Just another WordPress site

菅原文太兄ぃを追悼し「トラック野郎」を改めて見直します!!

2019/11/26

菅原文太兄ぃ没後数周年後の私にとっての「トラック野郎」

 本サイトにおいては、うんざりするまで「トラック野郎」について語っているこのカリスマ継承漢ですが、2019年における「トラック野郎」完結40周年を語った次いでに、またまた直近の重要な節目というものを思い出しました。

 

 まさにこの「トラック野郎」の主人公を務め、大衆にとっての英雄の座に君臨し続けてきた、菅原文太兄ぃが2014年11月28日に御年81歳で永眠してから、早くも数年もの月日が無情に流れてしまいました。

 

 という事で、今回は菅原文太兄ぃが主に代表作である「トラック野郎」を通じて、その生き様から本当に我々に伝えたかった真実とは何か、という課題を、少しでも解いていければと思います。

 
 まず始めに、今からちょうど5年前と言えば、菅原文太兄いの前には、高倉健氏や「トラック野郎」の監督を務めた鈴木則文氏という盟友達の訃報が相次ぎました。

 
 更にその菅原文太兄いの訃報から約半年後には、相棒のジョナサン役を務めた愛川欽也氏が病死という風に、次々と一世一代の名を馳せてきた英雄たちが、まるで天国へと導かれるような型で、それぞれの誇り高き生涯を全うしたのです!!

 
 そんな今日この頃として、「トラック野郎」を振り返るたびに、そして何より菅原文太兄いの生前を見直すたびに、私がふと感じたことがあります。

 
 
 完全燃焼し尽くす生き方とは、何ぞや

 

 みたいなところです。

 今日のように汲汲としたご時世においては、中々そう簡単にこの課題に対する答えは、見つかりそうもないでしょう。

 

 しかし、だからといって冷めてしまっては、天国へと旅立った菅原文太兄いのみならず、かつて「トラック野郎」にて粋な役どころを演じてきた英雄達が悲しむ、というものです。

 という事で、どうせ「トラック野郎」と、その主人公を務めた菅原文太兄いの生き様を語るなら、私と共に粋に潔くいきたいものであります!!

菅原文太兄いが「トラック野郎」の桃次郎で、本物のカッコ良さを説く

 ここまで言ったなら、菅原文太兄いが「トラック野郎」での主演を通じて、生前我々にとって説いてきたあるべき姿とは何か、という課題に行きつくという感覚です。

 ズバリ!! ここで言ってしまいますが、

 
 不器用でひねくれ者ながらも、人から愛され、そして信頼される存在

 

 こそが、菅原文太兄いが示したかった、本物の人物像ではないでしょうか。

 

 最も、菅原文太兄いと言えば、「トラック野郎」と勝負すべく代表作である任侠映画「仁義なき戦い」でもその名を高きものにしましたた。

 またまた、これらの代表作を語るに当たっては、菅原文太兄いが某週刊誌のインタビューにて、

 
 百姓であれトラック野郎であれ、各々がそれぞれの定めの中で生きている

 

 という風にも語っていたのを覚えております。

 勝手ながら、この菅原文太兄いのセリフも、私なりの言葉に置き換えさせて貰ってはいますが、実に鋭く本質を突いた、現代人に対する最大のお手本となるセリフでもありました。

 

 また、菅原文太兄いの視点からは、ネット文明がかゆいところに手が届くまで網羅された、変化の目まぐるしい現代社会においてこそ、自身がかつて「トラック野郎」などで習得してきた、

 

 古臭くて一見下品ながらも、人間としてのバイタリティーに溢れている

 
 

 ような現場こそが、今日のあらゆる場面に求められるべく姿でもあると、声高にして説いておりました。

 

 これもまたいかにも、決して古い世代の人間による、まやかしのようなお説教、等というべきものではなく、あくまでも職業や世代という枠を遥かに超えて通用すべく、最大のお手本としてわきまえるべくであります。

 この視点だけでも、いかに菅原文太兄いが上辺だけのカッコ良さではない、本物の英雄的美学を提供してくれているか、私には少なくともそういう風に感じて止みません。
 

菅原文太兄い、「トラック野郎」の主人公なりの、完全燃焼な殉じ様

 先ほど菅原文太兄いの生き様は、完全燃焼そのものであったといいました。

 まさにその通り、菅原文太兄い自身の、亡くなるまでの数年間については、捨てられた農地を使って農業に取り組んだり、国民運動グループ「いのちの党」を率いて活動したりと、

 

 文字通り日本再生のために完全燃焼し尽くした


 
 そんな表現が相応しい数年でした。

 

 かの「トラック野郎」で主演を全うした、星桃次郎があれから数十年後には実に、我が国の真なる発展のために全身全霊を賭けてくれたのです!!

 

 それだけではありません。

 実は菅原文太兄い、2007年には膀胱がんを発症し、あるところでは余命宣告を受けたとまで聞いております。

 以来、2012年に再発して本格的に表舞台から引退したと言われた時期を経て、2014年の11月28日に逝去するまでの間はまさしく、

 

 「トラック野郎」の星桃次郎に代表されるべく、凄絶な死闘を生き延びてきた、我々にとっての唯一無二の教本

 
 でもありました!!

 

 ここで私なりに、改めて我々にとっての最大の美学のお手本を、生涯に渡った示し続けて来てくれた菅原文太兄いを偲んで、下記より映画「トラック野郎」のご視聴サービスを紹介させて頂きます。👇

 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!! 

 月額利用料金は、2,189円(税込)です♪

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー