Just another WordPress site

「アルマゲドン」のあの感動を、令和の危機脱却のための教本に!!

2019/12/17

「アルマゲドン」のあの感動は、公開数十年後も冷めやらぬものです!!

 
 今回は「アルマゲドン」という、令和の危機脱出のためのバイブルとなるべく、これまた感動の歴史的超大作としてお届けしたい作品があります。

 

 「アルマゲドン」(1998年公開)については、先月にも一度投稿したことがありますが、まさにその世界の終焉から人類を救い出すという、高潔なる使命感を全うした石油採掘作業員達による、全人類の命運を分けた感動の闘いのドラマです。

 こんないい方をすると、いかにもカッコ良いことこの上なきイメージばかりが先立ってしまうものですが、最も「涙腺崩壊」なる語句が最適なまでの感動の嵐を、全世界に巻き起こしたのです!!

 

 元々アルマゲドンとは、「世界の終末」「滅亡」等というものを意味する言葉でして、この映画「アルマゲドン」における世界最後の戦いとは即ち、隕石の衝突から地球を死守すべく凄絶な極限の闘いだったのです!!

それゆえにこの「アルマゲドン」における設定というものは、無論一筋縄でいくものではなく、 それもあらすじとしては、石油採掘作業員達がスペースシャトルに乗り込むという、決定的な演出でした。

それもただの隕石ではなく、テキサス州の規模もの小惑星が近づいており、地球と衝突すれば、その打撃たるもの全ての生命体を消滅させ、地球は水も緑もない不毛の地と化してしまうというのです!!

 
 ちなみにこの「アルマゲドン」の時代設定としては、リアルタイムのまんま20世紀末とという事になっております。

 よってこれより、その20年を経ても冷めやらぬ感動の超大作のあらましに、石油採掘作業員達のキャスティングと等々の見どころについて、お話ししていくこととします。

「アルマゲドン」の、全世界を感動の渦に巻き込んだクライマックス

 
 このプロジェクトのリーダーについては、ハリー・スタンパー(ブルース・ウィリス)が石油会社の社長という肩書で指揮をとっていきます。

ハリーの凄腕の持主である部下・A.j.フロスト(ベン・アフレック)、そしてハリーの娘であるグレース・スタンパー(リヴ・タイラー)等を始めとしたチームがまさに地球を旅経ち、今まさに地球に迫っている小惑星へと向かっていったのです!!

 

 そもそもハリーのチームが、惑星に向かったのはNASAによる提案でした。 

 

 天才採掘作業員で、まさに穴掘りの達人と認知されていたハリー達が、

 

 
 衝突しようとしている小惑星の芯の部分にまで深く穴を掘り、惑星の内部に核爆弾を爆発させて真っ二つに切り離すことによって軌道を変える

 


 
 即ちこれにより、地球が滅亡から救い出すという、まさに感動が感動を呼ぶプロジェクトが、「アルマゲドン」にて壮大に展開されていったのです!!

 この作戦を成功させるまでには、途中で絶体絶命のトラブルに見舞われるべく局面もありました。

度重なる局面を経て、最高責任者として最後の最後までその全世界の命運を賭けた任務を追行すべくハリーは小惑星に残り、他のメンバー達を小惑星から離陸させたのです。

 そして、正しくこの後、「アルマゲドン」の感動のクライマックスの絶対不可欠な名場面が展開されていくことになったのです!!

 ハリーが起爆スイッチを押して小惑星を爆破させ、これにて全人類は滅亡の危機から救われた、感動極まるべく歴史的名場面でした!!

 
 いきなりざっとではありましたが、ひとまずは歴史的最高傑作「アルマゲドン」のあらすじと感動のクライマックスについて、語らせていただきました。

「アルマゲドン」の感動を、エアロスミスのテーマ曲でさらに熱く!!

 

 「アルマゲドン」といえばズバリ!! テーマ曲を担当したエアロスミスの業績も、絶対に疎かにはしたくないものです!!

 

 このまた歴史に残るべく最高傑作こそが「アルマゲドン」公開と同年に発表された「ミス・ア・シング」であり、

 

 
 これがあってこそ全世界がさらに涙腺崩壊に至るまでの、前代未聞の感動の超大作としての「アルマゲドン」なる超大作の価値を絶大なるものとした

 

 
 という表現に尽きます!!

 
 この「ミス・ア・シング」はとして発売され、実績的にも全米シングルチャートで4週連続1位を記録、ドイツ、スイス、イタリアなどでも1位を記録したほどです。

 このエアロスミスに関しては、実はヴォーカルのスティーヴン・タイラーの娘リヴ・タイラーが「アルマゲドン」のヒロイン的存在のグーレスを演じたという事もまた、最大のハイライトスポットでもあります。

 

 ただ単なる親子共演というものではなく、あくまでもそれぞれがこの感動の超大作を絶大なものとすべく、高い使命感に基づいて事を成し遂げたという、揺ぎ無き証でもありました!!

「アルマゲドン」の酷評をも覆すべく感動と危機対策を後世にも!!

 

 この感動の超大作「アルマゲドン」の実績としては、興行収入だけで135億円、配給収入では83億5000万円とまでの誇るべくもの以外の何ものでもありませんでした!!

 

 ただしその一方では賛否両論をも呼んだと語られているほど、酷評の標的にもされたのです。

1998年のゴールデンラズベリー賞として「アルマゲドン」は、最低作品賞、最低監督賞に果ては、リヴ・タイラーが最低助演女優賞に何と、エアロスミスの主題歌までもが、最低主題歌賞として、ノミネートされました!!

 

 今振り返っても、なぜだか理解に苦しむ人達も、少なくはないでしょう。

 

 しかし、よくよく考えてみれば古今東西において、この「アルマゲドン」ほどの超大作ともなるとなおさらのこと、人の感情により好き嫌いが大きく分かれるのは、むしろ必然です。

 

 したがって、その一つの結果論として、今回お話しした「アルマゲドン」もまた賛否両論の代表作にもなり得た、という事です。


 この世間的な酷評だけを捉えて、「アルマゲドン」を駄作と完結してしまうか、それとも「アルマゲドン」が商業的に成功したという事実を素直にありのままに高く評価するか。

 というところでもありますが、少なくともこの「アルマゲドン」とは、前述の如く

 

 

 酷評を呆気なく吹き飛ばしてしまうまでの、本物の感動を全世界に送り届けた、稀代の英雄達による物語



でありかつ、


全世界規模での危機対策ための、令和における2つとないお手本中のお手本

 


 

 な最高傑作であり、正しくこれも後世に語り継ぐべく英雄達の文化資産として絶賛していきたいものであります。

 つきましては、まさにこの感動の超大作「アルマゲドン」こそもまた、この令和の危機脱出の為に送り届けたい存在として、下記よりご視聴いただけます。👇

 

 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

 月額利用料金は、2,189円(税込)です♪

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー