合を学ぶ    最初にも言ったとおり、「トラック野郎」一番星がこのハロウィンイベントに参加したことで、まさに日本のデコトラ文化と西洋の文化との決定的な融合というものを学習する機会になりました。   さすがこの日はハロウィンイベントというだけあって外国人客の姿もいつもより目立った感じで、そのうちの1名が白人青年のジェシー君(仮名・推定30歳)でした。  私は彼に「あれが「トラック野郎」出演した一番星です、日本のデコトラはかっこいいですか?」と尋ねるとジェシー君は「ウン、ワタシトラックヤロウミタコトアルヨ、アレサイコウネ!!」と即答してくれました。   その他一番星の試乗コーナーにも西アジア系と思しき精悍な風貌の兄さん達の姿もあり、実際に試乗もしてくれていました。  この場面だけでも私は、    なるほど、日本のデコトラ文化を通じたトラック野郎達による生粋な生き様は、海外にも十分に通用するものだな     と教えられたのでした。    元々「トラック野郎」で一番星がリアルタイムで主演を務めていた70年代という時期は、ハロウィンという文化そのものが日本にとってはあくまで未知の世界でした。   あの後も私が小中学生だった80年代及び90年代も日本では少なくともハロウィンイベントが認知されていた心当りは一切ありませんでした。   それが21世紀に入ってから徐々に認知され始めるようになっていったのか、いつの間にか日本でも「秋のイベントと言えばズバリ!! ハロウィン」みたいな型で、クリスマス同様に我らの生活文化にも定着して言った感じです。    まとめるなら「トラック野郎」一番星がこの度のハロウィンイベント参加により、    日本のデコトラ文化及び粋なトラック野郎達による生き様は、古今東西において民族や時代の劇変の枠を遥かに超えて共感的な存在である    という揺ぎ無き真実が証明された一大イベントでした。   歴史的最高傑作「トラック野郎」は下記よりご視聴いただけます👇    名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  この期間内なら解約も一切無料です。  気になる月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

   「トラック野郎」ライバルとして今回は無骨で不器用ながらも決して流されず愚直さを貫いた子連れ狼こと袴田太一(以下太一)による生き様に焦点を当てつつ、熱を込めて語っていきます。   このライバルが出演したのは「トラック野郎」第6弾「男一匹桃次郎」で九州を舞台として豪快な名場面も展開されました。   それも太一は「トラック野郎」史上の歴代ライバルの中でもまさにタイトルの如く不器用ながらも硬派な昭和における日本男児の典型例であったと称すべきです。    こんなライバルのキャスティングそのものとしても若山富三郎さんといういかにも!!   みたいな感じで、ちなみに彼の弟としても昭和を代表した銀幕俳優の勝新さんであったほどです。    そうなんです、「トラック野郎」第6弾「男一匹桃次郎」においては文太兄いに若山さんというキャスティング自体からして時代が誇る最高傑作という印象だったのは疑いようがありません。    というか若山さんと文太兄いとは「トラック野郎」以前にも任侠映画「仁義なき闘い」に共に出演したりと、いわゆる先輩・後輩関係であったのも気になるところでした。    しかも今より紹介していく太一というライバルは他のシリーズに出演のライバル達からしても異質で「訳アリ」な相関関係にあったのも特筆すべきです。   「トラック野郎」ライバル・子連れ狼が語った「男一匹」という真実  「トラック野郎」のこのライバルを語るに当ってはズバリ!!  第6弾におけるサブタイトル「男一匹桃次郎」なる語句に着目すべきです。   言うなれば主人公としてもまさに袴田太一というライバルによる文字通り一匹オオカミ的な生き様が合わせ鏡であった、とも称したいところです。    で、「トラック野郎・男一匹桃次郎」の作中で太一と主人公が初対面したのはヒロインの小早川雅子の為に剣道の荒武者修行中、主人公が川に溺れていたのを太一に助けられた場面でした。   あの後桃次郎は雅子を鹿児島の剣道大会まで送る太一のトレーラーとド派手にワッパ勝負を展開。   太一のまるでマフィアのような厳つい風貌からして桃次郎も彼に対しライバル心が燃え盛るのはなおさらでした。     結局このオチとして実は太一がライバルでありながらもヒロインの雅子の義兄であることが分かって以来、事は意外な展開へとむいていきました。    ⇒ヒロインの小早川雅子についてはこちら   ここで太一のキャラに触れますがトラック野郎達の中でも「満艦飾は性に合わない」と言っていたように、圧倒的な地味キャラでした。   また太一は小学入学前の息子・隼人を常にトラックに乗せ行動を共にしていたのですが、実は彼の妻で雅子の実の姉・袴田由紀は太一の借金問題に苦しみ蒸発しておりました。   太一のまさに無骨で地味ながら我が子に寄り添う生き様はまさに子連れ狼そのものでした。    一方彼の一匹狼的な生き様が裏目に出てしまったことも。    ジョナサン始めトラック野郎仲間達が妻の由紀を一致団結して探そうとするも太一はこれを「これはあくまで俺らの問題だ、お前たちの手は一切借りぬ!!」と頑なに拒否。   それを歯がゆく感じた桃次郎は彼のひねくれ根性を叩き直そうも太一との大乱闘に発展し、ここに現れた雅子が醜い争いをスバッと成敗。     以上からこの太一というライバルは「トラック野郎」史上実はいそうでいなかった無骨で一匹狼的な男性像でした。   転じて未婚であった桃次郎からすれば愛息にさり気なくも背中で語る実直な手本だったのかも知れません。  「トラック野郎」ライバル・子連れ狼が説くネットワークの世界観  「トラック野郎・男一匹桃次郎」におけるあの後の展開としてはジョナサンが行きつけの都内のスナックのママが何と、ライバルの妻で雅子の実の姉・袴田由紀であったことを悟りました。   ここでは桃次郎も現地に向かって由紀を説得し袴田家復縁の切欠を作ったのです。   彼自身にとっても太一とは単にライバルというだけでなく、同じトラック野郎として、漢として支援すべき存在であったのが良く分かった決定的場面でした。    その後九州で由紀が息子の隼人と再会するも道路に飛び出した彼をかばった由紀が大型車に轢かれ重傷。   事なきを得た由紀の所持品から隼人名義の通帳が発見されここで100万円以上の預金があったことを知った太一は、改めて袴田家の再出発を決意しました。    ラストではトラック野郎仲間として太一が袴田家3人同乗する型で一番星による佐賀の唐津~鹿児島空港までの爆走航海を支援しました。   鹿児島空港よりブラジルへ旅立とうとしていた婚約者の元まで雅子を無事時間通り送り届けたのです。    ⇒「トラック野郎・男一匹桃次郎」の爆走航海はこちらに紹介   今回は以上のような型で「トラック野郎」ライバルは第6弾「男一匹桃次郎」における子連れ狼こと袴田太一による無骨で不器用ながらも実直な生き様を紹介でさらにタイトルにはなかった新発見がありました。   というのも「トラック野郎」とはまさにネットワーク重視の世界だったことです。    「トラック野郎・男一匹桃次郎」の相関関係を見ると桃次郎を荒武者修行中に助けたのが袴田親子で、しかもここでは基本ライバルの位置づけだった太一が実はヒロインの親族であったりと。     一見偶然と思しき場面が続いた本作でしたがこの視点から「トラック野郎」とは「世の中広いようで実は狭い」という真実をも実証しました。   ここをまとめると「いつどこで、誰と誰が繋がっているかもしれない現実においては、常に信頼に結び付くネットワークとは何か」を課題として生きるべきです。  「トラック野郎」ライバルは子連れ狼こと袴田太一の第6弾「男一匹桃次郎」における、無骨で不器用ながらも実直な生き様は、下記よりご視聴いただけます👇    名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!     この期間内なら解約も一切無料。   気になる月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

  「トラック野郎」ヒロインを語るに当たり、今回は第6弾「男一匹桃次郎」でのマドンナ・小早川雅子について語っていきます。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

菅原文太兄いが「トラック野郎」で乗った一番星号の実車に滋賀県の高島市で2022年10月9日に開催のデコトライベントでも試乗させていただきました。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

「トラック野郎」の車種でも今回はライバル車としてダイナミックなトレーラーを厳選して熱く紹介していきます。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

   「トラック野郎」は一番星と2度目の面会を果たしたのが2022年10月9日に滋賀県高島市は国境高原スキー場にて開催された、華翔会なるデコトラグループのイベントにおいてでした。  ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

  「トラック野郎」の車種と言えばザッと我が国の4大トラックメーカーは日野・三菱ふそう・日産UD・いすゞからの大型及び中型トラックの諸々の車種に絞り込まれるのは必然的です。   まずは「トラック野郎」出演車の大型車の車種をどちみちピックアップしていくことになりますがここで、「トラック野郎」放映当時における70年代の車種にはどのような名車が存在したのでしょうか。     無論今日のように諸々の自動制御装置はおろかパワステさえも満足に普及しておらず、世のトラック野郎達は10トン級の大型車に2倍・3倍もの荷を積んでは時間との死闘の日々であった、と語られております。   まあアナログ時代だったことだし今日ほど規制に縛られることもなく、そんな環境の下でトラック野郎達は自由に競い合うことが出来た、といってしまえばそれまででした。   あのような時代における大型4大メーカーの車種としてはどんなのがあったか、という事ですがあの当時まだ物心も付かぬ幼児であった私としてもさすがにリアルタイムでは記憶が定かではありません。    それが後年になりトラック自体に興味を示すようになってから「トラック野郎」という作品との出会いと並行するような型で自然と70年代当時における大型トラックを調べて知っていく型となりました。  「トラック野郎」の車種としてまずは主人公のこの車の型式から  早速今より「トラック野郎」主人公は星桃次郎が乗った一番星号の車種から紹介していきます。   これは三菱ふそうは「Fシリーズ」(厳密に言えばFU型)との愛称で呼ばれている大型車種の1つで、「トラック野郎」第2弾「爆走一番星」(1975年発表)からフルモデルチェンジされた型でデビューしました。    ついてはこの一番星号のデビューこそが三菱ふそうFシリーズによる人気を世に広めたのは言わずと知れた事だったはずです。    勿論一番星号に限らず「トラック野郎」には他の出演車両にもFシリーズが定番車種として認知された、といっても決して的外れではありませんでした。   この車種がデビューしたのは1973年で私が生まれる2年前でした。   ついでに言っておきますがFシリーズにモデルチェンジされる前の初代一番星号つまり皮切りとなった1975年発表の「トラック野郎・御意見無用」ではTシリーズという車種が用いられておりました。   即ち前代のTシリーズからFシリーズへのモデルチェンジの際にはより一層重厚さが強調されつつもさらに丸みが目立つようになったな、という印象でした。   というのもフロントグリルの丸目4灯が更に大型化されて目立つようになった感じであり、一方でこの車種はあの外観から「般若顔」の愛称でもおなじみとなりました。   エンジンとしてはあの当時V8及びV10が大型車種の主流であり(勿論ディーゼル)、ちなみにトランスミッションは一番星号については6速マニュアル使用でした。   今日における三菱ふそうの大型車種と言えばスーパーグレートであって、つまりこのご先祖さんが一番星号に用いられたFシリーズでありました。    その他「トラック野郎」出演車両の車種でFシリーズが用いられたのは第4弾はミキサー車の姫だるまに第5弾は大型ダンプの紅弁天が代表的です。        無論この2台に限らず「トラック野郎」においてはFシリーズが定番中の定番として認知度が高い一車種でした。  「トラック野郎」の車種から見つめた現代の大型車種の進化  「トラック野郎」出演車両の車種をこうして一車種だけに絞り込んで見ても、以外と中身の濃い発見が出来るな、と感じ取れます。     まずここで現代の大型トラック4大メーカーの車種にはたとえば三菱ふそうは「スーパーグレート」に日野は「プロフィア」、いすゞは「ギガ」にUDは「クオン」みたいに名称がおごられてはいます。    それが「トラック野郎」放映時のあの頃については三菱ふそうは「Fシリーズ」に日野は「HE」「TC」「ZM」、という風にあくまで型式自体での呼称が一般でした。    ただいすゞだけは異例として大型車種にも「ニューパワー」が正式名称として命名されておりました。    その他エンジンや安全装置に関しては「トラック野郎」出演当時のレジェンドたちでさえもあの頃では到底別世界のものであっただろう、と思しきまでに信じられない変貌を遂げては来ました。   一例としてパワートレインだけ見てもFシリーズには70年代当時より6速トランスミッションが採用されていたという、あの頃からすればこれだけでもむしろ先進技術を追求していたな、ってところであります(あくまでこれは当時の他のメーカーの大型車種にも該当しますが)。    どうしても「トラック野郎」を視聴に当たり出演車両の飾り中心に目が向くのは仕方ありませんが、同じならベース車両となっている車種そのものにも着目してこそ、より一層歴史的名車の凄味が身に染みて実感できる。    併せて今日における大型車種と数十年も前に生産されたモデルからの進化の軌跡も学習できる。    これまた「トラック野郎」を楽しみつつ漢達の教材としてモノにしていく一種の醍醐味ともいえます。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

「トラック野郎」は姫だるまという女トラック野郎が出演したのは、第4弾「天下御免」でのそれも実はいきなりのオープニングでした。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

   「トラック野郎」のヒロインという話題を語るに当たり、今回は桃次郎の恋愛対象となった女性達に視点を置いてお話ししていきます。    「トラック野郎」の歴代ヒロインと桃次郎との出会いの場面のオチとしてはいきなり良くない言い方ですが、ヒロインには婚約者がいて桃次郎はフラれる運びであった、というイメージが第一にあります。    彼は不器用ながらもヒロインとの恋愛成就の為にこれでもか、これでもか、と愚直に尽くしていきました。   時にはジョナサン始めとしたトラック野郎仲間達に面白半分で小ばかにされながらもこの姿勢を貫き通していきました。    例えば第5弾「度胸一番星」のヒロインは乙羽水名子といって佐渡で小学生の教員としており、桃次郎も彼女に誠実に徹すべく児童達にバカにされながらも教育者を目指して教壇に立ち続けました。    時には計算間違いをやらかし、また時には水泳の授業で海でおぼれたりと。    あるいは第6弾「男一匹桃次郎」でにヒロインは雅子の為に山中にこもって剣道の荒武者修行に励み、桃次郎の一途に取り組むこの姿勢は雅子の魂を虜にしたものでした。    ついては「トラック野郎」でのヒロインとの出会いを通じた、桃次郎が現代の我らに教える人間力たるものを解いていくこととします。 「トラック野郎」のヒロインとの破局後における桃次郎のこの場面  「トラック野郎」では歴代ヒロイン達にフラれっぱなしだったといきなり冒頭で話しましたが、それでも桃次郎は相手を恨むことなくむしろヒロイン達の行く末を後押ししてきた、というのが今回を通じてお話ししたい主旨でもあります。    この真実を決定付けるものとして「トラック野郎」の全10シリーズから厳選したヒロインとの名場面を、今より紹介していきます。    「トラック野郎」シリーズは第7弾「突撃一番星」で、ヒロインはえり子にプロポーズするも桃次郎にとってのライバルでもあった駿介と恋仲にあった事実を知らされた後に彼が取った行動について語っていきます。     真珠養殖者であった駿介がある嵐の晩に海へ行き、翌朝瀕死の重傷で発見されました。    その日はあいにくの日曜日で救急車すら遅れていましたが桃次郎は絶望の暇もなく一番星で駿介とえり子を連れ、手術してくれる病院を探して出発しました。    この度は1時間を経過するとかなり厳しい状況で、しかも一番星をサポートしてくれるトラック野郎仲間達もほぼいないに等しい絶体絶命の場面でした!!    案の定個人は当然のこと大手の病院ですら軒並み手術は断られ、桃次郎は例えようなき怒りを胸にしていました。    挙句は武目病院の院長の自宅にまで押しかけ、ここでも「国民の休日」を理由に断った院長に対し桃次郎は怒りの鉄拳制裁!!    ここでは1時間を経過したばかりでようやく院長が救急車を呼ぼうとしたちょうどその時、ジョナサンの無線で「手術してくれる病院が見付かった」との連絡が。    ラストスパートで一番星のアクセルを踏み込む桃次郎に最後の力を振り絞る駿介。   手術は無事成功して駿介は救命され、これにて桃次郎はヒロインと破局にも拘わらず、相手との仲を取り持った名場面でした。    ⇒「トラック野郎・突撃一番星」での人命救助場面はこちらにも紹介   「トラック野郎」史上においてこの回は人命救助を通じ、主人公の真価が問われた一大試練でもありました。 「トラック野郎」のヒロインとの出会いが物語る、桃次郎の人間力  今回紹介した「トラック野郎」におけるヒロインとの破局後に取った桃次郎による行動とは、まさに人間力の鏡そのものであると言いたいのです。    もっとも「トラック野郎」史上におけるヒロインとの出会いの中で、破局後にも拘わらず桃次郎が彼女を救った場面は上記の人命救助のシリーズだけではありませんでした。    話しは前後しますが前半に触れた「男一匹桃次郎」ではヒロインの雅子が鹿児島空港からブラジルへ旅立とうとしている婚約者の村瀬の元まで一番星号を飛ばしました。   この場面では「一度惚れた男なら、地の果てまで付いていけ!!」と檄を飛ばした名ぜりふも語り草となっています。    これぞまさに!! 「言うが容易く行うが難し」と何度も復唱したいセリフですが、同時に桃次郎は幸福の裏にはあくまでも切実なまでの責任が伴う、ということを物語っています。   あるいはヒロインの恋愛を取り持ったあの背景には、幼少期において漁師をしていた父が行方不明になったりと逆境を生き延びてきた経験もあったのでしょう。    「トラック野郎」における上記のような生き様を語る一方で、これより反面教師とすべくとあるフィクションのアニメ―ション動画についても触れてみます。    これは西影という普通の会社員が同僚の婚約者であった愛実に裏切られたことを切欠として、腹いせに何の関係もない市民達に不法投棄の嫌がらせをした挙句罰金1,000万円が求刑され人生が詰んだ、という悲惨な末路を描いた作品です。    まさに今回紹介したヒロインと破局後における桃次郎の場面とは、この西影ような他責思考からの脱却に向けた痛烈なメッセージであることもよく分かります。    私達も異性関係に限らずいつ何時有り得ない裏の返され方をされるかも知れません。   それでもし暴走しそうになった時には「トラック野郎」におけるヒロインとの出会いの場面における桃次郎の人間力を合わせ鏡とすべきです。   今回紹介した「トラック野郎」でのヒロインとの名場面は、下記よりご視聴いただけます👇    名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!     この期間内なら解約も一切無料。  月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

  「西部警察」仙台編についてはこれぞまさに「前代未聞で有り得ないスケールでの絶体絶命を極めた回」として、幾度となく語り続けては来ました。   この仙台編とは実は「西部警察」史上における全国縦断ロケ史上最もスケールの大きな激震の回であると私の独断と偏見で、鹿児島編と併せ「2大シリーズ」として認識しておりまさか?  の人類最終兵器である核爆弾が登場したシリーズとして、愛好家ならずとも必然的にショッキングな型で話題を呼びました。    ある晩原子力開発センターから移送途中の高濃縮ウラン235が何者かに強奪され、杜の都・仙台へと運び込まれました。   仙台へ運び込まれたと判明した切欠としては強奪にあった被害者の運搬スタッフより大門軍団が聞き出した4tトラックのナンバーの車を全国指名手配したところ、西部警察署に「東北道は仙台南インターを降りた」との一報が入ったことでした。    しかもこのタイミングで仙台市内のエンドーチェーン店にて東北理科大で原子物理学を専攻してきた中里先生とその息子は雅也が誘拐され、さらに先生の婚約者は杏子が銃撃されました。    西部警察署はまたこの時点では原子力委員会との面談で既に「最悪な事態として、核爆弾製造の可能性が高くなってきた」ことを指摘しておりました。    直ちに大門軍団は仙台に直行し最悪の事態を喰い止めるべく、一味との命運をかけた闘いが始まりました。  「西部警察」仙台編は存亡をかけたこのクライマックス!!  西部警察署による捜査をあざ笑うかのようにして遂に最も恐れて来た最悪の事態が、現実のものとなってしまったのでした!!   核爆弾により仙台を壊滅させる計画を立てた主犯たるものが、滝沢に伊庭という男達を主犯とする無政府主義者でした。    西部警察署としては杏子の証言を元に誘拐実行犯を逮捕し奴等の背後関係から爆弾の製造工程まで次々判明も、さすが奴らは「西部警察」史上部類な知能犯というだけあって完成した核爆弾は多賀城市のアジトより持ち出されておりました。   この後主犯より「核爆弾を仙台市内にセットした。タイムリミットは午後4時、無線での指示を待て」とのファクシミリが県警本部に送信され、追って滝沢自身による無線で「現金20億円を持って七ヶ浜へ飛べ、場所は追って指示する」との最終宣告が。    直ちに大門軍団は発信地点の仙台新港に向かうも一味の乗ったバスが誤爆により奴らは全員死亡、しかしここで唯一の証人として首謀の伊庭が逃走中でした。   伊庭を追い詰めるも日産プリンス宮城の屋上から転落し「水の中探せ」と言い残して絶命、これにて一切の手掛かりが消滅してしまったかのようでした。   しかしここで中里先生の息子による「クレーン車を見た」という証言から団長は給水塔にあると導き出し、直ちに仙台市内における給水塔を総動員にて無差別に捜査。    この過程で盗まれたクレーン車を手掛かりに爆弾はエンドーチェーン系列にあると絞り込んで最終的にエンドチェーン幹部と面談の結果、場所は系列の駐車場にあると判明。   しかしここでは大規模なコンサートが開催されており、10mはあろうかという給水塔の頂点で爆弾を発見の時点ですでに10分前。   追って解体の段取りを済ませ長さん通じて入院中の先生より解体手順を聴き始めた時点では5分前。    まさに西部警察署に県警本部、そして中里先生たちは一斉に仙台壊滅の瞬間を覚悟も気が付けば起爆装置と信管の通信は遮断され、仙台市は壊滅を逃れたのでした。  ⇒「西部警察」仙台編の詳細についてはこちらをどうぞ 「西部警察」仙台編より分かってきた、運が味方する人間の生き様とは  「西部警察」仙台編での核爆弾との闘いは言うなれば聖書の世界における、天と地を知り尽くした漢達の物語りであると、声高に提唱したこともあります。   この視点から「西部警察」を見つめ直すと本物の勝負とは単に己の資質だけがモノを言う世界ではなく、あくまで    いかに運に選ばれる人物像を志すか    みたいな課題がつきものである事もよく理解できます。   まさに今回のタイトル通りではありますが要はどんな逆境に瀕しても常に支援し手を差し伸べてくれる人達がどれだけ存在するか、という問いを投げかけるのが「西部警察」における演出意図の1つでもあるのです。    「西部警察」とは1人1人が主人公としての一大英雄物語であるとも強く主張し続けて来ました。   ここからも日頃より責任のなすりつけ合いを回避することで互いにリスペクトしながら仕事に取り組む姿勢を、現代の我らにも解いてきたと言えます。   これをさらに突き詰めて解いていくとリスペクトされるためには時として我が身を守るのに怯まずに何かに立ち向かう姿勢も欠かせない、といったところであります。    「西部警察」のように修羅場に次ぐ修羅場の連続においてはなおさら言うまでもありません。    人間である以上誰しもが他人の不手際に対し「奴が余計なことをしてくれたお陰で」みたいに憤りを感じるのはやむを得ないですし、時としてあり得ない型で裏切られることもあるでしょう。   しかしここで相手を攻撃し続けると自身にも思わぬ型で災いが巡ってくることも、同時に忘れてはなりません。     よって今回紹介した「西部警察」仙台編の話題をまとめるなら運に裏切られることなくツキを集中させる人物像はかくあるべし、との参考書であることをあなたにもわかっていただければ幸いです。  「西部警察」仙台ロケ(全国縦断ロケ第9弾)は、下記よりご視聴いただけます👇     名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  この期間内なら解約料金も一切無料。   月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

   「トラック野郎」のヒロインとしてはまず何てったって桃次郎の恋愛対象であったマドンナが愛好家達としてはピンと来るでしょう。   で「トラック野郎」史上におけるヒロインを今ここでザッと例を挙げるならば、「男一匹桃次郎」は小和田雅子に「度胸一番星」では「トラック野郎」史上唯一主人公と婚約が成就した乙羽水名子、といったところでした。    しかし「トラック野郎」においてはあくまでヒロインとは恋愛対象だけに完結せず、私としてはあくまで女トラック野郎もまた血と汗の滲む漢達による戦場に癒しをもたらす重役として不可欠でした。    という事で「トラック野郎」におけるヒロインとしての歴代女トラック野郎達の中から厳選したのが第5弾「度胸一番星」に出演した紅弁天というキャラでした。    それもこのヒロインを演じたのはかの「演歌の女王」として先駆者的存在であった八代亜紀さんで、彼女は数十年に渡りトラック野郎達にとってはヒロイン的存在として君臨し続けて来ました。    ⇒トラック野郎達のヒロインは八代さんによる生き様もこちらに紹介   前置きはかなり長くなりましたがこれより「トラック野郎・度胸一番星」において八代さんが演じてくれた女トラック野郎・紅弁天による役どころを熱を込めて紹介していきます。 「トラック野郎」ヒロイン・紅弁天が主人公に献身的に尽くした名場面  「トラック野郎・度胸一番星」に女トラック野郎として煌びやかに登場した紅弁天とは、桃次郎にジョナサン始めとした漢達にとっては単なる紅一点のマドンナ、みたいな存在に完結すべくものではなかったのです。   まさにトラック野郎達を献身的なまでにサポートする心強きヒロインでもあったことは、この最高傑作を継承するにおいては不可欠となって来ます。    ついては彼女が愛車の大型ダンプで劇的に登場したのはドライブイン・越後獅子にてトラック野郎達から恐れられていたライバルのジョーズ軍団が現れ、暴挙を働いた場面でした。   彼女はジョーズ軍団リーダーの新村譲治に桃次郎やジョナサン達から守ろうと果敢に立ち向かいました。   それでも奴らによる暴挙は収まることなくある晩佐渡から新潟へ帰り国道8号を爆走中の一番星と紅弁天が無線でやり取りの最中に、ジョーズ軍団による侵攻を受けました。    この勝負は一番星が不意を突かれて敗北を喫するも後に桃次郎はヒロインの女トラック野郎・紅弁天に対し、固く奴らへのリベンジを誓いました。   彼女は譲治が仲間を連れて無法行為を繰り返す理由を桃次郎に教えたりと、情報提供も惜しみませんでした。   これにて苦戦の末に強大無双なジョーズ軍団と和解を果たした桃次郎とトラック野郎仲間達でしたがここで紅弁天は和解を盛大に祝福し、八代さん自身の持ち歌である「恋歌」を披露してくれたのでした。    ⇒ジョーズ軍団とのガチンコ対決はこちらにも熱を込めて紹介  まさにトラック野郎達にとってはヒロイン的存在であり続ける八代さんによる、歴史的名場面でした。    後に紅弁天は一番星による爆走航海で金沢~新潟までの道中でダンプ仲間と共に警官隊の追跡を阻止したりと、「トラック野郎」史上における屈指のヒロインとして献身的に尽くしてくれたのは、言うに及ばず特筆すべきです。   まとめですが「トラック野郎」のヒロインとはあくまで恋愛対象としての煌びやかさだけでなく、紅弁天のような強かに漢達を支える存在をも意味するものです。 「トラック野郎」ヒロイン・紅弁天が訴求する現代に必要な女性像とは?  以上より「トラック野郎」におけるヒロインの役どころを激熱に紹介して完結ではなく、今回の話題を通じて紅弁天は、    現代の女性達が支持すべく漢達のあるべき姿とは?      みたいな課題を提起していることに気付きました。   確かに「トラック野郎」放映当時から数十年も経てば無論価値観の大きな変化に合わせてそれぞれの時代に求められる人物像も目まぐるしく変化してきて、未来永劫この変化は繰り返すものです。    かくいう無情な時の流れの中で「トラック野郎」でのヒロインとしては実に現代の我らに対しても例外なく痛烈なメッセージを残してきたものだと決定的に教えられるには変わりありません。    今世紀に入り社会情勢の劇変とも併せて「トラック野郎」放映時のあの頃と照らし合わせてみると、さすがに「トラック野郎」における活気溢れた漢達のような生き方は難しいかも知れません。   即ち「トラック野郎」に出演してきた尖りまくり、突っ張ったような男性像は敬遠されがちなのも私なりには認識しているつもりです。    しかしここで1つ言わせて下さい。   「トラック野郎」の主人公・星桃次郎はあくまで時代を超えて世の漢達より合わせ鏡として支持され続けていることは紛れなき真実なんです。    主人公演じた文太兄いは「トラック野郎」終了後もあの当時と変わることなく農業に政治活動を通じ、     時代と環境がいかに変われど古今東西においては愚直で挑戦し続ける姿勢を忘れてはならない    と、現代の我らにグッと突き刺さるような遺言を残してくれたのです。   「トラック野郎」終了後の八代さんとしても演歌界のヒロインとして後世においては例えば大勢のトラック野郎達の見守る中で魂を揺さぶる歌唱を披露してくれたりと、献身の姿勢はあの紅弁天を熱演した当時と変わりませんでした。   まさにかくいう文太兄いの生き様をまさに後押しするかのように。        即ち「トラック野郎・度胸一番星」でのヒロイン・紅弁天のように愚直で泥臭くも挑戦を辞さない男を支持する強かさも、現代の女性におすすめしたい生き様です。  「トラック野郎・度胸一番星」での紅弁天による強かなヒロインとしての生き様は、下記よりご視聴いただけます👇  名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  この期間内なら解約料金は一切不要。  月額利用料金は、2,189円(税込)です。  ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

 「トラック野郎」のカムチャッカという漢は主人公のライバルにして且つ戦略家でもあった、という話を紹介していきます。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

  「トラック野郎」は「爆走一番星」が「御意見無用」に次ぐ第2弾として公開され、これを機に「トラック野郎」シリーズは以後10シリーズまで5年間に渡り世に送りだされ続けてきたのでした。   「トラック野郎」とは実は「爆走一番星」が公開決定された切欠となったのはあくまで初代の「御意見無用」が想定外の興行収入を記録したことにありました。   即ち「トラック野郎」発案当初は少なくとも「爆走一番星」以降のシリーズは計画にはなかった模様でした。     もっとさかのぼれば「トラック野郎」とは元々桃次郎の相方はやもめのジョナサンを演じたキンキンこと欽也さんが発案者となって、ちょうど1歳年上の文太兄いと意気投合したことが原点でした。    まさに「トラック野郎・御意見無用」における製作スタッフ達の苦労は当時の撮影技術を考えても言うまでもなく想像を絶するほどのものであり、あくまで泥臭く血と汗の滲む叩き上げの姿勢に頭が下がったものでありました。   即ち続く「爆走一番星」としても人知れず身を粉にするまでの裏舞台の恩恵により生み出されたと称すべき最高傑作であります。    そして今より紹介していく「爆走一番星」においては流石その甲斐があって、色んな角度から見ても前作より数段見違えるほどフルモデルチェンジされた、といっても決してオーバーではありませんでした。 「トラック野郎・爆走一番星」は前作から見てここまで飛躍的進化した  よって「トラック野郎・爆走一番星」とはまず前作と比べてどこがどのように進化を果たしたのか、ここをあらましではありますが焦点を絞って紹介していきます。    まずは何てったって一番星号の飾りに着目すべきです。   「トラック野郎」とはあくまで車が主人公の物語であり一番星号以下の出演トラックにはどれもこれも各々のトラック野郎達によるこの上なき愛着心が敷き詰められています。   ついては「爆走一番星」の2代目で飾りが後の代に引き継がれるべく一番星号のベースが構築されたという印象でした。   フロントデッキの「一番星」の行灯も前代より一層見栄えする印象となりフロントグリルの「御意見無用」はまさに前代の血統を引き継いでいるに他なりません。   また荷台の箱には主人公の代名詞と称すべく桃太郎がダイナミックに描かれており、まさに「一番星桃次郎」のトレードマークを決定的に演出した型となりました。    しかも!!  サイドの箱にも「御意見無用」のセリフが刻まれ荷台の電飾も前代より一層煌びやかに武装されました。    それだけではありません。   実は「爆走一番星」にてベース車両そのものまでもがフルモデルチェンジを果しここからの一番星号は現存に至るまでの三菱ふそうはFUシリーズで当時高品質名新古車として購入されたとなっております。    よって「爆走一番星」における大体的なモデルチェンジに伴い必然的にライバルとのワッパ勝負に極めつけの爆走航海クライマックスも後の9シリーズにおけるトレードマークとして確立されたのでした。    次いでに「爆走一番星」の舞台となったのは姫路市でランドマークはあのダイナミックな白鳳城を背景に、一番星号が例えようなく見栄えするイメージが決定的でした。   ライバルとしては花巻の鬼代官時代のジョナサンに深い因縁を抱いてきた大型ダンプの運ちゃんはボルサリーノとガチでぶつかり合った末に和解。   ゆくゆくは奴も仲間達を連れて一番星による姫路から長崎までの爆走航海における支援により、漢同士の信頼関係を確立したというクライマックスでした。   ⇒「トラック野郎・爆走一番星」でのボルサリーノとのガチンコ対決はこちらにも紹介 「トラック野郎」は「爆走一番星」で飛躍的進化を遂げた勝因とは  この問いは一見極めて単純でありながらも実は思いのほか回答には迷うべきものであります。   初めの方で「トラック野郎」における撮影スタッフによる、今日では信じられないほどの身を粉にせんまでの苦労があったとは言いましたがまさに答えはここにあるのです!!    まとめるなら一見煌びやかで誰もが羨むほどの大成功の裏には必ず地道で泥臭く、時には挫折しそうになる局面にも出くわすことがあります。   ましてや「トラック野郎・爆走一番星」が制作された1975年とはあくまでアナログ時代であり、携帯やPCの無い生活が当たり前でした。   車両そのものの装備としてもハンドルが重かったりエアコンが完備されてなかったりと、今と比べて不便な仕様は否定できませんでした。   このような撮影環境の下では「トラック野郎・爆走一番星」に限らず当時の制作関係者達は決して不便さを理由にせずいかに大衆を満たすために血と汗を流し続けてくれたか。   言わば「トラック野郎」始め世の歴史的最高傑作とはまさに苦楽をこれでもか、と知り尽くした先人達による手本と称すべく資産であり、このことはしつこいほど本サイトにて提唱し続けて来ました。    まさに我らは以上のような先人達による多大な恩恵を受けており、それらの恩恵をありがたくフル活用させていただく、みたいな感謝の気持ちを常日頃より忘れるべきではないのです。   映画「トラック野郎・爆走一番星」のご視聴は、こちらからお願いします👇      名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!    この期間内なら解約料金は一切不要です。   月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

   「トラック野郎」はジョーズ軍団がライバルとして登場した第5弾よりズバリ!!  君子を恐れず長い物に巻かれぬ生き様をより一層熱を込めて語っていきます。   「トラック野郎」のジョーズ軍団についての紹介ですが、新村譲治率いる大型タンクローリー5台により編成されたグループで、以前の「トラック野郎」4作におけるライバルたちとは一癖も2癖も異なった存在でした。   それも一番星1対ジョーズ軍団5という設定自体から見ても、「トラック野郎」史上最も過熱したライバル対決だったな、みたいな印象がいつも消えることはないのです。   ここでジョーズ軍団のリーダーについても必見なのですが、キャスティングが当時世界を股にかけていたアクション界の元祖・千葉ちゃんでした。    「トラック野郎」を今まで語るに当たってはまさにこのジョーズ軍団とのシリーズで作品自体が大衆娯楽から本格的なアクション超大作へと進化したと、何度も復唱してきました。    ただ今回に限っては単に「トラック野郎」が飛躍的な進化を遂げたという史実に完結せず、少しでも我らの生きる現実世界に実用的な合わせ鏡になってくれれば、という思いで語らせていただきます。  「トラック野郎」はジョーズ軍団との対決に見る百戦錬磨な実録  早速「トラック野郎」におけるジョーズ軍団とのガチンコ対決を紹介の上、今回は後ほど私自身としても半生の中でガチンコ対決に出くわした場面をも交えてお話ししていきます。    ジョーズ軍団については新潟を舞台に4チャンネルを独占しトラック野郎仲間達からもまさに「君子危うきに近寄らず」みたいな感じで恐れられていました。    ある日ドライブイン・越後獅子にてたまたまジョーズ軍団も立ち寄り、そこでリーダーの譲治(以下ジョーズ)は「界隈のトラック野郎どもに告ぐ。4チャンネルは我らジョーズ軍団のものであり、これを使用した者に対しては制裁を加える!!」と宣戦布告。   奴らは桃次郎の下へ歩み寄り場面はまさに一触即発も穏便にジョーズ軍団は一旦退散という型を取りました。    その後桃次郎はジョナサンと共に佐渡へ渡航し乙羽水名子の下で教鞭をとった後に再び新潟に上陸、そこでジョーズ軍団に無線を妨害されてワッパ勝負へと発展しました!!   奴らに苦戦も桃次郎はジョーズとの派手なデッドヒートを披露、ここからが勝負の分け目と思いきやその瞬間桃次郎は不意を突かれて敗北、この決着は後に越後獅子で着けられることになったのです。     さすがジョーズは本物のアクション俳優が演じただけあっても桃次郎も悪戦苦闘し続けました。    しかし以前のライバルとの対決で百戦錬磨を重ねてきた桃次郎はジョーズにも決して劣らぬ動きで奴と和解を果しました。    そうなんです、桃次郎はそれまでの生涯において常に自分より強いと称すべきライバル達と時には屈辱を味わいながらも文字通り百戦錬磨な実践を絶えず積み重ねてきた事が「トラック野郎・度胸一番星」で決定的に演出され尽くしました。    それだけではありません、「トラック野郎」にてジョーズとのガチンコ対決での桃次郎の闘いは実は私自身による前職での衝撃的な場面にも精通すべくものがあるな、と共感なしには語れない実録でもあるのです。  ⇒「トラック野郎」はジョーズ軍団とのデスマッチはこちらにも紹介 「トラック野郎」はジョーズ戦と我が生涯の一場面とを照合させてみる  「トラック野郎・度胸一番星」での対ジョーズ戦を通じて今回カミングアウトしたい私による一種の「ブラックな場面」があるのです。   というのも前職において酒・タバコ販売を巡り満20歳以上を確認できなかった若者と罵り合いになりしかも相手は暴走族関係いや、右翼が絡んでいた模様でした。    なぜならいかなる理由であれ、満20歳未満の者に酒・タバコを販売した場合には重い行政罰が課されて最悪の場合は営業停止処分をも食らいかねません。    事実これ一回だけでなく複数名が相手であったこともあります。   それでも今思うとあの時私の身も心も潜在意識的に動いてくれたような感じでまさにこんな日常場面こそに「トラック野郎」でのジョーズ軍団とのガチンコ対決が合わせ鏡になってくれる、そんな気がするからです。    事実よその加盟店経営のオーナー・店長でさえ正直ここまで罵り合った実例は私の知る限りではあまり聞くことがなかったのですがだからといって私は武勇伝やワル自慢をしたくはないのです。    「トラック野郎」は今回の対ジョーズ戦に限らず、どの場面もハイテンションな気分を味わわせてくれると同時に、単に根性を付け焼刃的に押し付ける精神論の物語でもないのです。   要は「トラック野郎」の対ジョーズ戦における桃次郎の動きを見本にした上であなたがワルに絡まれる、または悪友の誘惑等の場面から身を守るべく際にはいかなる姿勢で向き合うか。   この視点では「トラック野郎」とは我らにとっての闘いのためのいわゆる武術の指導書みたいな存在であることが分かります。    即ち「トラック野郎」なる指導書を通じて単にあなたが強く進化して生まれ変わることだけを目的にせず、あなたもまた誰かの手本となっていってほしいのです。   で、ゆくゆくは「長いモノに巻かれず、かつ君子を恐れぬ」生き方を築き上げて1人でも多くの市民を苦悩から解放すべく価値の提供に結び付けていってもらう。   こここそが「トラック野郎」はジョーズ軍団とのガチンコ対決を熱く紹介した私なりの最終目標なのです。   今回お話しした「トラック野郎」でのジョーズ軍団との凄絶な死闘は、下記よりご視聴いただけます👇    名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  この期間内なら解約も一切無料です。   月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

  「トラック野郎」でのロケ地と言えば言い換えれば我等愛好家達にとっては一種の心の聖地・もしくは故郷のような土地であります。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

   菅原文太兄いは「トラック野郎」で星桃次郎を演じることにより現代の我らに説いてきた教えたるもの実にピンキリなだけでなく、対象としてもあくまで広範囲に渡って来たことにも気づきました。   「トラック野郎」においてはまず菅原文太兄いは主に30~40代(厳密に言うなら50代も)の現役世代中心層への合わせ鏡となる手本を示し続けてきたと声高に述べてきました。   それもただこれらの年齢層というだけでなく、「トラック野郎」で桃次郎が実証してきた実直でどんな過酷な変化の荒波にも負けない生き方を常に模索し続ける、という視点から彼に痛く共感できる者達こそを後押しすべく手本であると言いたいのです。    さらに菅原文太兄いはそんな信念を捨てずに突き進んでいかんとする者達にとって心強き味方であると同時に、利害関係や保身に振り回された杜撰な亡者達には情け容赦なき怒りを示してきました。   よって今回は「トラック野郎」において菅原文太兄いがいわゆる上級国民や特権階級と呼ばれる身分の人物達に対して怒りの鉄拳制裁を食らわせた場面を紹介していくとします。    この上で菅原文太兄いが「トラック野郎」を通じてまさに現代の我らにも痛烈でハンパなく突き刺さるメッセージを発信してきた事を、とある事例をも交えてお話ししていきます。 菅原文太兄いが「トラック野郎」で心なき医師達を容赦なく成敗!!  今より菅原文太兄いが「トラック野郎・突撃一番星」にて瀕死の重傷患者を危機一髪で救命した、ラストの爆走シーンを紹介していきます。   ここでの舞台は鳥羽で私の住所と同じ三重県内、そのラストではマドンナのえり子の交際相手である真珠養殖の研究者である駿介が嵐の夜に海で遭難し瀕死の重傷。    菅原文太兄い演じる桃次郎は2人を一番星号に乗せ日曜でも手術してくれる病院を探して大至急出発。    この度ばかりは「トラック野郎」での他作における爆走航海とは異質であり1時間以内に緊急手術しないと命が危ない、という絶体絶命の場面でした!!  以前ならタイムリミットまで4~5時間以上、途中では大概トラック野郎仲間達が一番星を支援してくれてはいました。    まず一軒目の当たった個人病院では「日曜で先生はヨットハーバーにいる」と門前払い、続く大手の病院も満席で桃次郎が嘆願するもガードマン達に阻止され断念。     次にジョナサンより武目病院を紹介されるも門前払いされた桃次郎は見かねて院長の自宅へ乗りこむ運びに。    ここでも「市民の休日」を理由に仲間達とのんびり娯楽に耽る院長に遂に!!  菅原文太兄いによる怒りの鉄拳制裁が炸裂!!    「もっと血を流せ、これでたらい回しにされた患者の苦しみが分かるはずだ!!」    1時間も経過していたその時、一番星の無線にジョナサンより最後の砦となるべく病院を案内されました。   一番星号のアクセルを踏み目的地に向けてラストスパート、駿介は最後の力を振り絞り到着後の緊急手術にて一命を取り留めました。   この場面はトラック野郎仲間達による支援もほぼ無し、それも通常の荷のように賠償金で償えるものでもなく決して失敗の許されない人の命を預かる仕事を、菅原文太兄いは遂行したのでした!!   併せて医者達による心なき責任放棄がごく一握りな資産家や権力者達による杜撰な生き様を、ショッキングに表現した場面でもありました。     ⇒菅原文太兄いが「トラック野郎・突撃一番星」で人命救助を果たしたラストはこちら 菅原文太兄いが「トラック野郎・突撃一番星」で暴く我等の盲点!!  前述での菅原文太兄いによる鉄拳制裁は何も「トラック野郎」での作中に限定されず、実は我らの日常においても十分有り得る「盲点」に対するものでもあります。   「トラック野郎」を離れた後の菅原文太兄いとしても農業への従事や執筆活動、そして政治的名活動をも通じ、現代の我らに対して「人間力」を声高に提唱。   金もうけに執着する政治家や実業家等のいわゆる「上級国民」と呼ばれる人物達に対してこの「人間力」の欠如を鋭く指摘した上で、我ら一般市民が健全な生活を営めるために精力的な活動を2014年に81歳で亡くなるまでの数年間に渡り続けて来ました。    「百姓も極道もトラック野郎も、みな一定の法則も下で生きている」    これは私が何度も復唱したい彼による我らに対する痛烈なメッセージなのですが、まさに「トラック野郎」で菅原文太兄いが桃次郎役を通じて確立した、愚直でいかなる変化の荒波にも向き合いつつしぶとく生き延びる姿勢そのものです。   この生き様こそが古今東西において根底となっているのですが、そんな視点からОという「上級国民」として扱われてきたミュージシャンによる悪態をバッサリ斬っていくとします。    奴は東京2020のテーマ曲担当の仕事を依頼されていたのですが四半世紀も前に某音楽史で障害者いじめを面白可笑しく語ったことで解任されました。   Оが上級国民扱されたのも実父が著名なミュージシャンであったことによるもので、そのためいくら過去であってもあの悪態が容認されてきたのです。   これは前述の「トラック野郎」での責任放棄する医師どもと酷似しているように映ってならないのです。   Оのいじめ行為の中身とは一歩間違えれば致命傷を負っていたにも拘わらず、それを容認してきたオリンピック委員会までもがあの医師同様杜撰の極みで「大成功者や特権階級だから」という理由だけで逃げ腰でした。    転じて菅原文太兄いは生前の姿勢を通じかくいう現代の盲点を鋭く突いた上で、奴らの悪態を容認し続けてきた我らにも痛烈なメッセージを発信してやまないのです。   今回紹介した映画「トラック野郎・突撃一番星」のにご視聴については、こちらよりお願いします👇    名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!      この期間内なら解約も一切無料。    月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

 菅原文太兄いは「トラック野郎」終了後実に30年以上もの時を経てもなおあの桃次郎と何ら変わらぬ実直な姿勢にて、市民の為に親身なメッセージを発信し続けて来ました。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

   「トラック野郎」は一番星号よりこれでもか、これでもかとこれまでの半生においては数十年に渡り実にピンキリを教えられてきたカリスマ継承漢ではあります。   ついては今回「トラック野郎」を語るに当たっては作品のオープニング主題歌はズバリ!!「一番星ブルース」の世界観に焦点を当てつつ、ここからまた新たに得た発見をお話ししていきます。    まさに一番星号の飾りは行灯などに刻まれてきた名ぜりふとしては例えば「御意見無用」に「度胸一番」等々、生粋な実録派としての桃次郎による生き様を徹頭徹尾前面に押し出した感覚でした。   さらに今回紹介する「一番星ブルース」を生まれて初めて視聴した第一印象についてはより一層トラック野郎達による航海そのものを生々しく表現した世界観であったなと、身に染みて回想する一方ではあります。   もっと鋭く言うなら「一番星ブルース」とはトラック野郎にとっての「与えられた責務を全うする姿勢はここにあり」と称すべく、痛烈なメッセージが込められた名曲でもあったのです。    以上のような視点に立った上で今より「一番星ブルース」とは「トラック野郎」における漢達のどのような手本を表現し続けているのか。    みたいなところを具体的に語っていくとします。 「トラック野郎」は「一番星ブルース」における痛烈なメッセージとは  早速ではありますがズバリ!!   「一番星ブルース」において桃次郎が現代のトラック野郎達に限らず、意志ある漢達に対して発信しているメッセージを解かずにはおられなくなってきた感じであります。    ここでのキーワードをまず1つ取り上げるならば「男ひとり旅」。    このセリフは私の記憶によると恐らく一番星号の荷台の天井に刻まれていた記憶があり、ジョナサン始めトラック野郎仲間達と列を為して一世一代のエンディングをも盛大に飾っておりました。    で、あの「男ひとり旅」とはトラック野郎達にとっていかなる生き方を表現しているか。   よくよくトラック野郎とは「陸の船乗り」に例えられる職業であって、まさに山あり谷ありの起伏に富んだ道のりを突き進む。   即ち一番星による爆走航海とはまさにこの表現に尽きる限りです。    ⇒「トラック野郎」における一番星号の山あり谷ありの爆走航海はこちらに語ってあります    よくよく桃次郎による名ぜりふとして「どんなことがあっても頼まれた荷は必ず時間通り送り届ける、それがトラック野郎の仕事だ!!」というのは語り草となっております。   あるいはまた「トラック野郎」における宣伝文句として一番星号を操る桃次郎の人間模様を「白ナンバーの意地」と掲げられたこともあります。    そうです、実はかくいうセリフを目の当たりした時にこそあの「一番星ブルース」におけるトラック野郎の世界観が暗示されているのだな、とも思いました。    即ち航海途中で交通事故に大雨等々、どんな困難に遭遇するかも分からない状況で荷主達の要求に最大限に応えていかねばならない。    トラック野郎達による稼業とは言わばこういうものなんです。   よって白ナンバーである以上は指定時間に遅れたり荷物の損傷等々、一切の責任は自分以外の誰も背負ってくれないのです。    一見「男ひとり旅」というセリフはトラック野郎達による粋で活気溢れた生き様をいかにも格好良く表現してはおります。   と同時にまた「一番星ブルース」にはトラック野郎達の稼業とは常に困難との闘いである、との痛烈なメッセージをも込められてきたのです。 「トラック野郎」にて一番星は我らにも責任のあり方を問うています  言うなれば今回の話題より「トラック野郎」において桃次郎は現代の我らに対しても各々の主張に裏付けされた責任・使命感のあり方をも問い続けてきた事が読み取れました。   確かに一番星号の飾りには前述のように桃次郎による粋なトラック野郎としての一見カッコ良い主張みたいなものがこれでもか、と表現され尽くしてはおります。    しかしこれらのカッコ良い決めゼリフの裏には必ず彼なりの「何が起きても己のケツは己で拭くべし」といった、この上なく高き責任感への愛着が軸となっていることも忘れてはなりません。   この視点から桃次郎による生き様を振り返ってみると、どこかで窮地に陥っている人達に手を差し伸べ救ってきました。   その対象がジョナサン始めトラック野郎仲間達であったり、あるいは借金を背負ったマドンナであったりで、これほどまでの自己犠牲を払うに等しい使命感がゆくゆくクライマックスの爆走航海にも映し出されて来たのです。    これまた「言うが容易く行うが難し」と言うほどまでの手本ではありましたが一番星が我らに教えてきた責任たるものを解くためにも一度自らの日常を振り返ってみる必要があります。   例えば自分の不手際だけでなく、あなたの職場で後輩が失敗をした時なんかに「ああ、あいつはあんなもんだから」と開き直ったり、あるいは「あいつは俺の足を引っ張ってくれた」と一方的に攻撃したり。    みたいな心当りはないでしょうか。    人間は感情の生き物である以上なんか不利を被った時にはついつい他人のせいにしがちです。    そんな時こそ私は「トラック野郎」を紹介する立場として、あなたには是非とも今回紹介した桃次郎による「一番星ブルース」に映し出された生き様を合わせ鏡にしてもらいたいのです。    なぜなら「トラック野郎」とはタイトルにて提唱したように、自責の姿勢を貫く生き様がグッと凝縮された最高傑作であるからです。  「トラック野郎」の原作フル動画は下記よりご視聴いただけます👇   名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  この期間内なら解約料金も一切無料。   気になる月額利用料金は2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

「西部警察」の悪役達については奴らもまた単なる悪役ではなく、必要不可欠なライバルとしての重役達であると、何度も語り続けて来ました。    最もここにおける歴代の悪役達についても奴らなりの美学というものがあって、私としても各々の悪役達の生き様からも常にお手本としての学びを得てきたのは言うまでもありません。      ただまあ今回としては「西部警察」より私が得てきた教えをおさらいしつつ振り返っていく、だけに完結させたくはないのです。    というのも実は「西部警察」の歴代シリーズより「悪役達といかに向き合い、生き抜いていくか」みたいな課題を解いていきたいのです。    実はこの課題を解くために今回はズバリ!!   一見ショッキングな私自身の半生における「ノンフィクション」とも照らし合わせつつ、お話ししていくとします。   率直に言ってしまえば「西部警察」における悪役達が活躍した厳選の場面と私が味わったショッキングな場面とは、どこかに決定的な共通点があったように思えてしかたがないから、てのもあります。    そこでまずは今更ながら「西部警察」の悪役が活躍してくれた名場面のおさらいから入っていくとします。  「西部警察」は悪役達との凄絶な闘いを厳選して紹介!!  今回紹介する1つ目の悪役との闘いは「西部警察パートⅠ」におけるタツ殉職場面におけるものです。    これは三村と吉松という悪役達が警察関係者に復讐の念を燃やし続け、時限爆弾製造の携わった事件を描いた回でした。    もっと言えばその復讐とは吉松の兄が銀行強盗事件で警官に射殺されたことが主な原因でもありました。    結果その射殺した警官本人が数年後に爆弾による犠牲となってしまったのですが、西部警察署は捜査を加速させるにつれ岸部さんという男も奴らに金50万円を渡されて製造に利用されていたことも判明。   追い詰められた岸部さんが警察にタレ込んだことで彼は三村と吉松からは裏切り者として標的にされてきたのです。    結果岸部さんが運転していた幼稚園の送迎バスに爆弾が仕掛けられるもタツ始めとした西部警察署の大門軍団に危機一髪で救われました。   ⇒「西部警察パートⅠ」におけるこの場面についてはこちらより    続く「西部警察」の悪役とのガチな回は「パートⅢ」の仙台ロケでの核爆弾テロ計画犯登場の場面です。    ここでの悪役は滝沢に伊庭を主犯とするアナーキストであって、奴らは伊庭の大学時代の知り合いで原子物理学を専攻する中里助教授を利用して核爆弾製造に成功。   それもこの伊庭という悪役については核爆弾製造に成功したとあるくらいだから、「西部警察」史上においては唯一無二な有能さを持った孤高の悪役であった、と称すべきです。    まさに西部警察署が最も恐れてきた最悪な事態が実現化し、「俺達は人類史上誰もが為し得なかった大事件をひき起こす!!」との信念に殉じた悪役達でした。   言い換えればこれほどまでの究極な描写もまた前述の「悪役達と向き合いつつ生き抜く」手本を最大限に演出したな、というべきです。   ⇒「西部警察パートⅢ」の仙台ロケについてはこちらよりどうぞ 「西部警察」の悪役達が過去の私に何を教えているか  上記の「西部警察」シリーズ2作において悪役達は過去の私にも決定的なメッセージを発信し続けているに違いないな、と今まさに読み取れました。    ここを踏まえた上で同時に私自身もかつて「悪役」に危うく洗脳され最悪な事態になりかねなかった実話をお話しします。   あれは私がハタチ過ぎのころ以前日雇いバイト先で知り合った4歳上のОという男と再会を果たしたその後数か月の出来事を順を追ってお話ししていきます。   再会当初Оは不思議なほど羽振りがよく私に食事やお酒をよく驕ってくれていました。    でこうして接していくうちに奴と親交が深く同年だというYさんが音信不通になってしまったので探してほしい、と言われ私も「まあ知り合いだし悪くはないだろう・・・・・」と行動を共にしていきました。    これが後に厄介な展開となったのですがその真相とは「YさんはОに対して100万円ほどのツケがある」(ツケといっても飲み代その他娯楽費)とのことで私としてもさすがに怪しく感じてきました。   この金額を回収するために私を使いたかったОは一層エスカレートしていき果ては「Yの頭をバリカンで丸刈りにでもしてケジメ付けるぞ」と実際に奴は電動バリカンを購入。     さすがにこの事実を隠しきれなくなった私は実家に戻り両親にОの行為を一部始終話しました。   話し合いの結果その後私が実家を出た後に奴と一度顔を合わせてこの別れたタイミングで管轄のNTTで電話番号を変更してもらいました(当時私は携帯未経験でした)。    この後奴が私の下へ駆けつけることもなく私はОという悪役に洗脳されて共犯になる寸前で救われ、幸い警察のお世話になる必要もなくなった、という結末でした。     よって「西部警察」の今回の話題は決して大げさではなくかつて私もまた悪役に利用されすれすれの場面を見てきたのだと悟りました。  「西部警察」の悪役が現代人にも発信しているメッセージを読み解く  「西部警察」の悪役達がメッセージを発信しているのは何も過去の私だけに限ったことではなく、あなたを含めた現代人にも何らかの痛烈なメッセージを発信し続けてきたのです。   そういえばどこかの詐欺防止ポスターに木暮課長に大門団長が掲載されたとありましたが実はこのご時世においても一歩外に出れば我らは悪役達との攻防戦を生き抜いていかねばならないのです。    今や言わずと知れて普及し私達も日頃お世話になっているSNSですが、まさにここにはいかなる悪役が身を潜めているかも知れないのです。   「西部警察」がリアルタイムで放映されていた最盛期にあたる80年代前半期よりもまたまた違った型で誘惑が増えたこのご時世ではあります。    そんな世知辛い世の中において人々はどこかで悩みを解決したく救いを求め続けております。   まさにかくいう大衆心理の弱みを鋭く突いたかのように悪役達もまた常にカモを虎視眈々と狙ってやみません。   「情報弱者」という言葉がありますが奴らは誰かの苦しみや不得手を弄ぶかのように利用しては搾取を続けます。    即ちかつて「西部警察」にて大門軍団始め登場してきた市民達が悪役達と闘ったあの実録の名場面の数々を我らの生きるこのご時世に置き換えてみて奴らと向き合ってみる。   これが最善たる表現かと思っております。  今回紹介した「西部警察」厳選の悪役との闘いの場面については、下記よりご視聴いただけます👇    名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  この期間内なら解約料金も一切無料。     気になる月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

今回は「トラック野郎」の一番星号が残してくれた遺伝子はまさに時代を超え、永代に渡って継承されていくものである、という話題を改めて熱を込めながら語っていきます。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

 「西部警察」史上の悪役とは言うまでもなく実にピンきりでこれまたどの悪役から紹介していこうか大変迷うところではあります。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

   この度は「西部警察」の仙台ロケにおける有り得ないまでの最悪な事件を語っていくのですが、最早これ実は人類史上最悪と表現しても決して言い過ぎではない話題でもあります。   まず「西部警察」パートⅢにて2回に分け放映された作品でした。    それに元々「西部警察」とはどの角度から見ての決してあり得ないとは何度も語り継がれてきた史実ではありますが、この仙台ロケこそがまさに一国の存亡を賭けたほどの世界観だったのです。   ここでまた「西部警察」史上有り得ない場面を今振り返ってみるのですが、たとえば第1回目から装甲車が都心部のど真ん中に登場したり、果てはミサイルとの死闘であったりと、まあこんな風ではありました。    と来れば、今回お話ししていきたい仙台ロケには一体何が登場したのか?   ズバリ先に行ってしまいますがこれぞ人類最終兵器(!?)と呼ぶに値する驚異的な存在だったのでした。     それもミサイルと同じくかつて戦争にも実際に使用されたこともあるくらいなのですが、なんせいくらあり得ないとは言えど、単なるミサイルや戦車と言ったものがむしろ生易しく感じられたくらいの存在でもあったのです。   前置きはかなり長くなりましたがこれほどまでに「西部警察」は仙台ロケに登場した兵器とは、最も信じられない世界で語られるものだった、という事です。 「西部警察」は仙台を舞台に最終兵器との絶体絶命な死闘  ある晩発電所用の燃料に使用される危険物が移送途中に強奪され、杜の都・仙台へと持ち込まれました。    その物質とはダイナマイトや毒ガス、といった生易しいものではなくズバリ!! 原発用の燃料でした。   いや、正式に言えば高濃縮ウラン235という実験用であって、原発用は約3%に薄められているのに対し、これは90%以上のかなり危険な物質だったのです。    西部警察は直ちに捜査に着手していく中で、ホシ達の狙いは最も恐れていた最悪の事態であると悟っていきました。    指名手配中のウランを運んだトラックが仙台入りしたという目撃情報と同じタイミングで次は原子物理学専攻の中里助教授(以下先生)とその息子である雅也が誘拐され、先生の婚約者であった杏子が狙撃されました。   西部警察署は仙台に直行、宮城県警と大捜査網をしいて捜査していく中でまず回復した杏子による目撃談より狙撃犯は溝口という30代半ばで出所したばかりの前科者でした。    ここまで言ってしまえば西部警察署が最も恐れていた事態とはもうお分かりでしょうがそうなんです、核爆弾の製造以外の何物でもなかったのです。    大門軍団はまず仙台市内の溝口のアパートを捜査し、ここで奴の行きつけの割烹がなる駒であることが判明、さらに溝口の知り合いから決定的な手掛かりとなった証言が次々割れてきました。   この証言をもとに一味の待ち合わせ場所であった仙台市近郊のとある温泉旅館に遂に溝口ともう一人の男が出現、直ちに大門軍団は奴らを追って行きついた先は西仙台ハイランド。    執念の死闘の果てに溝口を問い詰め、高濃縮ウランは仙台市近郊のアジトにあると供述、即座軍団は現地へと直行しました。    しかしそこで軍団は核爆弾の設計図を発見も既に現物は持ち去られておりました。    これでもはや手遅れとなってしまったのか!?    ⇒「西部警察」仙台爆破計画に登場した核爆弾の詳細はこちらです    まもなくして原子力安全委員会宛てに遂に!!      核爆弾製造に成功した、タイムリミットは午後4時。現金20億円を宮城県庁まで空輸、無線での指示を待て。    との声明が届けられ、西部警察署が恐れていた最悪の事態が紛れなく現実化してしまったのです・・・・・。 「西部警察」は仙台にて、本当に核テロは実現してしまうのか!?   仙台市内の声明文発信地へ直行した大門軍団は瀕死の重傷を負った中里先生に息子の雅也を発見。     先生の手術は成功も意識が回復せず難を極め、さらに宮城県警に主犯の滝沢という男からの無線により、    現金20億円を持って午後2時に七ヶ浜に向かって飛べ、爆弾の場所は追って指示する。    との最終通知が!!    発信地点は仙台市近郊の塩釜付近で団長はヘリで大門軍団のメンバーはマシンRSで直行。    一方西部警察署と宮城県警との執念の調査で溝口を叩くことで、この核テロ計画は滝沢にその右腕で中里先生とは大学での知り合いでもあった伊庭を中心としたアナーキスト(無政府主義者)達によるものと判明しました。   執念の捜査の果てにいよいよ一味を逮捕し爆発を阻止できると思いきや、奴らの乗ったバスが警官隊壊滅用に用意していたTNTによる誤爆で炎上し全員死亡。    これで「死人に口なし」と思いきや、ここで唯一生き延びていたのが伊庭という主犯で滝沢の頼れる右腕だった男で、仙台市内を逃走中だった奴を軍団は更なる執念の追跡へ!   奴は仙台市内の国道45号を逃走、逃げ込んだ先は日産サニー宮城の屋上から真っ逆さまにダイブ!!    やっとこれで仙台市内に設置されているとされる爆弾の在処が判明し爆発を阻止できる    と思いきや奴は既に頭部を強打しておりそのまま絶命。   唯一の証人までもが亡くなり絶望感に於け暮れていた大門軍団でした。    しかしここで団長は伊庭による「水の中探せ」という供述に雅也による「クレーン車を見た」という証言から爆弾は高所にあると判断し、水と言えば給水塔と導き出したのでした!!   そんな鋭い団長によるひらめきを下に、西部警察署と宮城県警は可能な限りの手段を尽くし仙台市内にある給水塔を無差別に捜査。    しかし1時間経っても爆弾は見つからず、そこで中里先生誘拐にトラック盗難事件始めとした情報によりホシ達の標的はエンドーチェーン系列と見て仙台市内の同系列に絞って捜査を進行させて行きました。 「西部警察」仙台編は天と地を知り尽くした漢達の物語です!!  かくいう型で「西部警察」史上最悪を極めた状況に追い込まれていった仙台編ですが、最終的に大門軍団とエンドーチェーン幹部とが面会し核爆弾がセットされているであろう場所が「この残り1つに違いない!!」と、軍団はその現場に向かいました。    この出発した時点ですでにタイムリミットの20分前。    向かった先はやはりエンドーチェーンの系列の駐車場で、しかもその場では大規模なコンサートが開催され大勢の観客で溢れていました。   一足先に到着した鳩村は10メートルはあろうかという給水塔のタンクを青ざめた表情で見つめており、団長以下大門軍団も鳩村の下へ。   団長がタンクを確認するとそこには紛れなく設計図に描かれたまんまの核爆弾が残り僅か10分前を表示しておりました。    団長は団員たちに中里先生入院の病院で長さんと連絡と取るための無線機に解体用の工具を用意と、次々指示を飛ばし、最終的に起爆装置解体に着手したのが5分前。   ここで解体に失敗すれば杜の都・仙台は本当に壊滅してしまうのです。   長さんは意識もうろうとする先生に起爆装置解体の指示を仰ぎ団長に連絡。    まずは巨大な本体のカバーを外すのに一苦労その後青のコード、白のコードと順番に切断していき最終的には万全期すため信管を本体から抜き取りに。    もはや仙台は壊滅か? と西部警察署に原子力機構の関係者達は一斉に覚悟を決めるも気が付けばタイムリミットの午後4時を過ぎ、給水塔の下にはそれまでと変わらぬ杜の都・仙台の姿が広がっておりました。    かくして運命の女神は市民の安全の為に恐れず闘い続ける西部警察署は大門軍団に微笑み、絶体絶命の状況より晴れて脱出することが出来たのでした。    今回は西部警察署と核爆弾との死闘を激震的に紹介しましたが、まさに!!  本物の英雄物語とは天と地をこれでもか、と知り尽くした漢達による、まるで聖書のような世界観でもあると教えられました。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

    「西部警察」の煙突倒しとは即ち全国縦断ロケは名古屋編での盛大な完結場面であり、この物語においてはむしろ絶対不可欠なトレードマークとなっていることを強く認識の上で、今改めて激熱に語ります。     元より「西部警察」も「トラック野郎」同様に私のメディアにおいては大黒柱的なネタであり、かつこの煙突とは「お化け煙突」とも呼ばれ「西部警察」を一大英雄物語としてより一層定着させた存在でもあり得たのでした。    次いでに私としましてもこのシリーズにて「西部警察」のメッカとはまさに名古屋である!!   とのイメージを焼き付けてくれた感覚が消えることがありません。    この「お化け煙突」の回は即ち「西部警察パートⅡ」での名古屋ロケは後編に当たる物語で、早速ここでの事件の展開を負ってお話ししていくとします。    前編における長島スパーランドでの凄絶な死闘を勝ち抜き西部署に戻っていた大門軍団がまたもやある事件の一報を受け取りました。    この度は偽札事件の犯人を追って再び名古屋へと向かう運びになったのですが、ここで現地に送り出されたのが名古屋出身の鳩村でした。      彼は手配犯のモンタージュ写真を手掛かりに名古屋にて驚愕な場面に遭遇していくのでした。    それも鳩村が行きついた愛知県警前にていきなりある男が命からがら助けを求めに来たのでした。   何と!!   奴こそがモンタージュ写真の似顔絵と紛れなく一致した人物であって、さらにその口からは「俺は組織に追われている」とのいかにも決定的な証言も飛び出したのでした。  「西部警察」は煙突が決定的な手掛かりとなり捜査は加速していった  その男の正体とは北島といって偽札事件のカギを握っていたには変わりなかったのですが、残念ながら射殺されてしまったのでした。    ここで大門軍団は愛知県警との共同捜査を一層加速させてまずは北島のアパートを突き止めました。    そこで西部警察署からは沖田が鳩村と共に奴のアパートの捜査を実施したのですが、現場にてまたもや驚愕の手掛かりを発見したのです。    北島の息子が煙突が高く突き出た工場の風景を描いていたのですが彼はここでまさに「お化け煙突」の名を出しました。    まさかのことでこの「お化け煙突」も一層この度の偽札事件を決定付ける有力な手掛かり以外の何物でもありませんでした。    ついでにですが鳩村を演じた舘さん自身もまた名古屋出身という事もあり、この回は歴代の「西部警察」シリーズの中でも特にフィクションらしからぬリアルな感覚を味わえるところです。    これより西部警察署と愛知県警との共同捜査はますます加速、追ってお化け煙突のカギを握るべく事件が名古屋を中心に続出していくことに。   次々発生するあさくまステーキの店舗を狙った銃撃事件では一人の女性スタッフが犠牲となりました。    ここで話しは戻りますが前述の息子がお化け煙突を描いた北島と同じアパートに住む住人達も実は偽札製造にかかわっていたことも判明しておりました。    併せてこの犠牲となった女性スタッフが銃撃事件の犯人と顔も知りであったことも判明、つまりあの銃撃事件は逆恨みによる以外の何物でもなかったのでした。    ちなみに銃撃され一命を取り留めた鳩村の幼なじみの陽子もこの事件の有力な証言者となってくれたわけで、これまでの展開よりお化け煙突工場と銃撃犯もなにがしかの関連があるには違いない。   そう導き出した西部警察署と愛知県警でした。 「西部警察」は煙突の存在を突き止め強行突破の凄絶なクライマックス  西部警察署と愛知県警との捜査が次々加速し有力な手掛かりが浮上していく一方で、鳩村は陽子を襲撃した犯人を追っていくも無線での通信が消えて消息不明になっていました。    しかし一般市民達による目撃談等々証拠を集めて執念の捜査の果てに、遂に恐らく鳩村がいるであろう場所を突き止めました。    そうなんです、ズバリ言っちゃいますが鳩村が追跡中に発見したのは紛れなくあの北島の息子が言っていた「お化け煙突」そのものでした!!   彼はバイクを乗り捨ててこの煙突が高く突き出た工場に辿り着いたのですが、ここで目の当たりにしたのは今回の事件の発端となった偽札そのものでした!!   これで鳩村は主犯を捕まえることが出来るな、と思ったその瞬間に何と!! 何者かに襲撃されて監禁されてしまったのです。    この時点では既に西部警察署は主犯で偽札製造グループの主犯に当たる相沢という男が名古屋に向かっているという事実も掴んでおりました。   かくして大門軍団と一味との徹底抗戦が鳩村が監禁されたお化け煙突の工場の屋外でダイナミックに展開されておりました。   この煙突の真下に鳩村と偽札製造を強要された印刷会社のスタッフ達が監禁されていたのですが、鳩村はそんな土壇場で自らの服と人質達の上着をかき集めてライターで燃やし、煙突から煙を起こして自分達の存在を知らせようとしたのでした。    即ちこれにて大門軍団は鳩村がこの工場内にいるに違いないと悟り救出を試みたのですがここでヘリにて登場した団長が煙突の付け根に時限爆弾が仕掛けられているのを発見(残り時間はわずか5分!!)。    団員に直ちに強行突破を指示。    即ち一味は煙突を口封じ目的で人質の方に倒そうと目論んでいたのです。    かくして鳩村は人質達と共に救出されたのですがこれと同時に煙突は倒壊し、まさにこの劇的な場面により「西部警察パートⅡ」の名古屋ロケは正々堂々のクライマックスを迎えたのでした!!    冒頭で「この煙突倒しこそが西部警察においては絶対不可欠なトレードマークになった」とは言いましたが、まさに名古屋ロケこそがテレビ関係者と一般市民が一丸となった歴史的最高傑作でした。  ⇒「西部警察」については改めてこちらにも語ってあります。   それこそ私がメディアにて強調し続けて止まない「1人1人が主人公」しての一大英雄物語の代表格を実証するのがこの「西部警察」名古屋ロケは煙突倒しによるダイナミックなクライマックスだったのです。  「西部警察」名古屋ロケは煙突倒しによる凄絶なクライマックスを、下記よりご視聴いただけます👇    名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  この期間内なら解約料金も一切無料。   月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

  「トラック野郎」を動画及びブログにて紹介していきたい対象の人々については先に行ってしまいますが、年齢的には30代~50代の現役世代中心層に当たる男性である、と私は考えております。    ⇒「トラック野郎」の動画を紹介したい主な年齢層について    かと言ってただ単に年齢だけに絞り込むとどうしても「トラック野郎」の動画を紹介したい層についてはあまりにも抽象的で終わってしまう、というのも事実であります。    そこで具体的にはこれらの年代で「トラック野郎」の動画を紹介したい対象とは一体どのような状況にある人物なのか?    こここそが最善たる焦点となるわけでいかに私が「トラック野郎」を動画なりブログにて熱く語っても、「具体的にどんな相手に対して主に紹介していきたいか」を明確にしないと中々視聴されにくいな、とも感じておるのです。    なぜなら私が「トラック野郎」をたとえ紙芝居形式の動画にて語っていくにせよ、ただ単に面白可笑しく派手に盛り上げるだけで完結させたくありません。    これについては「トラック野郎」を紹介に当たり今初めてお話しすることでもないのです。      あくまで私の立場的にも「トラック野郎」を熱く語ることでこそ、1人でも多くの信念ある訪問者さん達を引っ張っていきたい。    みたいな視点よりお話しさせていただきます。 「トラック野郎」の動画により悩みの解決転じて「価値提供」を教わる  今回の目標について言ってしまえばズバリ!!  この通りではありますが、実はそれこそが「トラック野郎」の動画を提供していく立場としては「永遠なる課題」と称しても決してオーバーではありません。   今更ながらあくまでこのメディアにおける運営姿勢たるもの「カリスマと称すべく先人達による資産の継承」であって、別の表現では「人々を苦悩より解放していく」というテーマにも行き着くからです。   よってこのメディアにて私がしつこいほど繰り返し紹介してやまない「トラック野郎」とて、原点はと言えばあくまで人を導くことにより「価値提供」を継続していく、というのも紛れなきテーマに変わりはありません。    そこで改めて私が「トラック野郎」をコンテンツだけでなく、なぜ動画にしてまであなたに紹介していきたいのか?    という課題に対する答えとしても一見シンプルではありますが動画にすることでビジュアル的に訴えかけ、一層訪問者さん達にワクワク感を提供していこう!!  みたいな辺りです。    これでこそ初めて私が「トラック野郎」を最高傑作として紹介していくべく必要十分条件が揃えられた、と改めて実感できるわけです。     まあこのご時世いや、古今東西の人類の歴史とは即ち「苦しみや悩みからの解放」のための闘いであったのかも知れません。   その実にピンキリまでの苦悩を解決していくために人類は自動車はじめ様々な発明により価値提供を絶え間なく続けてきたわけです。    まさに「トラック野郎」における桃次郎が一世一代の爆走航海を走破した場面としても、元はと言えば「苦悩し地を這いずる者達を身を賭して救いあげる」以外の何物でもなかったのでした。    よってここからしても「トラック野郎」とはどの視点から見ても価値提供の原点そのものであったと信じて狂いはありません。   「トラック野郎」の動画であなたが一歩でも前進できるために  私が「トラック野郎」をブログで紹介してきたネタを動画でも改めて紹介していきたいもう1つの理由を、ここでお話しします。   それは「トラック野郎」とは21世紀のご時世にも勝るとも劣らないネットワークの世界観であることを、強く訴求したいというところにあります。     言い換えればこれぞ今日を生きる我らにとって、人間関係とどのように向き合っていくか。    というための心強き手本となってくれるからです。    もしあなたが仕事上の人間関係に悩んでいるなら「トラック野郎」は私が作成している紹介動画に限らず、是非とも原作のフルバージョンでもご視聴いただくことをおススメしたいです。    一見いとも簡単に言ってしまうようですが今まで何かにつけて「トラック野郎」は桃次郎始めとした、粋な漢達による生き様を手本にしては激励され続けてきた私自身の立場からも、こう証言せずにはいられないのです。    それもITが網羅されサブスクにより手軽に動画を入手出来るようになった遥か何十年も前に、私は「トラック野郎」をリアルタイムでなくとも楽しめたことが以来の半生における価値観を決定的に左右してくれたなというところです。    よって今回より私が主に「トラック野郎」シリーズの紹介動画をおススメしたい対象の層についてまとめてみます。    年齢的には30~50代の現役世代中心層を担う男性。   さらにこれらの層の中でも特に複雑な人間関係による悩みと向き合いつつ、自分を見失わずに生きていこうとする揺ぎ無き信念の持主。   それだけでなく度重なる困難を自分なりに乗り超えて前進していくための手本として、「トラック野郎」なる最高傑作に共感できる人達。    なぜならかくいう思考の持主もまた、星桃次郎に手を差し伸べられるための必要条件であるからです。    映画「トラック野郎」シリーズ全10作はフルバージョンの動画にて、下記よりお楽しみいただけます👇    名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  この期間内なら解約料金も一切無料。   月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

「トラック野郎」を紹介するに当たり、動画もブログの話題とリンクさせる型で作成しているという事を、今回改めてお話ししていきます。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

   この度は「トラック野郎」に関し一番星号による文字通り一世一代の爆走で時代を生き抜いて来た生き様より私が学んだこととして、今ハッと閃いた学習とでもいうべきものを、あなたにも激熱に教えていきます。  ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

   今回は「トラック野郎」を最高傑作として絶賛紹介し続けて止まない私側の立場から、あなたにお伝えしておきたいことがあります。    それは歴代「トラック野郎」全10シリーズを私が主にどんな客層に絞り込んで語っていきたいのか、という視点からです。   そもそも「トラック野郎」自体の認知度としましては、正直なところ90年代以降生まれの若い世代においてもよく知られている歴史的最高傑作なのです。    というのもこのご時世においては既に身近で動画配信始めとしたいわゆる「サブスク」のエンタメを便利に楽しむことが出来るようになったのが、まず1つの大きな理由と考えられます。   つまり少なくとも「トラック野郎」という作品をリアルタイムで視聴した体験のある世代においてはあくまでどんな最高傑作であろうが、映画まで足を運んだりテレビの番組表とにらめっこしつつ、常に見逃しがないかどうか、神経を張り巡らせていたものでした。    さらにそれらの最高傑作に関わる耳寄りな情報入手のためには、時として足しげく書店やレコード店に通いづめが必要なほど、はるかに手間をかけたものでした。    かくして「トラック野郎」は我が国における歴史的最高傑作として数十年に渡りメディア環境が劇変していく中で、年代の障壁を遥かに超越した型で高く支持され続けて来ました。   ここでそれほどまでの最高傑作の価値をより一層高いものとして紹介するためには、一旦私の方で最も主力的に紹介していきたい対象年齢を絞らせていただくことが必要なわけです。   「トラック野郎」を最高傑作として紹介するために不可欠なこと  ズバリ!!  これはいかなる最高傑作を紹介するに当たっても重要な事柄ではありますが、ひとまず作品を紹介したいメインとなる客層を絞り込むことです。    つまり主に紹介したい対象を絞り込むことによってこそ、提供する側としての「ブレない軸」を構築し、運営していくための原型となる姿勢を客層側に前面的にアピールできるようになる。   こここそが「価値提供」をするに当たり私がメディアにおいて最高傑作を紹介し始める以前より、これまでの積み上げにより実感し続けてきた誤魔化しのきかないところでもあります。    以上のような視点より、今から私が「トラック野郎」に限らず歴史に残る最高傑作達を紹介したいメインの対象について話していきます。    まず年齢的には30代~50代の現役世代中心を担う男性を対象にしています。   即ちここには恐らく「トラック野郎」そのものを、物心付き始めたであろう小学生のころからリアルタイムでうすぼんやりとでも覚えているかも知れない、70年以前に生まれた人達も含まれております。    また何より特に30~40代と言えば、古今東西においてはそれこそ少なくとも企業組織においては現役世代の中心層として最も活躍を求められる、そんな年代でもあります。   まず30代においてはいわゆる「生涯の中で最も伸びしろが大きく、出世も期待される」世代と称するのが相応しいでしょう。   それゆえ良きにつけ悪しきにつけ20代ではあり得なかったような体験にも出くわすことだと思われます。    さらに一通りの経験とノウハウを積み重ねた40代では本格的に大黒柱としての責任能力も求められ、場面次第では人を動かすための資質が問われることもあります。    かくして50代を目前に控えた辺りからは企業の役員及びそれに準ずるポストに就任するようになり、より一層過去の経験がモノをいう様になり、更なる重責も求められるようになります。     以上より私が「トラック野郎」を最高傑作として紹介したい対象として、まずは年齢層という視点からは30代~50代の男性をメインの対象としております。  ⇒「トラック野郎」を最高傑作として語り継ぐ私の経験と心得について 「トラック野郎」を最高傑作として盛り上げた漢達の生き様  ただまあ、「トラック野郎」を最高傑作として紹介したい対象については年齢だけでなく主人公は桃次郎始めとした漢達による、胸を熱く焦がし尽くすような生き様にも着目いただきたいのです。    話しは前後しますが「トラック野郎」放映当時においては、桃次郎演じた文太兄い(1933年生まれ)の実年齢が41歳~46歳にかけてでした。    その他まず彼のライバル達を演じたタレント達の当時における実年齢としましてもおおよそ30代半ば~40代半ばといった感じだったのです。    ここもまさに私が前述の年齢層に絞った動機でもあるのですが、年齢に付け加えてさらに話しておきたいことがあります。    改めて絶賛紹介したい対象としましては、あくまで「トラック野郎」を最高傑作として盛り上げてくれて来た漢達の生き様に痛いほど共感できる人達です。   現役のトラック野郎達ならばまあ言うまでもなく大いにこれに当てはまるのですがあくまで私の意向としては、職業や肩書・学歴といった枠にとらわれることなく、対象とする層の人達には本物とは何か、そこを実感していただきたいのです。    この視点からもまず「トラック野郎」とはネットワークつまり信頼関係はここにあり!!  と強く訴求し続けたテーマを、全10作にて提示してきました。   桃次郎始めとしたトラック野郎達は爆走航海に代表されるべく難関を幾度となくしぶとく生き抜いて来たのです。   ここにはトラック野郎仲間達だけでなく、かつて桃次郎始とはガチでぶつかり合ってきたライバル達も手を差し伸べたものでした。    そこです、全員が一丸となりある一つの課題を解決に向けて共に闘いやがては勝ち抜く    まさしく企業組織において社長以下の役員と社員たちが絶えず闘い信頼を実績を積み上げていくという、現代社会に本来あるべく生き方と疑いようがなく共通するあり方を描いているのです。    よって「トラック野郎」を最高傑作として紹介したい層については、    ①30代~50代の現役世代中心層を担う男性   ②ネットワークによる信頼関係を描いた「トラック野郎」の世界観に共感できる人達    ザッとまとめればこういうところです。  継承漢が最高傑作として紹介してやまない「トラック野郎」は下記よりご視聴いただけます👇    名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  この期間内なら解約も一切無料です。  気になる月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

   私は「トラック野郎」一番星号と運命的な出会いを果し撮影に試乗を実体験しつつ、言うまでもなく最高な一大行事を楽しみつくすことが出来ました。   最もこの手のトラック野郎達によるイベントともなれば、最終のクライマックスは何てったって一番星号に象徴されるべく満艦飾なイルミネーションは絶対不可欠です。   というよりこのナイトシーンこそがトラック野郎たちによる、粋で高潔な生き様を実証すべく絶対不可欠な場面でもあるからです。    正直いうと私個人としてもあくまで一番星号の撮影に試乗、そして極めつけのナイトシーンを目当てに来場したような感じでした。   勿論一番星号に開催主となった歌麿会の幹部に限らず、今回来場されたトラック野郎達の愛車から各々によるナイトシーンまで、全てが素晴らしきものでありました。   次いでに一番星号のほかに私が気を引かれたトラック野郎達の愛車についても、少しお話ししておきます。    1つ目は龍神丸。   これは永ちゃんがソロデビュー前に活動を共にしていたジョニー(大倉)さんが主演のトラック野郎を務めたある映画に使用された実車であります。    2つ目は第三夜桜丸。   これは歌麿会の田島会長の愛車で大型ダンプです。   その車も恐らく「トラック野郎」放映時に発売されたかなりの高年式な車両でありながらも、今なお一番星号と共に寄る年波に決して負ける事なく、現役バリバリです。    よってまさに「トラック野郎」とは生きた伝説であり続けると教えられた決定的場面でした。 「トラック野郎」一番星号と共に厳しい時代をも生き抜く決意を  「トラック野郎」及び一番星を語るに当たり、私は幾度となく「トラック野郎達はいかなる低迷の時代をも、活気盛んに盛り上げてくれる」としつこく言い続けて来ました。   まさか文太兄いも欽也さんも生前は世は新型コロナという前代未聞のウイルスで全人類がパンデミックに陥る、みたいな事は考えもつかなかったことだったでしょう。    ちなみに「トラック野郎」放映当時における70年代の日本の経済情勢としても、戦後初の低迷期を迎えたとされてきました。   具体的にあの頃の情勢を説明しますと「トラック野郎」公開前の70年代前半期に中東戦争による影響でオイルショックが勃発。   これが引き金となって日本経済は戦後初のマイナス成長を記録、その後大企業の倒産が相次いだりして数年は経済が復活することがなかったと教えられて来ました。    しかしそんなご時世にも構うことなく立ち上がったのが桃次郎の相方はやもめのジョナサンを演じた(愛川)欣也さんによる「トラック野郎」という作品の発案でした。   たまたま欽也さんによる某雑誌でのインタビューを覚えているのですが彼は    「日本全国津々浦々を走り経済を根底で常に支え続けてくれているトラック野郎たちに対して支援と敬意を」    との思いをもとに、とある番組で知り合った文太兄いとご縁になり、ゆくゆくは「トラック野郎」にて一番星号のデビューと共に、全10シリーズが世に送り出されてきたのであります。    ⇒欽也さん発案の「トラック野郎」誕生物語についてはこちら    こうして当時を振り返って見ると、規模こそ異なれどちょうどバブル崩壊後の「失われた数十年」にどこかで共通するフシがあるかも知れません。   にもかかわらず桃次郎は一番星号そしてジョナサンはじめとした仲間のトラック野郎達と共に、むしろあの世知辛い情勢に逆行すべく満艦飾な生きざまを、漢達の手本として示し続けて時代を牽引してくれたのでした。    ここでのナイトシーンを眺めつつ私はまた1つ、    文太兄いは一番星号と共に、現代の我らに決断を促しているのだな    とも悟った瞬間でもありました。  「トラック野郎」一番星からは自己投資の姿勢も学びました!!  トラック野郎達にとって飾りとはむしろ各自に対する自己投資の証でもある、とも一番星号からは学びました。   そうです、デコトラのオーナーさん達は自分の愛車を派手に飾り立てることで自らの生粋で高潔な生き様を演出し、これが仕事に対する活力にもつながるわけです。   そういえば桃次郎自身としても「トラック野郎」の作中で一番星号の飾りには3,000万円(!?)もかかってるのだ、といってたのを思い出しました。    最もあの時代からすればこの金額自体ありえないほど桁外れだったと分かっていただけるでしょう。   いや、実際に一番星号に限らずバブル全盛期には確かに愛車の飾りにウン千万円つぎ込んだ、みたいに話してたトラック野郎達もいました。    対するあれから数十年後の経済的にも民間規制的にも大変厳しいご時世においてはとてもそのような出資をすること自体、別世界かも知れません。   確かに私が直接お話ししたトラック野郎の兄さん達からも「バブルのころは当たり前に通用してた飾りが、今は出禁になる」みたいに聴きました。   それでも代わりに自家用車を満艦飾に仕上げたりと、一番星号に対する愛着はどこかで受け継がれているのは、決して動かぬ証拠であります。    この視点からも私は今回一番星号より、     自らの進歩のためには、それに見合うべく自己投資を惜しむべからず     という姿勢も教えられました。     継承漢の生涯にとって定番中の定番として永久的に語り継ぐ歴史的最高傑作「トラック野郎」については、下記よりご視聴可能です👇    名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!   この期間内なら解約も一切無料です。   気になる月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

  「トラック野郎」一番星号と運命の出会いを果せた2022年5月4日の歌麿会によるチャリティー大会でしたが、最大のハイライトスポットは何てったって一番星号の実車試乗コーナーでした。   この日はまさに一番星となった文太兄やその相棒でジョナサンを演じた欣也さんらによる天からのご加護により、爽快この上なき晴天の下で開催されました。   いかにコロナ禍といえど一番星号に限らず全国各地より集まった粋なトラック野郎達が、感染対策を徹底しつつも一見かつてと変わりなき賑わいを見せてくれた一世一代の名場面でした。     無論現役のトラック野郎に限らず私のような「一般客」の来場でも最高に賑わせてくれました。    そのような幸運に恵まれた機会においては一番星号の撮影は当然ながら試乗も絶対不可欠な一場面でした。    私は早速指定のブースに到着した一番星号といよいよ本格的な運命の対面に当たりひとまずは満艦飾な車体をフロントグリルに「一番星」のアンドン入りのデッキからスマホでの動画撮影を開始。   続いて運転席側から右回りにリアを経てフロントに戻り、次いでにもう一周分の動画も収めてしまいました。  この後私は人ごみを避けて一旦一番星号を離れ、ブースが空いたタイミングで遂に待ちに待った試乗の瞬間が訪れました。   「トラック野郎」一番星号の運転台で桃次郎を疑似体験  さあ、「トラック野郎」撮影時に実際に文太兄いが座った一番星号の実車に、継承漢も乗せていただくことになりました!!    車両の飾りは「トラック野郎」最終作となった第10弾「故郷特急便」の公開当時に値するほど見事に復元されたものであって、その満艦飾な圧巻は今更説明不要ではあります。    即ちこうして一番星号に実車に座るという事は、「トラック野郎」で桃次郎が演じた名場面を疑似体験つまりモデリングする、という行為に他ならなかったのであります。    そこで私は最初にワッパ(ハンドル)に手をやり、続いてシフトノブを握りつつ運転台からの絶景を体感。    次に視線はスピードメーター周りからダッシュボード、そして右足は桃次郎がかの爆走航海のクライマックスでベタ踏みしたアクセルペダルに。   そうです、まさにこのアクセルペダルに足を置いた瞬間「トラック野郎」の劇中にてスピードメーターが一気に時速100キロ以上に加速していくかのような衝撃的な感覚を味わってしまいました!!    この調子でごくごく限られたわずかな時間でありましたが一番星号の運転台に座りつつ、一気に「トラック野郎」での数々の名場面が甦って来ました。   爆走中にこの一番星号が度重なる難関をまっすぐに突き進むかのように突破してきたんだな、道なき道を満身創痍になりながらも。    ただ満身創痍なだけでなく、時には40t積んで老朽化した吊り橋を走破し、またある時は20t積んで転落した谷底から断崖絶壁を翔け上がったり、波打ち際を水しぶき上げて走破したり・・・・・。     このようにしてこみ上げてくる思いを胸にやがて私は寝台に設置された神棚に手を合わせる事になりました。   そこで私は    「文太兄い、あなたは今私が座っている一番星号と共に、度重なる難関を常に決して怯むことなく生き抜いてきてくださいました。本日はあなたが演じた星桃次郎の血を引くべく粋なトラック野郎達が集結しております。いつも我らを天より見守りいただき、誠にありがとうございます」    と手を合わせてから運転台を後にしました。  「トラック野郎」一番星号は神憑り的なカリスマの象徴です!!  今回の経験をまとめるなら現役のトラック野郎達を含めた参加者たちは「トラック野郎」に出演した一番星号の正真正銘な実車の試乗という型で、桃次郎が残した実録の体験を買うことになった、というのが相応しいところです。   併せてまた一番星号はトラック野郎達にとっての飾りとは彼ら一人一人の生き様を目に見える型で演出すべく、ファッションのようなものである、と語っているかのようでした。   この実車のベースとなったのが三菱ふそうのFU型というモデルであり、初めて「トラック野郎」に使用されたのが1976年公開の第2弾「爆走一番星」においてでした。    実にあれから9代に渡りモデルチェンジされてきたわけですが、作品が進行するにつれ一番星号の飾りがグレードアップしたのと同時に桃次郎自身も次第に出世していった、その歴史的な証拠が残され現代まで守りぬかれてきたのであります。   ⇒そんな歴史的証拠についてもこちらに語ってあります。    一方でまた見る立場からすれば一作一作の飾りに好き嫌いはあるかも知れません。   しかし「トラック野郎」が放映されたわずか数年の間にも一番星号は時代の波に決して飲まれることなく進化しつつ生き抜いて来たとも言いたいのであります。   そして今回もあの公開当時からは信じられないコロナ禍というご時世においても一番星号は決して怯むことなく、我らと共に突き進んで行ってくれる、みたいな実感すら覚えました。    最後になりましたが実際に出会ってみて時代の証人でもあるこの一番星号とは、もはや神憑り的なカリスマによる資産として語られる存在であることも悟りました。   継承漢の生涯にとって定番中の定番として永久的に語り継ぐ歴史的最高傑作「トラック野郎」については、下記よりご視聴可能です👇    名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  この期間内なら解約も一切無料です。  気になる月額利用料金は、2,189円(税込)です。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

今回は「トラック野郎」主演の一番星号と遂に!!   運命の出会いを果たせた、我が生涯においても一大イベントとなったその模様について語っていきます。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

 「トラック野郎」について今回もまたまた語っていくのでありますがこの最高傑作によるお手本としての価値をさらに発見していきたいために、復習の意味合いをも込めてお話しさせていただきます。  ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

 「トラック野郎」の一大ハイライト・スポットとして脚光を浴び続けて来たワッパ勝負の名場面はひとえに言っても実にピンキリではあり「どれがナンバーワンか?」と聞かれたら思わず黙ってしまうほどであります。   それに「トラック野郎」においてはライバルとして認知され続けて来た10名の漢達だけでなく、実質的には桃次郎にワッパ勝負を挑んだトラック野郎達は言わゆる「脇役」的なポジションの人物にまで至ったのでした。    言うなれば桃次郎の航海途中にワッパ勝負を仕掛けた大型ダンプの運ちゃんに第4弾「天下御免」のオープニングを飾った、女トラッカーは姫だるまを中心としたミキサー車軍団。   よってかくいう奴らが出演してくれたお陰もあって、我々は「トラック野郎」シリーズを決して飽きることなく堪能できた、といっても過言ではありません。    というよりいや、「トラック野郎」においては常にワッパ勝負は付き物であった、みたいな言い方が相応しいかも知れません。      そんなこんなでとりあえず今回としましては歴代ライバル10名の中から1名だけ厳選し尽くしたこの漢との、ガチなワッパ勝負を劇的に紹介していきます。  「トラック野郎」ワッパ勝負で曲者だったのはこの漢です!!  というより「トラック野郎」史上におけるワッパ勝負とは歴代10名のライバル達よりコイツを抜きにしては語り得ないな、ってところであります。    ついてはそれがまたまた孤高でダイナミックなことこの上なき存在として上辺だけでなく「流石は桃次郎とガチンコ対決しただけあるな!!」と思わせられる、生粋な奴であるという事です。    という事でズバリ!!  「トラック野郎」史上10名のライバル達の中で厳選し尽くした1名とは、第3弾「望郷一番星」におけるカムチャッカという漢とのワッパ勝負です。    これがいきなり!!  奴が初登場してから桃次郎とはド派手なぶつかり合いだったのでした。    それももとよりこのシリーズの舞台は北海道であったという事からも、カムチャッカなるライバルとの対決は以前のシリーズになく豪快を極めた一大場面でした。    てことでまずはカムチャッカが桃次郎の前に正々堂々と出現した場面から熱く語っていきます。    トラック野郎達の憩いの場所であった釧路のドライブインに突如現れたカムチャッカ。   そこでしょっぱなから桃次郎と奴の拳での格闘が開始されました。    これだけでも豪快であったには変わりないのですがここへいきなり「たった今水揚げされた40tの鮮魚を後6時間以内に札幌の市場まで運んでくれ!!」とある荷主が駆けこんで来ました。    この1件により自体は急展開、桃次郎とカムチャッカが20tずつ荷を折半してのワッパ勝負を兼ねた追っかけがシリーズの前半より火蓋を切ったのでした!!    で、このカムチャッカというライバルの愛車についてですが、荷台には広大なオホーツク海に吠える巨大なシロクマが描かれたアルミバンのトレーラであり、さすが深夜の北海道を爆走するシーンは途方もなく圧巻そのものでした!!    それはそれは一番星としてもいきなりこのワッパ勝負の前半より奴に圧倒されっぱなしでいかにもダイナミックを極めましたが、次第に2名によるデッドヒートは過熱していったのでありました。  「トラック野郎」でのこのワッパ勝負の恐るべき結末とは  かくしてカムチャッカ対一番星による予想を遥かに裏切るべくワッパ勝負のデッドヒートにおいては、やがて一番星が次第に優位に立つ展開へとなりました。   ここまで来ればもう終点の札幌まではひとっ走りかな、と思われましたが気が付けばまたまた意外な展開も待ち受けていたのでした。    一番星が「札幌170キロ」という地点を通過した辺りでは既にこのワッパ勝負はカムチャッカを圧倒的に突き放したかのようでした。    がしかし同時にカムチャッカは「札幌98キロ」(!?)という標識を目の当たりにしており、てことはもうこの時点では勝負が一目瞭然だったのでした。     結局このワッパ勝負においてはわずか15分の差でカムチャッカの勝利、さすがは地場の地理を知り尽くした奴にはかなわなかったな、という感じでした。    それだけではありません。    カムチャッカより桃次郎に対して意外なセリフも飛び出しました。    「いいか、トラック野郎ってのはワッパの早回しだけが能じゃない。日本中どんな脇道も頭に叩き込んでこそ、一流のトラック野郎って言えるんだ」(!?)    と、ナンバーワンのトラック野郎であったはずの桃次郎が逆にライバルより鋭い指摘を受けた、そんな決定的場面でした。    よってこのワッパ勝負では桃次郎もさすがに奴に対しては反論の余地なく、潔く負けを認めたのでした。  元より「トラック野郎」とは歴代ライバル達とのワッパ勝負に拳でのぶつかり合いを経てゆくゆくは信頼関係を築き上げる、と私は何度も何度もメディアにてしつこく語り続けては来ました。     ⇒カムチャッカのライバル性については、こちらにも語ってあります  「トラック野郎」のあのワッパ勝負を経て芽生えたこの助け合いの関係  で今回のカムチャッカとのワッパ勝負こそ「トラック野郎」史上最もダイナミックで圧巻な勝負場面として改めて今激熱にお話ししているわけです。    それも前述の通り奴は桃次郎にトラック野郎としての心得を教えたというだけあってか、最終の爆走航海でも「流石は超一流のトラック野郎だ!!」とうならせるほどでした。    この爆走航海としても釧路~札幌まで40t積んで走ることになり今回の持ち時間はわずか5時間、という型でした。    この仕事を最初に名乗り出たのが実はカムチャッカであり奴は「お前には行かせんぞ」と桃次郎を足止めするも不意を突かれて結局一番星が引き受けることに。    それでもワッパ勝負で一度は一番星に勝利した実力派のカムチャッカだけあって、奴は一番星に徹底的にコミットした型でしきりに無線での案内を欠かすことありませんでした。    一方の一番星と言えばさすがに負けたプライドが許さなかったのか奴の指示を振り切りつつも老朽化した吊り橋を走破したり難関突破しながら、あくまで札幌目指して一直線に爆走中。    こんな一番星を支援すべくカムチャッカは一番星のバースト防止の為にタイヤ交換したいので何度も停止させるよう、仲間のトラック野郎達に支持を飛ばし続けました。    にも拘らず一番星は一旦停止の余裕もなくぶっ飛ばし続け、どうしても止まらないと悟ったカムチャッカとしても思わぬ奇策を発案。    というのも今度は中継地点で待機のトラック野郎達に指示して一番星の札幌へのルートとなる国道に水を撒いてタイヤを冷やす、といった作戦でした。   その甲斐あってか一番星は無事時間内に荷を札幌まで届けることが出来、この爆走航海を終えると共にまるで完全燃焼を尽くしたかのように、タイヤは豪快にバーストしてしまったのでした!!   ⇒「トラック野郎・望郷一番星」での爆走航海は、こちらよりどうぞ 「トラック野郎」ワッパ勝負で本物とは何か、を教えたカムチャッカ  繰り返しになりますが桃次郎も立場上カムチャッカには譲れないプライドというものを隠し切れず、爆走航海のクライマックスでは奴を振り払ってまで一世一代の大仕事を成し遂げようと突き進みました。    まあこれも「実録派」としての桃次郎なりの生粋な生き様であることには変わりありませんが、同時に彼はカムチャッカに対してもあくまで最強なるライバルとして一目置いてきたには変わりなかったのでした。    というのも桃次郎が今回紹介したワッパ勝負でカムチャッカより超一流のトラック野郎としての心構えを教えられたからこそ、あれほど無謀な爆走航海を成功させられたのです。    この真実を桃次郎は口先だけでなく、不器用ながらもあくまで実直なまでの決断力をもってして実証しえたのでした。    言うなれば    カムチャッカよりワッパ勝負で教えられたことを、今度は天下無双の桃次郎が示してやる    と言わんばかりの心意気がそれまで以上に芽生えたというべきでした。    これも桃次郎が一度はワッパ勝負で負けを認め、自らの弱点を彼なりに克服したからこそだったのです。     ついては何を成し遂げるにおいても今回紹介した「トラック野郎・望郷一番星」でのワッパ勝負のように、互いにガチで切磋琢磨出来るライバルが存在するという事は、本物を手に入れて自らのモノにできる最高な環境なのです。  今回紹介した「トラック野郎・望郷一番星」でのワッパ勝負は、下記よりご視聴可能です👇     名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

  今回は「トラック野郎」における話題をこれまた熱く語っていくことにするのですが、中でも桃次郎の出世に一躍果してくれたライバルのトラック野郎達に焦点を当ててお話ししていくとします。    こうしてまたまた飽きもせずに「トラック野郎」関連の話題をアンコールさせていただく型になるのですが、言うまでもなくライバル達との派手でガチな対決も、見る者達のハートをより一層過熱させていったハイライトスポットではありました。    名物となったワッパ勝負から果ては拳同士での格闘と経て、ゆくゆくは互いに和解し助け合う信頼関係を築き上げていく、という運びになっていくのでした。     よってこここそがただ単に「トラック野郎」においてはアクションシーンやワッパ勝負のカッコ良さ、みたいなものに完結するところではなく、あくまでライバルとしてもまた主人公の桃次郎と共にそれぞれがお手本をしめしてくれた、というべきであります。    即ち10作における10名のライバル達が各々異なるカラーを所有しつつも、最終的には桃次郎にとっては心強き味方となって手を差し伸べてくれる。    かくいう視点より、「トラック野郎」におけるライバルを今回は2名厳選した上で、それぞれによる最高に熱くカッコ良き生き様を語っていくとします。 「トラック野郎」のライバルとして、潔きこの漢による生き様  早速ではありますが、「トラック野郎」のライバルとしてカッコ良き生き様を厳選したい漢とは、シリーズ第2弾に登場したボルサリーノです。    ザッと彼のカラーについて説明しますが、マフィア風のスーツを身に纏い、仲間を数名連れて桃次郎に挑んだ大型ダンプの運転手でした。    キャストは「北の国から」でも名の知れた(田中)邦衛さんであり、あの特有なアクの強さが売りの名優でした。    先ほど彼はライバルとして桃次郎に闘いを挑んだ、とは言いましたがこのきっかけは元々桃次郎の相棒のジョナサンに対する因縁でした。    元々ボルサリーノ達の故郷はみちのくでして、そこで彼によるいかにも訳アリな生い立ちが暴露されていく運びとなりました。    というのも彼は18歳の時に貧困な家庭を支えるために資産を売り払ってトラック野郎の道を選びました。    その生涯においては当時「花巻の鬼代官」なる異名を馳せていた岩手県警のジョナサンに目の敵にされ追い込まれた、とのことでした。    これに果てしなき因縁を抱き続けて来たボルサリーノはトラック野郎に転身したジョナサンを追いかけて遥々姫路のドライブインまで決着を付けに来たのでした。    彼はジョナサンに対し、    「お前も俺と同じとトラック野郎なら、ワッパで勝負を着けてくれ!!」    と申し出、元々ライバル視していたのはあくまでジョナサンでした。    よってこの礼に応えるべくジョナサンも正々堂々と勝負を受けて立ったかのように思えました。    がしかし、結局は桃次郎がジョナサンを阻止して替わりにワッパ勝負を受ける展開になりました。    にも拘わらずジョナサンとしても己のプライドが許さず、何と!!  桃次郎とのワッパ勝負の最中に割り込んできたのでした。    結局これにてワッパ勝負は中断、ジョナサンも自身に報いてくれたと悟ったボルサリーノは潔く負けを認め、その場から身を引いていったのでした。    そしてラストの桃次郎による姫路~長崎市までの爆走航海においては、彼を警官隊の追跡より防御し支援したのでした。    よってこれがライバルとのぶつかり合いの果てに芽生えた信頼関係の名場面だったのです。     ⇒邦衛さん演じたライバルはボルサリーノによる生き様もこちらをどうぞ  「トラック野郎」ライバルで、桃次郎を劇的に飛躍させたこのライバル  今回の冒頭にて「トラック野郎」におけるライバル達は桃次郎の出世に一役買ってくれた、とは言いましたが、今から紹介するライバルこそがそんな代表的存在として絶対不可欠である、として語っていきたいのであります。    元々「トラック野郎」の大衆による印象とはあくまで娯楽的な要素が強く、70年代当時においてはオイルショックにも伴う景気低迷等で悩んでいた民衆を活気づけるべく、むしろコミカルな場面も重視されてはおりました。    そんな作風の一方ではまた無論派手なアクションシーンも最高な見どころだったのです。    ついては「トラック野郎」において本格的な怒涛のアクションシーンを熱演してくれたライバルとしては第5弾に登場したジョーズ軍団のリーダーは新村譲治について劇的に紹介していきます。    というのもこのライバルこそが今まで桃次郎と対決してきた歴代ライバル達とは決定的に異質な手強さ、みたいな存在だったのです。    元は譲治をリーダーとしたジョーズ軍団とは桃次郎のトラック野郎仲間達から恐れられ続けて来て、なんせ譲治を演じたタレントが当時より既に国内外問わずアクション界で最強と認知されてきた千葉真一氏(以下千葉ちゃん)だった、というのも決定的でした。    ワッパ勝負は言わずもがな、桃次郎との格闘シーンでのあのキレの鋭い動きがまず何よりでした。    結果このライバルも例外なくぶつかり合う事で桃次郎との間に信頼関係を生み出し、最終の爆走航海では彼に道を開けるために警官隊の囮となったのですが、ここでのアクションもまた流石千葉ちゃん!!   というべきなまでに決まり切っていました。    そうなんです、この千葉ちゃん演じたジョーズこそがそれまでには無かったようなずば抜けたライバル性により桃次郎の大出世に重役を果し、これにて「トラック野郎・度胸一番星」は第5弾にしてアクション超大作へと躍進したのでした。 ⇒千葉ちゃん演じたジョーズ軍団の生き様もこちらよりどうぞ 「トラック野郎」ライバル達は最高にカッコ良く、永遠に不滅です!! もしやあなたもご存知か分からないですが、今回紹介してきた「トラック野郎」でのライバルを演じた邦衛さんに千葉ちゃんは2021年のコロナ禍真っただ中に天へと旅立ちました。    まあ、お二人とも既に80歳は超えていて言うまでもなく決して不幸な最期を迎えたわけでなく、世の多くの漢達に愛されながら旅立っていったのでした。    もはや年代的には「トラック野郎」はじめ昭和の一世代を築き挙げて来た漢達は既に第一線より引退している状況にはあります。    それでもカリスマ継承漢としましてはあくまで「カリスマと称するに相応しい、先人達による叡智を後世に語り継ぐ」立場として、「トラック野郎」等々の最高傑作達をこのまま過去の歴史に埋もれたままにしたくはないのです。    しかしかといって、「あの頃は最高にカッコ良かったなあ・・・・・・。」みたいな感覚に入り浸りしたままでは終わらせたくありません。    ついては過去に邦衛さんや千葉ちゃん、そして文太兄いらがこれでもか、とまでに示してくれた手本をここぞ!!  という勝負時に限らず、日頃のあらゆる場面において何らかの型で活用していく、というのが相応しいところであります。    かくいう姿勢を踏まえた上で、「文太兄いおらずとも桃次郎は不滅なり」及び「邦衛さんそして千葉ちゃんおらずともライバル達は不滅なり」として、継承漢は今後も「トラック野郎」という永遠に不滅な歴史的資産を語り継ぐことを止みません。    今回紹介してきた「トラック野郎」におけるライバル達の生き様は、こちらよりご視聴いただけます👇  名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

 今回は「西部警察」出演の悪役達の中から厳選したキャラの中より、「本物の悪役としての美学は何か?」という、一見簡単そうで実は奥の深い課題を探っていくとします。    まずはその回についてですが、「西部警察パートⅢ」は第16話における、大門軍団とある悪役グループとの凄絶なるサバイバルを描いた回であります。    しかも!!  この回に限っては「西部警察」シリーズでは絶対不可欠なトレードマークと認知されているマシンRSが3台体制となっての初仕事、ってのも見逃せません。   という事はどうしてもこの回では悪役達の活躍よりもむしろ出演したマシーンのカッコ良さに目が行ってしまうのは、一種の人情ではあります。    その一方でどうしてもこのカッコ良さに埋もれてしまいがちな「悪役」という視点にたって、奴らのカッコ良さも同時にあなたにお伝え出来るようにしたいのです。   言い換えれば「西部警察」なる一大英雄物語の、一見華々しい表舞台の裏を支えた、悪役達による悲しくも熱き信念に完全燃焼を尽くした生き様も絶対不可欠なのは言うまでもないからです。 「西部警察」でのこの悪役達は、平和の中に突如出現した!!  元々今回紹介する「西部警察パートⅢ」16話としましては、平穏な落ち着いた社会情勢下における、記念すべく新兵器の登場を祝福すべく場面でした。   既存の団長車両「スーパーZ」を筆頭に犯人を追跡する予行演習が実施され、搭載された最新技術としても爆発的な加速装置「アフターバナー」に犯人の居所を把握する精度の高い感知式探索機・・・・・。   どの角度から見てもITが網羅された今日における技術に劣らぬだけでなく、むしろ顔負けと言うに相応しい、そんなテクを至れり尽くせりでした。    がしかし、かくいう平穏な状況下で晴れやかなデビューを果たしたと思われた矢先に、交番放火事件が発生。   これを実行した悪役グループが大型バイクに乗った男3人組と直ちに判明も、またもや追跡していたパトカーも焼き討ちに合ってしまいました!!     それだけではありませんでした。   しばらくたってからクレーン車作業員も今度はロープに引きずられて絞殺される事件が発生。    その事件現場に駆け付けたのが大将(山県刑事)に鳩村達でしたが、実はここで大将より衝撃の事実が発覚することとなったのです!!   この事実とは1か月前に大将がある窃盗犯を追跡中に追い詰められた犯人(小川)が、その場でクレーン車から落下してきた重量物の下敷きとなり即死してしまったのでした。 「西部警察」のこの悪役達による、ショッキングな真なる目的  で、大将が事件の記憶を整理していったその過程にて、面会した小川の兄の存在が直ちに浮上してきました。   追って「皇帝」を名乗る男より西部警察署に入電があり、直後例のバイクに乗った悪役3人組による商店街襲撃が発生。   そうです、この待ったなしな捜査において悪役達の狙いは大将と確定、早速3台体制となったマシンRSの初仕事に。    案の定、という運びで目黒は殺人犯たちに神父が教えを説いているという教会付近にて大将が悪役3人組にロープで引きずられ絶対絶命の危機に。   大将は何とか九死に一生を得たものの、彼に付き添っていた知り合いの歌手・サリーは残念ながら非業の死を遂げてしまいました。     退院後大将は前述の教会に出向き、そこでまたまたショッキングな情報を入手。    皇帝と名乗る主犯より、    午後3時、新木場通りにて、山県刑事を処刑する。    との声明が入ったというのです!!   しかも奴らからの要求は「大将を処刑するために、テレビ局以下のマスコミ関係者をよこしてくれ」とのこと。     そうです、この皇帝とは暴走族たちの中でも知らぬものはいなかった、と言うほど絶大なる存在としての悪役グループでした。   この肝心の皇帝の正体ですが、西部警察署としては既に前述の事故死した小川の兄であることを把握しており、即ち大将に深い因縁を抱き続けて来た主犯だったのです。  「西部警察」の悪役グループと軍団との、超絶なるこのクライマックス  直ちに指定の現場に新兵器3台体制にて出動した大門軍団に、前もってスーパーZで現場に待機していた大将。    かくしていよいよ、皇帝こと小川を筆頭とした悪役グループが出現、この度は最大の首謀以外にも数名加わった体制でした。   早速小川たちはバイクで大将を包囲。   悪役グループに追い詰められてのデッドヒートがこれにて展開となりました。     追ってまたまた西部警察署の例の新型マシン達も正々堂々の出動。   最初という事もあり団長がマシンRSを操りつつ、アフターバナーに催涙弾と早速最新技術の至れり尽くせりで悪役グループと激突。    一方主犯の小川としても一時は大将に優位に立ったかと思いきや、仲間達が次々と最新兵器の前に敗れ去っていき、内1人は大型ダンプと正面衝突。   かくして小川も次第に追い詰められてき、いよいよ大将との一騎打ちの場面に!!      ありとあらゆる手を尽くし、大将始めとした西部警察署に復讐を試みた流石の悪役達も結局天下の大門軍団には敵わず、敗北を喫してしまいました。    しかし今回紹介してきた皇帝を名乗る悪役グループの主人公・小川の生き様としても何とも言えずカッコ良く、そして潔き手本の一種であったことには、変わりありません!!   相手を段階的に追い込んでいったあの戦略に、何よりも天下の西部警察署の関係者達に恐れず挑戦状を叩きつけたという辺りが、悪役として、また同じ漢としても強く心を引かれる歴史的名場面でした。 最後になりましたが、次いでに同じ「西部警察」史上における厳選の悪役として、スーパーZになりすまし団長とガチンコ勝負を実現させた元レーサーの深町についても、以下のような型にて熱く語ってあります👇 https://karisumabeya.site/2021/02/14/   今回紹介した「西部警察パートⅢ」17話は、下記よりご視聴いただけます👇   名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!! お試し期間内であれば、解約料金は一切不要です。 月額利用料金は、2,189円(税込)です♪ ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

今回は全世界的なロックの帝王・オジーオズボーンについて、激熱に語っていくとします。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

今回は永ちゃんこと矢沢永吉氏の最高傑作についてもまた、熱く語っていくとします。   ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

 今回はチェリッシュというアーティストによる代表曲を、絶賛紹介していきます。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]

今回は「西部警察」の中でも、あくまで主にサントラに焦点をおいて、あなたに紹介していきたいのです。 ... Read More | Share it now!

・・・[続きを読む]
あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー