Just another WordPress site

西部警察で大門団長演じた渡哲也氏による40代最強のお手本

2019/12/12

「西部警察」で大門団長役当時、渡哲也氏もまた40代前半だった

 今回も「西部警察」にて、大門団長役を務めた当時の渡哲也氏によるお手本から、今日の40代に対して学ぶべきこと、そしてそこからの課題というものを、見出していこうと思います。

 
 先日の投稿においても、「トラック野郎」出演の菅原文太兄い及び愛川欽也氏について、当時我らの現在と同じく40代であった、という話題から、40代が現役世代の中心として何を学ぶべきか、という風なことを私なりに解こうとしてきました。

 

 したがって今回もまた、これも度々連載してきた「西部警察」において、渡哲也氏が厳密にいえば「パート・Ⅱ」以降より「パート・Ⅲ」における大門殉職の最終回まで40台前半であったという視点からも、

 


 その高い使命感に基づく、40代における先導者のお手本としての生き様

 

 みたいなものもまた、より一層発見できるのではないかな、というところです。

 

 まずは大門団長を演じた渡哲也氏の実年齢についてですが、渡氏自身としては1941年生まれでして、「西部警察パート・Ⅱ」が放映開始されたのが、1982年であり、以来「西部警察パートⅢ」が大門殉職にて幕を閉じたのが、1984年でした。

 
 したがって、そこから計算すると、渡哲也氏としては丁度この時期に、41歳から43歳に当たる時期であった、ということになります。

 
 

 次いでに、かの史上最強伝説としての「日本列島縦断ロケ」が開始されたのも、「西部警察パート・Ⅱ」からでして、言うまでもなく渡哲也氏自身にとっても、生涯最大の英雄事業というものを成し遂げてきた時期でもありました。

 
 ただ、大門団長の「西部警察」における年齢設定というもの自体については、これと言って確定的な情報は入手できていませんが、まあ恐らく、ほぼほぼ渡哲也氏と同じとみるのが相応しいでしょう。

 
 という事で改めて今回、その「西部警察」の大門団長を通じて渡哲也氏が実証した、最強の英雄的事業というものを、おさらいしていこうと思います。

「西部警察」にて大門団長が、孤高の英雄的指導者なりの使命を全う

「西部警察」に関しては、過去に幾度となくそれぞれのストーリーや役どころについても私なりにお話しさせていただいてきました。

 
 ここでまず1つ、実はよくこの大門団長の役職とは何か、という事についても疑問視されてはきました。

 

 
 確かに、「西部警察」放映開始以来、大門団長のポストとしては、例えば石原裕次郎氏演じた小暮課長のような、明確な役職名はありませんでした。

 
 という事は、あくまでも一組織における役職という枠をもはるかに超えた、一大英雄プロジェクトであった、としか言いようがないものです。

 
 まさにその無敵無類なる英雄的プロジェクトが、日本全国津々浦々にて、全国民に感動を与えた、等という表現に尽きず、

 


 まさしく英断力の積み重ねの証としての実録を展開

 

 し続けてきたのです!!

 
 そして、このプロジェクトにおいて大門団長は、「西部警察パート・Ⅲ」の最終回(1984年10月放映の第69話・「大門死す ! 男達よ永遠に…」)にて、

 

 
凄絶な殉職によりその完全燃焼し尽くしたといえる、英雄的生涯を閉じる

 
 

まで、渡哲也氏としてもまた、「西部警察」における大門役を通じて、

 

  40代の現役世代中枢としてあるべく、指導者のあるべき姿

 

 みたいなもののお手本でもあったように感じております。

「西部警察」で大門団長を演じた渡哲也氏から、我らが学ぶべきこと

 今回の締めくくりとしてもまた、我らが今まさに40代における現役世代真っただ中であるという視点から、「西部警察」にて大門団長を演じた渡哲也氏から何を学ぶべきか、というところであります。

 

 確かに今更言うまでもないことですが、今日の40代が生き抜いていく環境としては、過酷の上にさらに過酷を極めております。

 
 ましてや、「西部警察」にて渡哲也氏が大門団長役を務めた、80年代前半期のあの頃のご時世とは、決定的な違いがあるかも知れません。

 

 しかし、例えばいかに40代の大黒柱的な年齢層の多数が大規模なリストラに合おうが、こういうご時世においてこそ、大門団長が実証した、

 

 

 絶体絶命の場面であっても、常に冷徹さを失わずに危機に立ち向かい、最後の最後まで完全燃焼し尽くして、全責任を全うする

 


 ことこそが、今日の我ら40代にとっても、最強の40代のお手本であったことには、変わりはありません。

 
 言い換えれば、


 

 常に襲い掛かってくる恐怖や不安というものに押しつぶされず、いかにそれらを乗り越えていけるか

 

 という風な姿勢を常に捨てるべからず、とも教えてくれた、最強のお手本でもありました。

 

 今回紹介した、そんな最強のお手本から学んだ姿勢の下で、我々は今後とも非情なまでの千変万化に向き合いつつ、生き抜いていくことこそが最終的な使命です!!



 したがって下記より、今日の我ら40代にとっての最強のお手本として、「西部警察」で大門団長を演じた渡哲也氏の生き様をご視聴いただければ、これほどまでにありがたいことはないです。👇

 

 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

 月額利用料金は、2,189円(税込)です♪

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー