Just another WordPress site

ヴァンヘイレンの歴代アルバムで、飛躍に向けたおすすめの一選

2019/06/09

ヴァンヘイレンのアルバムで、これを最高傑作としておすすめします

 
今回はまた、ヴァンヘイレンという、新たなるハードロック文化の新境地を切り開いたグループが歴史に残し続けてきたアルバムを、文字通りの最高傑作としておすすめしようと思います。

 
 そのヴァンヘイレンによる、おすすめのアルバムですが、1986年に発表された「5150」について、まさにこのアルバム一作の存在たるもの、ヴァンヘイレンのそれまでの史上においてだけでなく、ロック文化を語るに当たっても、古今東西なくてはならないまでの存在であります。

 
 早速このアルバムが生み出されるに至った、そのヴァンヘイレンを巡る背景というものをお話ししていこうと思います。

 

 前作「1984」(1984年発表)における実績的にも(全米最高2位、シングル「ジャンプ」は5週連続1位)、既にロック市場のカリスマ的存在として、頂点に立っていたヴァンヘイレンでした。

 
 勿論これも、私自身がヴァン・ヘイレンの一世一代の大作としてお勧めしたいアルバムであることには、変わりありません。

 
 
 がしかし、この期に及んでまたまた、その一世一代のカリスマ的な存在にとっての大転機が訪れることになったのです

 
ヴォーカルを務めてきたデイヴ・リー・ロスが脱退し、代わりに今までのヴァンヘイレンのバンドイメージを大きく覆すべくサミー・ヘイガ―なる人物が加入したのです。

 
 それに伴い、それ以前のヴァン・ヘイレンなる存在をさらに飛躍させる結果となり得たのです。

 
 それこそがまさに、私自身がヴァン・ヘイレンの歴代アルバムの中でも最もおすすめしたい、今回紹介するアルバム一選です。

ヴァン・ヘイレンのアルバム「5150」を最高のおすすめする真価

 
まずはこのヴァン・ヘイレンの最高傑作としておすすめしたい「5150」のアルバムの実績としては、以下の通りです。

 
 アルバム自体としては全米最高1位を記録し、収録曲からのシングル「ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラブ」もトップ3と、新しく生まれ変わったヴァン・ヘイレンは、より多くの支持を受けるようになりました

 
 話しは前後しますが、元々デイヴ・リー・ロスの志向自体としては、当時のモダンの代表であったシンセサイザーを使った曲に対する抵抗感を持っていて、あくまで従来の様にオーソドックスなスタイルの音楽であった、と言われております。

 

 そのことによるメンバー達とのすれ違いがデイヴ・リー・ロスの脱退の理由になったのかどうかについては何も言えません。

 
 がしかし、少なくとも新たに加入したサミー・ヘイガ―のヴォーカルとしての資質が、前任者のスタイルとは大きな差別化を実現化したという揺ぎ無き真実がそこにはあります。

 
 その新任ヴォーカリストの、私がおすすめせずにはいられない決定的な見どころとしては、今までのヴァン・ヘイレンが生み出してきたカリスマ的資質の高い音楽の上に、さらに今までにはなかったような、遥か彼方のどこまでも届いていくかのような、唯一無二のハイトーンヴォイスが加わった、というところです。

 
 ヴァン・ヘイレン側としても、この新任ヴォーカリストのその恐るべし資質を目の当たりにしては、「これこそは!!」と紛れもなき自信を持って迎えざるを得ないというものでありました。

 
  その比類なきヴォーカリストを迎えた第一弾のアルバム「5150」からさらにまた、おすすめせずにはいられない曲を紹介しましょう。

 
 「ドリームス」なるこれまた不朽の名作として語り継がれている一曲で、言ってしまえばこれぞ音楽文化資産としての最大のお手本のうちの1つである、といったところです。

 
 この一曲における物語としては、そのセリフと音楽性共々、夢破れても果敢に立ち向かいそして果てしなき大空へ翔け上がっていくという感覚が味わえます。

 まさに聴く者たちの魂を強く揺さぶる以外の何物でもない、劇的なストーリーが展開されていく、そんな場面を演出しております。

ヴァン・ヘイレンがアルバム「5150」皮切りに、無限の飛躍を!!

 つきましては、今回紹介したアルバム「5150」と、更にはそこからおすすめせずにはいられない一曲「ドリームス」が語ったのは、以下の通りです

 

 ヴァン・ヘイレンなるロック文化の先導を常に切って走り続けてきた一世一代のカリスマ的存在の、飛躍的な進化というべきものでありました。


 既にそれ以前のデビュー以来のヴァン・ヘイレンとしても、デイヴ・リー・ロスなる唯一無二のカリスマ性高きフロントマンと共に先導を切り続けては来ました。

 
 が更にそのカリスマ的地位をサミー・ヘイガ―によって、だた単に恥じることなき受け継がれてきたというだけでなく、先導的カリスマとしての地位のより一層の躍進のために大役を果した、と言うに相応しいものであります。

 

 そのアルバムが発表された1986年以降10年のヴァン・ヘイレンの実績としては、全米第一位のアルバムを後3作世に送り出すこととなったのです。

 

こうして今回紹介したヴァン・ヘイレンのおすすめのアルバム及びそこからのおすすめの一曲を見直してみて教えられました。

 
 
 一度飛躍的な出世の転換期を迎えると、あとはそれをきっかけに可能性は無限大に広がっていくものだ、という正真正銘の実録をヴァン・ヘイレンは残し続けて来てくれたのです。

 
 いわばこれぞビジネスだけでなく、あらゆる生涯の場面において、最大のお手本の1つである、という事にも変わりはないのです。
 

 
 今回お話しした、ヴァン・ヘイレンたるカリスマ的存在の資質たるもの、いかにも既に詰んでいると言われて長いこのご時世の局面を乗り切るに相応しいものとして、「5150」をおすすめアルバム、更にはそのアルバムからおすすめの一曲に「ドリームス」を、私なりに選ばせていただきました。

 

 ご視聴については、こちらよりお願いします。👇 

 
 豊富な作品数を揃えた、自宅でレンタルできるサービスです。

 
 月額制にて、8枚までレンタル可能です!!

 
 まずは30日間のお試しをどうぞ!!

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー