Just another WordPress site

愛川欽也氏の「トラック野郎」での取り組みから、40代が学ぶべき事

2019/12/10

愛川欽也氏も「トラック野郎」出演当時、40代真っ盛りだった

 またここで、「トラック野郎」についての話題に移ります。

 今回はやもめのジョナサン役として出演した愛川欽也氏について、少し前の菅原文太兄いの話題とも関連付けながら、お話ししていこうと思います。

 

 実はこの当時の愛川欽也氏の実年齢としても、まさしく文太兄いと同じ40代の真っ盛りでして、70年代当時において民衆を先導すべく、現役世代の代表格でした。

 愛川欽也氏自身としては、1934年生まれでして、文太兄いよりも1歳年下でした。

 という事は、この愛川欽也氏が「トラック野郎」を演じた1975年から1979年にかけては、41歳から45歳を迎えた年代であった、という計算になります。

 
 
 で、愛川欽也氏演じたやもめのジョナサンとは、元々岩手県県警にてかつて「花巻の鬼台貫」として名を轟かせたものの、飲酒運転で懲戒免職⇒トラック野郎へと転身したという、何とも滑稽な役どころでもありました。

 9人の子だくさんでもあり、主演の桃次郎とは対照的な性格の持ち主で、血気盛んなところを節々に見せながらも、むしろ温厚な性格だったようです。
 

 

 言い換えれば、「トラック野郎」においては、ジョナサンが人情派であるのに対して、桃次郎は破天荒な実録派、とも比喩されたほどでした。

 これほどまでの、独自のコントラストを演出したコンビが喜怒哀楽を共にしつつ、日本列島津々浦々にて、笑いと涙の劇的な場面を展開していったのです!!

 
 

 このまさに、愛川欽也氏と菅原文太兄いによる、「トラック野郎」という歴史的傑作がなかったら、恐らく70年代はまたまた違うものになっていたであろう。

 それほどまでに、この愛川欽也氏と菅原文太兄いという、当時の現役世代の中枢を担っていたとされる、二大巨頭の存在は実に大きいものでした!!

愛川欽也氏の英断により、「トラック野郎」は世に送り出された

 ここで再度、「トラック野郎」が発案された、あの頃についてもおさらいしてみましょう。

 
 第一弾シリーズ「御意見無用」が内定していたとされる時期においては、愛川欽也氏としてはちょうど40歳であったわけです。

 そのまさに、40代の真っ盛りを迎えた一大転機に、愛川欽也氏が「トラック野郎」のための原案をひらめいたのです。

 そして当時愛川欽也氏が司会を務めていたバラエティー番組で知り合った文太兄いと共に東映側に直談判、これにより歴史的最高傑作「トラック野郎」が世に送り出されることになったと、語り継がれております。

 

 さらにまた、愛川欽也氏が証言していた、「トラック野郎」発案の動機についても振り返ってみましょう。

 以前もお話ししましたが、愛川欽也氏がNHKのバラエティー番組にて、東名高速等を走っていた装飾を施されたトラック達からヒントを得たのがまず1つでした。

 さらに愛川欽也氏自身としてもまた、

 


 トラック野郎たちは、我が国の経済を縁の下で支える、立派な裏舞台の主役達である

 


 という旨の証言もしていたのを覚えております。

 

 こここそが正しく、愛川欽也氏が歴史的大英断の一環として、「トラック野郎」の実現化に結び付けた、本質的な動機の一つでもあったと、考えられます。

愛川欽也氏による「トラック野郎」発案も、今日の40代のお手本に

 この前の菅原文太兄いに関する話題同様に、今回お話しした愛川欽也氏が「トラック野郎」の発案者として大英断に踏み切ったというものまた、今日における我々40代がお手本とすべくものでもあります。

 
 しつこいようですが、「トラック野郎」が公開されたご時世としましては、オイルショックとも合いまった恐慌により、戦後初の経済のマイナス成長を記録したりと、それまでにはなかったほど、不調を極めていたとされております。

 

 という事は、多かれ少なかれその70年代半ば当時としては、今日の過酷極まりなき社会情勢とも共通すべくものがあったのは、嘘とは言えません。

 最も、それ故に「トラック野郎」に携わった関係者達としては、人知れぬ幾多もの困難を乗り超えてきたことでしょう。

 無論、愛川欽也氏の立場としても、困難を乗り越えてきたという点については、例外なきものであったはずです。

 

 したがって、それほどまでの過酷な場面をものともせず、というどころが、

 
 

 まさしくその過酷を極めたご時世を陽転させてやろう!!

 

 と言わんばかりの心意気が、愛川欽也氏なりのジョナサンの役柄そのものからも、理屈ではなく伝わってきて来て仕方がない、というものです。

 
「今はそろどころの時代ではないからなぁ」だとか、「そうか、あの頃の40代は今時とは違って、活気にあふれていたからなぁ」というセリフでまとめてしまうのは、いとも簡単なことです。

 

 しかし、ここで「トラック野郎」を始めとした、英雄的資産を語り継いでいかんとする私の立場からも、またちょうど40代真っただ中の立場としても、今まさに言わせていただきたいことがあります。

 今回紹介した愛川欽也氏の「トラック野郎」における生き様は、

 

 如何なる究極の場面においても決して諦めることなく、英断を積み重ねていく

 


 ことでこそ、

 


 民衆に対して数え切れないほどの感動を与え、そして時代を先取りすべく手本を、常に実証してきた

 
 
 ものとして、「トラック野郎」からは必ずや何らかの学びを得ることが出来ます!!

 

 愛川欽也氏の大英断が生み出した「トラック野郎」については、以下よりご視聴いただけます。👇

 

 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

 月額利用料金は、2,189円(税込)です♪

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー