Just another WordPress site

渡哲也氏の御健闘を祈り、「西部警察」をお届けします!!

2019/10/06

渡哲也氏がCMにて現場復帰の今、「西部警察」の英雄性を振り返る

 
 先月の話ではありますが、「西部警察」や「大都会」などの刑事ドラマで一世風靡した我が国が誇る名優・渡哲也氏が松竹梅のCM撮影現場に姿を現わしました。

 
 近年の渡哲也氏の状況はと言えば、ご存知の方も多いとは思いますが、弟の渡瀬恒彦氏に病で先立たれ、以後自身としても肺気腫を患ったりして、過酷な闘病生活が続いていたようです。

 
 その病が病なだけに、酸素ボンベまで携帯して離せないまでの状態であったとも言われていますが、さすが「西部警察」などで我が生涯をかけたとも言われる主人公を演じてきた渡哲也氏だけであって、病にも屈することなく回復に励んでいるのは、何よりも喜ばしいことです。
 

 
 この渡哲也氏、過去にも直腸がんのような大病を見事に乗り越え、そして78歳を迎える本年もなお、こうして関係者たちの暖かい誠実な支援を受けつつ、「西部警察」の撮影時とは変わらぬ気さくな振る舞いを見せたといいます。

 
 こんな渡哲也氏の今なお責任感の強さすら感じ取れるような姿勢の裏には、渡哲也氏自身の健康問題だけでなく、石原プロ運営や石原軍団解散説など、色々とささやかれてはおります。

 

 しかし、あらゆる世間の視線にも決して流されることなく、あくまで「西部警察」の主人公・大門団長の名に恥じることのない、実直な生き様こそが、渡哲也氏が生涯貫いていくべきものであると、改めて教えられます。

渡哲也氏の揺ぎ無き責任が感じ取られた、「西部警察」撮影事故の対応

 この渡哲也氏が石原プロ社長を務めていた2003年、「西部警察」の名古屋ロケにて正しく石原プロの存続にかかわるような、大事故が起きてしまいました。

 
 名古屋市港区の駐車場にて、カーチェイスの場面撮影にて池田努氏が犯人役の車を追跡中にハンドル操作を誤り、見物客の男女5名に重軽傷を負わせてしまいました。

 

 まさにこの時の、渡哲也氏率いる石原プロの対応は、まさに迅速で誠実極まりなきものとして、あらゆる組織の責任者にとって、最大のお手本になり得たと、世間から絶賛されました。

 
 早速渡哲也氏と池田努氏が被害者達を一人一人見舞いに回り、決死の謝罪の意思を伝えていきました。

 

 そのうちの一人の被害者の女性からは何と、「是非とも西部警察の放映を実施してください!!」と泣きつかれたといいますが、あくまで渡哲也氏としては、

 


 これほどまでにファン達の期待を裏切るような過ちを起こしてからには、我々は「西部警察」を放映する資格はありません

 


 と言わんばかりの、揺ぎ無き責任感こそが、何よりも高潔で生粋な姿勢として、語り継がれるようになったのです。

 
 その後の結果論としては、『西部警察 SPECIAL』名義にてロケ中の事故があった翌2004年10月に、2時間のスペシャルドラマとして放映されました。

 

 くどいようですが、当時の石原プロ責任者であった渡哲也氏の、抜かりなき誠意のこもった対応こそが、「西部警察」ファンのみならず、国民の心を揺さぶったからこそプロジェクトが実現化できたことは、言うまでもありません。

 

 この件だけでなく、言い換えれば「西部警察」とは一大英雄事業ゆえに、渡哲也氏始めとした石原プロ関係者たちによる、民衆への飽くなき誠意と責任の積み重ねでもあったように考えられます。

 


 我が国が誇る、まさに歴史的英雄事業の「西部警察」の数々の名場面は、以下よりご視聴いただけます。👇

 
 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

 月額利用料金は、2,189円(税込)です♪

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー