Just another WordPress site

映画「トラック野郎」の主人公・一番星が迎える新世代の幕開け

2019/05/01

映画「トラック野郎」の主人公・一番星の実録を、令和に継承

 映画「トラック野郎」における主人公の一番星桃次郎が残し続けてきた歴史に残るべく実録達について、「令和」の幕開けと共に今回も以前度々語ったように、この映画「トラック野郎」及び一番星桃次郎の話題を持ち出さずにはいられなくなってきました。

 
 丁度この映画「トラック野郎」自体が生み出されてからというか、映画シリーズ全10作が終了してから気が付けば早40年の年月が経っておりました。

 

 という事は、映画「トラック野郎」及び主人公・一番星桃次郎が残し続けてきたこの実録たるもの、昭和⇒平成⇒令和と、まさに「3世代」にも渡って語り継がれてきたことになります。

 

 まあ、一見当たり前で分かり切ったようなことを言っているようですが、映画「トラック野郎」と、一番星桃次郎をはじめとした関係者達が残し続けて来てくれた実録というものこそもまた、新世代へと語り継いでいきたい文化資産であることは、今更言うに及びません。

 
 今まで再三に渡り、映画「トラック野郎」に一番星桃次郎の話をし続けて来て、いい加減に呆れかえってしまう訪問者さん達も少なくないとは思いますが、ここで私の方から皆さんに言っておきたいことがあります。

 

 というのは、なぜこうも私が何度も何度も同じ映画「トラック野郎」の話題を持ち出したいのか、というその動機についてです。

 
 これは何も映画「トラック野郎」に限ったことではありませんが、どの映画作品もというか例えばいかなる音楽作品も、当然と言ってしまえばそれまでですが、どれだけ古い曲であっても、未だにコンサートのセットリストなんかに数十年も組み込まれている曲達も少なくはないのです。

 

 言い換えれば、それだけ長い世代に渡って、アンコールされているだけの文化資産的な価値が見出せるから、というのが、私なりに語り継いでいきたいとする動機であります。
 

 
 第一、その映画「トラック野郎」にて使用された主人公の愛車一番星号が未だにご健在である事をご存知の方も少なくないでしょうが、まさにこの動かぬ証拠こそが、映画「トラック野郎」とその主人公の一番星桃次郎が令和の新世代にも継承されていくべき存在であることを物語っているのです。

映画「トラック野郎」の一番星の爆走ぶりを令和の新世代へ

それでは、映画「トラック野郎」の主人公・一番星の数々の実録のどこに視点を置いて語り継いでいくべきか、と言う事が私なりにその次に考えていきたい旨であります。


 というのも、あくまで現在の視点から過去における一番星桃次郎の実録を見直す、というよりも、むしろ映画「トラック野郎」シリーズが公開されていた当時の視点から現在を、言い換えれば一番星桃次郎の視点に立って現在を見つめ直す、という姿勢の方が、より一層本質に迫った発見が出来ると考えているからです。

 

 ここで私なりに一番星桃次郎の心構えが最も直撃的に実感できると考えているのが、映画「トラック野郎」シリーズにおける一番星桃次郎の進化というものです。

 
 そんなことを言われても、中々すぐにはこの映画「トラック野郎」の全10シリーズにおける、桃次郎の進化というものを理解しづらいとは思います。

 

 がしかし、私なりに映画「トラック野郎」を語る動機としてはまた、この平成~令和への変わり目をだた単にお祝いする、という世間の風潮に縛られることなく、あくまでこの元号明けの機会を一つの決定的な節目としてもお互いわきまえたいというところなのです。

 
 いや、もっと言えば、単なる節目どころか、またとない躍進の時期だと心得てもらいたいところです。

 

 過去における私なりの映画「トラック野郎」関連の記事にも目を通していただければ何よりですが、それぞれのシリーズにおいては、節目だとか躍進だとか発言しております。


 

 なぜ、そこまで一番星桃次郎の生き様をして、見る人々にそこまで思わせたのか。
 
 

 その映画「トラック野郎」から生み出された回答が、やっと今になって見えてきたように感じております。

 
 それこそがひとえにまとめると、一番星桃次郎が常に如何なる局面にも屈せず、決して諦めることなくあくまで実直に突っ走り続けてきたからであります。

 
 この一番星桃次郎の生き様が最も分かりやすく実証されている場面こそが、映画「トラック野郎」シリーズのクライマックスを締めくくる、一番星号の爆走シーンです。

 
 一度引き受けた仕事は、いかに不利な条件であっても、約束通り必ず抜かりなくやり遂げる、ということが、トラック野郎・一番星桃次郎によって実証され続けて来ました。

 
 時には40トンもの荷を積んで老朽化した吊り橋を突破し、またある時には八方塞がりとも言える道路状況の下で崖から這い上がったりと、命懸け以外の何物でもない難関をも見事突破し続けてきたのです。

 
 かくして道なき道をも突き進み、自らを省みることなくまさに捨て身とも言える姿勢で次々と多くの窮地に追い込まれた人達を、救い上げてきたのです。

 
 
 新世代における躍進とは、まさにこの映画「トラック野郎」の主人公・一番星桃次郎なりの爆走ぶりにこそ、見習うべきものがあるとも私は強く感じております。

映画「トラック野郎」の一番星桃次郎に見習う、新世代の目標とは

 なぜゆえに一番星桃次郎はあそこまで己を捨ててまで突っ走り続けたのか。

 

 それには何らかの目標というものがあったに違いないと、映画「トラック野郎」は教えてくれているのです。

 

 その目標というものも、一番星桃次郎からはあくまで不自然な上辺だけという型ではなく、むしろ自燃といった型で生み出されてきたものであると、私なりに読み取っております。

 
 もともと一番星桃次郎自身の生い立ちはと言えば、生まれ故郷をダム建設のために追われ、父親が海難事故死し母と妹と三人で壮絶な場面を生き延びてきたと言われております。

 

 確かに一番星桃次郎自身としては、短気で喧嘩っ早いところも見受けられますが、その生い立ちゆえに人の苦しみというものが身に染みて理解できるため、窮地に追い込まれている他人を見ると、何とかして救い出さねばならない、という自燃の精神が沸き起こって来る人物像も、突き刺さるようにして伝わって来ます。

 

 言い換えれば、一番星桃次郎は屁理屈は一切抜きにして、



 一体自分自身には他人に対して何が出来て、どういう型で人を導いていくべきか、


 
 という事を常に理解して行動できる人物であったため



 自らの目標だけでなく他人の目標をも次々と実現に向けていくような資質の持ち主であった



 とされています。

 
 映画「トラック野郎」における、主人公の一番星桃次郎による実録とは、他人からの信頼性の本質というものについての最大のお手本でもあり続けました。

 
 ビジネスの世界においても、質の高い価値を提供し、人々の課題解決にまで導くためには、常日頃より地道に信頼の積み立てを実行しなければならないものです。

 
 映画「トラック野郎」を令和の新世代に語り継ぐに当たっては、このまさに一番星桃次郎が示し続けてきた、突っ走り続けながら信頼を積み立ててこそ、より質の高い目標実現ができるという心構えを捨てることなく生活を営んでいきたいものであります。

 

 映画「トラック野郎」における、一番星桃次郎が残し続けてきた歴史的な実録については、こちらから視聴できます。👇

 
 
 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

 
 この期間内なら解約料金は一切不要です。
 

 月額利用料金は、2,189円(税込)です♪

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー