Just another WordPress site

美川憲一の2019年のコンサートは、経歴55周年の大転換期!!

2019/06/23

美川憲一氏のコンサートは、2019年も盛大に開催します!!

 今回は、かの孤高のキャラで名を馳せた歌手・美川憲一氏の2019年のコンサートを間近に控えて、その美川憲一氏の経歴も振り返りつつ、その魅力を解いていこうと思います。

 
 ここでひとまずは、美川憲一氏の年内のコンサート・スケジュールについて、お話ししていくこととします(※当サイトでは、スケジュールの紹介のみとなり、チケットの販売は一切行っていないことを、先にお断りしておきます)。

 
 最も直近のコンサートとしては、「美川憲一/コロッケ」と銘打って2019年6月27日(木)に新潟県民会館の大ホール (新潟県)にて開催される予定であります。

 
 それ以降としては、NHKホールや名古屋にて開催される「パリ祭」に、また同じく「美川憲一/コロッケ」なる名義のコンサートも、名古屋に埼玉県、群馬県で開催される予定です。

 
 そしてこの度の美川憲一氏の2019年コンサート極めつけの1つとしては、「美川憲一 歌手生活55周年記念コンサート~歌いつづけて~」と銘打たれ、2019年10月9日(水)に大阪は新歌舞伎座にて開催されることになっております。

 
 かくして美川憲一氏の2019年のコンサート予定だけを見つめてみても、例えばコロッケ氏なる、かの物マネ界の重鎮的存在としての人物が登場してくれたりしていて、さぞ盛り上がりが期待されることでしょう。

 
 従って、そのコンサートの中身がいかに極めて濃いものとなってくれるだろうか、というのと併せてまた、今年でキャリア55周年を迎えた美川憲一氏の洗練された、質の高い仕事ぶりもお目にかかれることでしょう。

美川憲一氏のコンサートに控え、まずは経歴を振り返ってみましょう

さて今回もまた、過去に投稿してきたのと同じ要領にて、美川憲一氏のこの度のコンサートに向けて、美川憲一氏自身の経歴を振り返るとともに、美川憲一氏が歴史上に残し続けてきた、一世一代の名作達も後ほど紹介していこうと思います。

 
始めに美川憲一氏が歩み続けてきた、紆余曲折のその険しき半生を振り返っていくこととします。

 
もともと美川憲一氏が1965年にデビューするまでの生い立ちなるものは、極めて複雑なものであったと言われております。

 

美川憲一氏が幼少期に実の母親に訳アリでその実の母親の姉夫婦に引き取られたといわれております。

 
そのためにたちまち美川憲一氏自身がこの二人の母親たちを養おうとする志を基に、高校を一年で中退して芸能界入りのため芸能学校に通い出しました。

 こののち1965年に「だけどだけどだけど」で歌手デビューした美川憲一氏ですが、当時の美川憲一氏自身の売りのキャラクターとしては、いわゆる美少年系でした。

 
 ここで「美川憲一」の芸名そのものの由来についてお話ししようかと思います。

 
 
 実はこのきっかけが、よく1966年に発表され大ブレイクする「柳ヶ瀬ブルース」にちなんでいると考えられるのですが、その曲の作詞・作曲を担当した宇佐英雄が柳ヶ瀬で流しをしていたことで、岐阜を連想させるべく木曽川・揖斐川・長良川の3つの美しい川に由来したと言われております。

 
 従って、この「柳瀬ブルース」以来の美川憲一氏の活動としては、例えば1968年の「釧路の夜」(45万枚)に1970年の「おんなの朝」(30万枚)と順調にヒット曲達を発表し続け、そして1972年には美川憲一氏の一大作として最も名を馳せた「さそり座の女」が発表されることになったのです。

 

 併せて、現在のような盛大なコンサートはなくとも、1974年の『第25回NHK紅白歌合戦』まで7年連続で紅白に出演していた美川憲一氏ですが、かの「さそり座の女」以降は目立ったヒット曲がなく、低迷期が続いていたようです。

 

 そして悲しいかな、以来美川憲一氏は1977年に1984年と、二度も大麻事件で逮捕され、それ以来は更なる低迷期が続いても、再ブレイクするには至りませんでした。

美川憲一氏のコンサートに参加する、かの人物が導いた再ブレイク 

美川憲一氏の情報については、既にご存知の方も少なくないとは思いますが、先ほど書いた通り、美川憲一氏の物まねでも一世を風靡したことのあるかの物まね界の先駆者であるコロッケ氏は切っても切り離せないものであります。

 
 まさにコロッケ氏こそがこの度のコンサートに共演してくれるほど、美川憲一氏にとっては切り離せないどころか、生涯の恩人といっても言い過ぎではないほどの不可欠な存在でもあるのです。

 
 実はかつて1980年代に低迷を辿っていた美川憲一氏に救いの手を差し伸べたというに相応しい、コロッケ氏がかの「さそり座の女」をブレイクさせることにより、再び美川憲一氏にとっての再ブレイクの活路が開けてきたのです。

 
 時は1980年代の末期において、当時より既に物まねタレントとして認知度を獲得していたコロッケ氏に対し、美川憲一氏側より自身のモノマネの仕事を依頼したとの言い伝えであります。

 
 
 まずはその美川氏とコロッケ氏との信頼関係の皮切りとなったのが、1989年正月の「オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!」における共演だったのです。

 
 それ以降の美川憲一氏としてはまさに、「さそり座の女」の一曲に代表されるべく、一種の「おねえキャラ」もまた大きな功を奏して、立て続けに新たなるタレントとしての大御所の地位にまで上り詰めたのであります。

 
 またNHK紅白歌合戦には、復帰出演の1991年(コロッケ氏と「さそり座の女」をデュエット)から2009年まで19年連続出場(通算では26回出場)という実績も果たしました。

 
 美川憲一氏にとっては、まさにこのコロッケ氏こそが生涯にとって絶対不可欠な恩師であると悟っており、すなわちその揺ぎ無き証拠こそが、今日に至るまでのジョイントコンサートの開催がまず1つであります。

 
 今なおこうして美川憲一氏がすでに70歳を超え、そしてかつては長き芸能生活において窮地に追い込まれていたにも関わらず、こうして再ブレイク後もまださらに30年近くにも及んでやって来て、今年で経歴55周年を記念するまでに至りました。

 
 
 それも決して如何なる苦境の中でも諦めぬ、不屈の志を貫いたからという一言に他なりません。

 
 つきましては、今回紹介した美川憲一氏の一世一代の代表作「さそり座の女」を始めとした歴史に残る名曲達を、以下より紹介させて頂き、美川憲一氏のコンサートに行かれる方もそうでない方も、楽しんでいただければありがたいと思っております。👇

 

豊富な作品数を揃えた、自宅でレンタルできるサービスです。

月額制にて、8枚までレンタル可能です!!

まずは30日間のお試しをどうぞ!!

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー