Just another WordPress site

映画「トラック野郎」主題歌・一番星ブルースで熱く燃え尽くす!!

2019/09/01

映画「トラック野郎」主題歌・一番星ブルースをなぜ絶賛するのか?

 今回はまたまた映画「トラック野郎」の主題歌・一番星ブルースを、私なりに絶賛すべき天下無双なる名曲として選ばせていただきました。 

 
 という事で早速ですが、この主題歌としての一番星ブルースを私が選び抜いた動機というものを、以下にお話ししていこうと思います。

 

 まずは、映画「トラック野郎」の主人公の愛車である一番星号の装飾そのものが、いかなる不況の時代であっても、此の世の中を盛大に盛り立てる以外の何物でもない演出効果をなしているところにあります。

 
 元々「トラック野郎」を語るに当たっては、満艦飾という表現が、一番星号そのものの代名詞として長年に渡り用いられては来ましたが、こここそが今焦点を当てつつ解いていきたいところでもあります。

 
 
 勿論、映画「トラック野郎」の装飾の世界観たるもの、よくよく夏の夜空にも相応しいことこの上なきものです。

 
 しかしそれだけではなく、一番星号のあの飾りを見るからには、あくまで雨の日も風の日も負けずに全力疾走する、そんなトラック野郎達による生粋な心意気がまた、最大限に映し出されております。

 

 
 したがって私としては、今更ながらこうして映画「トラック野郎」の主題歌・一番星ブルースを選び抜いて書き綴っていくにつれ、改めて新しい一番星ブルースの作者なりの意図というものが見いだせるような気がしてきました。

映画「トラック野郎」主題歌・一番星ブルースで完全燃焼を志す!!


元よりこの一番星ブルースなる一世一代の大作たるもの、いかにも主人公である星桃次郎の生き様そのものを語り尽くしている、とまで語り継がれてきたものでもあります!!

 
 併せて「トラック野郎」自体、お盆及び正月映画として、年間2シリーズに渡って放映されてきたという事は、正月映画として撮影開始される時期としてはちょうど秋の時節である、という事になります。

 

 したがって、映画「トラック野郎」のオープニングにおいて、主題歌の一番星ブルースと共に一番星号とジョナサン号が登場する場面としては、いかにも大衆を常に牽引していくべく、熱きことこの上ない情景描写でした。 

 

 余談にはなりますが、実は映画「トラック野郎」のオープニングにおいて唯一、シリーズ第8作「一番星北へ帰る」のみがどういうわけか、主題歌である一番星ブルースとは異なったサントラが流されました。

 
 奇しくも実はこの第8作というのが、私が生まれて始めて視聴した映画「トラック野郎」の中の第1発目でした。

 

 したがって、私が主題歌である一番星ブルースの存在自体を知ったのはその後ほどだった、という事になります。

 
 勿論、その第8作のオープニングだけでも傑作なことこの上なかったのは、変わりありません。

 
 だからこそかえって私にとっては、この主題歌・一番星ブルースがまたまた一層映画「トラック野郎」の傑作としての価値を、骨身に沁みるまで教えてくれる結果となったのです。

 

 映画「トラック野郎」の主人公の桃次郎なりの資質については、私の視点からも今まで幾度となく本ブログにて書き綴っては来ました。

 

 ここでまずは、訪問者さん達と私自身とで一番星ブルースを語るに当たって見直すべくは、タイトルにもあるようにズバリ!!   完全燃焼と言うところです。


 またさらにその完全燃焼を実現するためには、いかなる思考の下で、どの様に行動すべきか、みたいなところも今から私なりに見出していこうと思います。

映画「トラック野郎」で、一番星ブルースが最も伝えたいこととは

つきましては、私自身が映画「トラック野郎」シリーズを知っていく中で、その二番目に巡り合ったのが第6弾「男一匹桃次郎」でした。

 即ちここにて、生まれて始めて今回お話ししている主題歌「一番星ブルース」とも巡り合えたわけです。

 という事でズバリ!!   早速この曲の世界観にて着目すべきキーワードこそが、男一人旅という語句です!!


 
 正しく、トラック野郎による追っかけの世界を描写したものではありますが、元来トラック野郎というのは「陸の船乗り」とも例えられる職業でもあります。

 
 そんないかにも、旅先で如何なる困難に遭遇するかも知れない、みたいな状況と闘いつつ、いかなることがあっても頼まれた荷は必ず時間通りに送り届けるというのが、トラック野郎の最終的な使命感であります。

 したがって、こここそが一番星ブルースが最も視聴者の我らに伝えたかったことだと、何よりも強く感じ取れます。

 

 もっと言えば、この男一人旅という表現と、先ほど言ったトラック野郎達の世界観を、我々に置き換えて考えてみても、さらに決定的な学びが発見できるというものです。

 そうです、我々は最終的に各々の生涯において責任を取るのは、己自身以外の誰でもないのです!!

 

 よくよく我々は自責と他責という、大きく二種類の人種に分類されると言われております。


 つまり、何か事がうまくいかないのを、時代や景気などのせいにするか。

 それとも、いかなる厳しい状況下でも、身の回りに起きたことにはすべて己自身で向き合い、解決していくか。

 
 言い換えれば、脱依存を図ることこそが、完全燃焼を実現するための第一歩という学びが、今回の一番星ブルースを語っていくに従い、見いだせた新発見でもあります。


 今回紹介した映画「トラック野郎」の主題歌・一番星ブルースのご視聴については、以下よりお願いします。👇

  

豊富な作品数を揃えた、自宅でレンタルできるサービスです。

月額制にて、8枚までレンタル可能です!!

まずは30日間のお試しをどうぞ!!

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー