Just another WordPress site

 小柳ゆき氏の「愛情/can’t hold me back」を絶賛投稿

2019/05/08

小柳ゆき氏の「愛情/can’t hold me back」の音楽的価値

 今ここに紹介する小柳ゆき氏の歴史に残る音楽的作品としては、小柳ゆき氏の「愛情/can’t hold me back」(2000年発表)です。

 
 この小柳ゆき氏の「愛情/can’t hold me back」なる作品ですが、小柳ゆき氏のデビュー作として知る人ぞ知る「あなたのキスを教えましょう」と並ぶシングルとしてリリースされました。

 

 その小柳ゆき氏がデビューし、そして知名度を上げた時期というのは、2000年という、記念すべき節目に当たる時期でもありました。

 

 何よりもまず、小柳ゆき氏の名作として知られているのは、デビューシングルである「あなたのキスを教えましょう」が一般的だとは思います。

 ただ一方私としては、小柳ゆき氏の名作達を紹介していくに当たり、今回選びに選び抜いた結果として、「愛情/can’t hold me back」が筆頭に上がりました。

 
 確かに当時の小柳ゆき氏自身としては、まだまだ高校卒業したばかりではありました。

 
 にもかかわらず、さすがに幼少期より歌手を志してきたというだけあって、小柳ゆき氏のその歌唱力たるもの、声量だけでなく声域、そして声の伸び具合など、いろんな角度から見てもさすがに誰もが真似できるものではありませんでした。

 

 その小柳ゆき氏のお手本的存在となった人物たちとしては、例えばホイットニー・ヒューストンにマライア・キャリーといった名が上がっております。

 
 流石にその甲斐あってか、小柳ゆき氏が中学の時にはある新人歌手のためのオーディションにて、全国決勝にまで進んだのです。

 

 かくして歴史に残る不朽の名作として生み出されることとなった、小柳ゆき氏の生涯に残る音楽的資産の一部である「愛情/can’t hold me back」の文化的価値というものはどこにあるのか、という課題を今より解いていきたいものです。

 

 今回の小柳ゆき氏の名作だけでなく、あくまですべての音楽作品に触れていくに当たっては、ただ単に娯楽として楽しむだけでなく、さらにその音楽作品たちの資質はどこにあるのか、というところに視点を置いて解いていく、という姿勢も欠かせないと私は考えております。

 小柳ゆき氏の「愛情」の音楽的価値はどこにあるのか 

 この「愛情」なる一曲としては、あくまで言葉(歌詞)だけではなく、歌声つまり音そのものを理屈抜きにして感じ取ることから始まる、と言っても的外れではないでしょう。

 
 というよりも、小柳ゆき氏に限らず、すべての歴史に残るべく名作達としては、何よりもこうして「音」そのもので感じ取ることが原点になる、と言われております。

 
 まさにこの「愛情」なる一曲としても、小柳ゆき氏自身の歌声そのものが重点的に注目されているようですが、ここから見ても、この「愛情」なる一曲がいかに文化的資産価値の高いものであるか、読み取れるのではないかと思われます。

 

 ただ単に高く声を張り上げる、といった付け焼刃的な歌に対する姿勢なんかではありません。

 あくまで小柳ゆき氏が生来「いかにして、聞き手たちの魂を揺さぶるべく音を生み出すことが出来るだろうか」という姿勢を貫き続けてきたことが、ごまかしの効かない型でこの「愛情」において実証されているのです。

 

 言い換えれば、小柳ゆき氏が今回紹介する「愛情/can’t hold me back」の二曲において、質の高い音楽作品とは、あくまでこ先のテクニックは一切通用するものではない、という真実を実践にて示している、といったところです。

 

 「愛情」なる一曲においては、一部始終が衰えることのない高音域にて展開されてはいます。

 そしてなぜ、ここまでの驚異的と言う表現が相応しいまでの仕上がりになったのか、その本質というものをどこに見出していくか、という聞き手の姿勢こそもまた欠かせないと私は思っております。

 小柳ゆき氏の「愛情」を支えた、「can’t hold me back」なる相方 

 実は小柳ゆき氏の名作を語り、その価値を解いていくに当たっては、今回のもう一方の「can’t hold me back」については、むしろ私としては投稿が少ないように思います。

 
 逆に言えばそれゆえに、この価値が他の名曲たちとはまた異なった型で見出せるものであるとも考えております。

 

 これもまた全てのアーティストに共通することですが、例えばライブなんかで滅多にセットリストに上がることのない曲に限って、実はその価値が思いのほか高いんじゃないかな、という点に気付くことが少なからずあるものです。

 
 言い換えれば、どんなアーティストの全ての曲の中には捨て曲というものが一切存在しない、というのもまた私なりの考えです。

 
 というよりもむしろ、希少価値が高く、市場に出回る確率が低い商品に限って、むしろその高い価値に見合っただけの価格が付けられている、という事も見逃せないものです。

 
 勿論、小柳ゆき氏のどの曲たちも甲乙つけることが困難な名曲たちばかりです。

 そんな最高傑作達のなかでも、大勢のファンが見落としがちあるいはあまりピンとこないような曲たちこそがむしろかえって、今まで気付かなかったような価値を見出せるものでもあることが分かりつつあるものです。

 

 質の高い価値を見いだせるべく、「can’t hold me back」なる相方ではありますが、「愛情」とはまたまた異なった、というかより一層洗練された曲の仕上がりになってるな、というのが私なりの感覚であります。

 
 
 音域そのものが幅広い範囲で活用されている、という手法と相まって、高音域に対する余裕な歌いっぷりだけが見どころではありません。

 全ての音域において、自在に声そのものを操っているような感覚が、何事にも縛られずに進んでいく主人公なりの志の現われでもあるのです。

 
 かくして今回紹介した小柳ゆき氏による「愛情/can’t hold me back」が、「あなたのキスを教えましょう」等の名曲たちと共に、小柳ゆき氏の生涯だけでなく、我が国の音楽文化そのものの価値の高いお手本として、現在に至るまで語り継がれているのであります。

 

 
 今回紹介した小柳ゆき氏の「愛情/can’t hold me back」ですが、こちらよりご視聴いただけます👇。

 
  豊富な作品数を揃えた、自宅でレンタルできるサービスです。

 1月あたり月額制にて、8枚までレンタル可能です!!

 まずは30日間のお試しをどうぞ!!

 「DMM小柳ゆきで検索すると、探しやすいですよ!!

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー