Just another WordPress site

ハリソンフォード が「ブレードランナー」を通して、伝えたかった真実

2019/12/04

ハリソンフォード主演の「ブレードランナー」、2019年設定だった

 気が付けば2019年というのは、かのハリソンフォード主演映画「ブレードランナー」(1982年公開)における時代設定の時期だったのです。

 それも、厳密にいえば、「2019年11月」という、遂先月の時代設定だったという事もあり、それゆえに今回お話しする「ブレードランナー」も、是非とも見逃せない話題の一つでもあります!!

 
 ここで、まず第一に引っかかる点としては、「ブレードランナー」が設定の年より実に37年も前に描いていた、近未来的な感覚が的中しているかどうか、という視点でしょう。

 
 
 最も、あの頃としては、数々のSF映画も注目され始め、ちょうど時期的にもデジタル文明の本格的な幕開けであった、という事もあってか、「ブレードランナー」もまた、そんな近未来的感覚を描写した代表作して、認知され始めたのです。

 
 SF映画と言えば、既にこの「ブレードランナー」以前にも、これまたハリソンフォードが重役を務めた「スターウォーズ」なんかも大注目を浴びておりました。

 

 このように、まさしく近未来的・SF映画というイメージもあってか、ハリソンフォードを主演に迎えた「ブレードランナー」は、「E.T」と並ぶべく当時のSF的な感覚を前面に押し出した代表作であった、と言えるでしょう。
 

 
 という事で、これより「ブレードランナー」なる一大歴史的傑作が、いかなる近未来的感覚を描写し、そしてそれにより

 
 
 
 あくまで興味本位に予言がどうのこうの等と評論するのではなく、現代の我々に対して何を伝えたかったお手本だったのか

 

 という風な学びを生み出していこう、とするところです。

ハリソンフォード主演の「ブレードランナー」、その未来的感覚を復習

 これより、このハリソンフォード主演の「ブレードランナー」を復習しつつ、本作が公開された

 
 あの1982年という視点に立ってみて、再度今日の我々が置かれている社会環境というものも見つめ直せる機会になれば、

 
 とも思っております。

という事で、さっそく「ブレードランナー」のストーリーの概要について、復習していきましょう。

 

 ザッと言うなれば、環境破壊の進んだロスアンジェルスにおいて、人間社会を守るための、元ロスアンジェルス市警のブレードランナーと、レプリカントと呼ばれる人造人間との熾烈な攻防戦、といったところでしょうか。

即ち、ハリソンフォードは本作にて、ブレードランナーの一人であるデッカード役として、主演をこなしたのです。


 ますばこの「ブレードランナー」におけるロスアンジェルスの歓楽街と言い、コンピューター化された駐車場などを見て見ても、いかにも1982年当時としては斬新的であった近未来的な光景が、劇的に描写されております。



 最も、今日としては一見当たり前にように思える場面であっても、当時としては先端を描写していた


 こんな代表作がまさしく「ブレードランナー」であった、とも言えます。

というよりも第一に、レプリカントという存在そのものが、今日でいうところのまさしくAIに値する、というところであり、このレプリカントとの攻防戦を見る限りでは、AIが人間の知能を超えるシンギュラリティ―(技術的特異点)を決定的に描写している、てなところです。

 
 

 以上の視点からしても、今振り返ると、「ブレードランナー」とはだた単に当時のSF映画というカテゴリーの枠を遥かに超えた、

 

 今日の人間社会だけでなく、さらにその先々まで見通した、極めて密度の高い傑作であった

 


 とするのが相応しいです。

 この「ブレードランナー」の公開当時の評価と実績については、同時期公開の「E.T」が興行収入約7900万ドルに対し、約3380万ドルと大きな開きがあったり、『ニューヨーク・タイムズ』でも「めちゃくちゃで、ぞっとする、混乱そのものだ」と酷評されたりもしたようです。

 併せて、ハリソンフォード主演のSF映画として期待されていた一方で、この「ブレードランナー」以前にハリソンフォードが披露していた、『帝国の逆襲』や『レイダース』でのアクションとは程遠いものとなってしまった、という風に、ネガティブな声もあったようです。

 

 
 にも拘わらず、なぜゆえに「ブレードランナー」が今日もなお、質の高い歴史的傑作として見直されているのか。

 

 そここそが改めて今回、見直したい重点でもあります。

ハリソンフォードが「ブレードランナー」を通じ、世界に語ったこと

 結果的に「ブレードランナー」とは、見た目やストーリー自体とはまた別に、本質的な部分では、この2019年11月を的確に見通していたと、私も考えております。

 ここでまた、主演を務めたハリソンフォードの立場としても、環境活活動家として、「気候行動サミット」にて温暖化対策に対するスピーチをして、着目されました。

 ハリソンフォードは、アマゾンの熱帯雨林の役割について述べ、

 

 私達は一人ではない、世界中で新たな力が起こっている


 と主張したのです。

 ここでのハリソンフォードは、だた単に地球環境保護を、人類文明の善悪という視点だけではなく、

 

 
 あくまでも常に非情の荒波が押し寄せている現代社会を生き抜くための叡智とは何か

 


 という問いも投げかけていたように、私は感じております。

 まとめるなら、「ブレードランナー」とは、そしてその主演を務めたハリソンフォードとして伝えたかった真実とは、そういうところにあったという事を、今回教えられたように思います

 

 今回紹介したハリソンフォード主演の「ブレードランナー」については、下記よりご視聴いただけます。👇

 
 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

月額利用料金は、2,189円(税込)です♪

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー