Just another WordPress site

千葉真一氏、アクション俳優60周年を記念して絶賛投稿!!

2019/11/19

千葉真一氏、アクション俳優としての還暦を、盛大に祝福される

 
 我が国が世界に誇るべく国際的アクション俳優として創始者的存在とも言える、かの千葉真一氏のアクション俳優のキャリア60周年を記念した祝賀会が、2019年11月に都内にて開かれました。

 
 千葉真一氏も気が付けば御年80歳を超えてもなお、未だ生きた伝説として語り継がれているだけあって、言うまでもなくこの祝賀会は極めて中身の濃いものとなりました。

 

 まず、この千葉真一氏の祝賀会には、長女の真瀬樹里氏と、2人の息子で父と同じくアクションスターとしての資質も高く望める新田真剣佑氏に眞栄田郷敦氏も出席しました。

 
 この機会に千葉真一氏としては、真剣佑氏と郷敦氏それぞれに対し父親の立場からも、役者としての本質となる心構えを改めて説くことにより、それこそ歴史に残るべく一大場面としても着目されるべくものがありました。

 
 最も千葉真一氏が彼ら彼女らに送ったそれらのメッセージの旨としては、ザッとではありますが以下の通りです。

 

 まず真剣佑氏に対しては、

 

 
 どんなに苦しくても、それを人前に見せるな

 

 
 というメッセージでした。

 

 
 それこそアクション俳優としてだけでなく、一流の役者たるものは、いづれかはどこかで才能を開花させなければならない

 
 そのためには、如何なる困難にあっても、それを表に出すようでは、成功できない。

 

  
  という風な教えでした。

 
  


 で、2つ目郷敦氏に対しては、

 

 
 
 役になり切れるか、間違っていないか、自己満足になっていないか

 

 
 という思考を、常に自分以外の視点に置き換えて、己自信を見つめ直せ、という教えでした。

 
 

 そして3つ目の真瀬樹里氏に対しては、

 
 

 
 初心忘るべからず

 

 
 というものであり、千葉真一氏よりこの言葉を贈られた真瀬樹里氏としては、

 

 
 今年デビュー25周年を迎え、今まで度重なる困難を先輩たちに支えられながらも乗り越えてきて、今後とも何かにぶつかったときには、まさに初心を思い出しつつ進んでいきたい

 

 と、言う旨のものでした。

 

 なお、以上の千葉真一氏による3つのメッセージにつきましては、勝手ではありますが私なりの言葉に置き換えて、お話しさせていただきました。 

 
 その他、この度の祝賀会には、なお祝賀会には、北島三郎氏に谷隼人氏、別所哲也氏といった面目が出席した模様です。

 

  以上のような型で、この度の千葉真一氏の御年80歳にして、アクション俳優歴60周年という一大名場面が、盛大に祝福されたのです!!

千葉真一氏がアクション俳優として説く、「本物とは何か」

 以上にお話しした、千葉真一氏が息子達と娘に送った名言については、今更ながら改めて、かゆいところに手が届くまでの、私が生涯出会ってきた中でも最も忘れられない大きなお手本になると、確信しております。

 
 まとめ上げるなら、千葉真一氏なりには、アクション俳優という世界観を通して、

  

 

 ニセモノにはなるな!!

 

 
 という事を、身をもって伝えたかったようです。

 


 現実的には、親の七光り的と言われている二世タレントはごまんといるようだが、千葉真一氏なりには3人も子供達がそれぞれ立派な後継者となってくれていることを、誇りに感じているようにも見受けられた祝賀会だったと私は思っております!!

 
 勿論、言うまでもなく今回お話ししている千葉真一氏なりの名言としては、あくまでもアクション俳優の世界だけに通用するものではありません。

 
 どの世界においても、

 

 
 その世界の本物のプロとは一体誰であり、いかなるものであるか

 

 
 という風な真実を見抜いていくだけの目を持ち続けなければ、現実の荒波を乗り越えてはいけない、ということも今回のアクション俳優60周年という大転換期に、自分の子供達だけでなく、世の中に伝えたかったのでしょう。

 

千葉真一氏がアクションを通じて世界に提供してきた、本物の証

 この千葉真一氏に対しては、私としても過去に投稿した様に、その実に60周年にも渡るキャリアにて、多大なる実録を残し続け、例えばジャッキーチェンなどの世界的なアクション俳優達に対しても御手本を示し続けてきた、唯一無二の孤高の存在でもあります。

 
 最も、私なりには本ブログにおいては、千葉真一氏がその命懸けのアクションを通じて道なき英雄への道を切り開くことになった第1作として、テレビドラマ「キイハンター」(1968年~1973年)についても投稿しました👇

https://karisumabeya.site/2019/06/25/

 



 この最高傑作をはじめ、例えば70年代に全盛期を迎えたと思われる、空手等の格闘をメインにした千葉真一氏主演の名立たるアクション映画達を通じても、今回お話ししたように、

   



本物とは何か




という課題について、常に恐れず、怯まずに挑戦をし続け、新発見を積み重ねてきた揺ぎ無き証というものを、実感することが出来ます。

 

つきましては、この機会に改めて千葉真一氏がアクションを通じて、世に示し続けてきたお手本賭しての歴史に残る最高傑作達を、以下よりご視聴いただければ、これほどまでにありがたいことはありません。👇

 

 
名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!! 

 
月額利用料金は、2,189円(税込)です♪

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー