Just another WordPress site

高倉健氏主演のこの代表作もまた、究極の危機対策に向け絶賛です!!

2020/02/10

 今回は高倉健氏主演の代表作「新幹線大爆破」(1975年7月放映)もまた、本サイト定番中の定番である「トラック野郎」シリーズと並んだ、危機対策の代表作として考え直していくとします。

 
 まずは高倉健氏の代表作としては、例えば「網走番外地」シリーズ始めとした任侠シリーズに、「幸福の黄色いハンカチ」等が多くに知られております。

 
 併せて今回お話しする「新幹線大爆破」もまた、高倉健氏の生涯を代表すべく、我が国の歴史に残るべく名作として語ってはいきますが、一見そのタイトルからして、「お前は正気か!?」みたいな印象を受けるとは思います。

 

 それでも、私としては少なくともこれはタイトル通り今日における危機対策にも大いに精通すべく教本としての代表作であるとわきまえております。

 

 
 併せて、高倉健氏なりには主演として、あくまでも「トラック野郎」の桃次郎なんかとは言うまでもなく正反対ではありますが、ここで焦点としたいのはズバリ!!

 



 犯罪者としての主人公を演じることに、いかなる演出意図があったのか

 
 


 というのもまず1つです。

 
 
 先日より何度も何度も繰り返している事ではありますが、今たちまち直面している世界的危機のためには、いかなる知恵が求められるか。

 
 このための一環として、ゆくゆくは「世界的パニック映画」の代表作としても海外で高い評価を得ていく結果になるのですが、その本質的な動機とは、いかなるところにあったのか。

 
 みたいなところも見出しつつ、 あらためて「新幹線大爆破」の大まかなあらすじを追いながらも、

 



 危機対策のための保身に対する、本物の回答はどこにあるのか

 



 という風な課題も解いていくための機会にしたいところです。

高倉健氏主演のこのパニック映画の代表作を通じた、現代に対する伝言 

今更ではありますが、もしもこの「新幹線大爆破」の主演を高倉健氏が演じなければ、あれほどまでの代表作的な評価を得られなかったであろう、というのも偽りなき感覚であります。

 
 それでは、この高倉健氏が演じたパニック映画の中身とは果たして如何なるものだったのでしょうか。

 
 高倉健氏主演の主犯とは、倒産した中小零細町工場の元経営者・沖田であり、沖田は工員の大城(織田あきら氏)及び元過激派の古賀(山本圭氏)と共謀して、精巧な計画に基づいた東海道・山陽新幹線の爆破計画を企てていきました。

 
 すなわち、主犯の沖田としては負け組の代表格として、下層労働者及び反社会的人間を利用しての、犯行計画であった。

 
まあ、今日に置き換えれば、そういう風なところです。

 

 東京駅9時48分発博多行きひかり109号に爆弾を仕掛けた旨の電話を入れた犯人でしたが、

 
 



 時速80キロ以下に減速したら爆発する仕掛けになっている

 
 




 という、当時としては恐らく飛び抜けて高度な技術であっただろうものでした!!

 

 それも放映当時の予告のタレコミにもあったように、

 




 コンピューターの盲点を突く!!

 


 という旨のものであったが故に、製作者側としても困難の上に更なる困難を極めた、まさしく叩き上げの代表作でもあったのは、言うまでもありません。

 

 併せて、主犯の沖田が要求した身代金は500万ドルでした。

 
 この犯行計画を実行していく過程において、共犯であった大城に古賀は、それぞれパトカーとのカーチェイスの末に事故死、及び貨物列車での自爆、という展開になるも、あの手この手を駆使した末に、沖田は望み通りの金額を入手出来ました。

 

 その後沖田はまたまたあの手この手を駆使して海外逃亡を図るも身元が見破られ、最終的には刑事に射撃されて、「新幹線大爆破」は完結を迎えました。

 

 結果的には、高倉健氏がこの主演代表作を通じて、

 
 



 現代社会の闇という視点に立つ事もまた、危機対策に結び付く

 


 という事を伝えたかったのが、強く感じ取れます。
 

高倉健氏主演のパニック映画代表作に見る、待ったなしのサバイバル術

 この「新幹線大爆破」という、稀代のパニック映画の代表作からは、ここ最近繰り返し唱えているように、

 



 明暗の分かれ目を描写している、待ったなしの危機対策

 





 の実用書として、私は絶賛したいのです!!

 

 新幹線に仕掛けられた爆弾を除去する場面であれ、言うまでもない絶体絶命の究極場面には変わりなかったのですが、私から言わせると、

 
 



 「新幹線大爆破」のような、絶体絶命と言われるまでのパニック映画の場面にも目を向けないと、今日における危機対策は実現しえない

 


 てな、言い換えれば、我々は直ちに今目を覚まし、そしてこの切羽詰まった社会情勢に向き合うべきであります!!

 

 無論この姿勢は、古今東西に通じるべくものであることには、変わりありません。

 
 最も、今から40年以上も前の、まだまだアナログの時代であったその頃より既に、「新幹線大爆破」というパニック代表作によって、絶体絶命を生き延びるべく究極のサバイバル術が生み出されていたのです!!

 
 確かに、「新幹線大爆破」の放映当時としては、あくまでそのタイトルからして少なくとも大衆には受け入れがたく、

 



 日本が世界に誇るべく、高度経済成長期の象徴を汚す作品

 



 みたいな感じで、国鉄関係者からのクレームもものすごかったようで、結果的に1975年当時の同時上映の代表作「トラック野郎・御意見無用」とは、売上自体にも大きな開きがあったようです。

 
 またその一方では、放映から1年も経たずして海外にも輸出され、イギリスにフランス、アメリカなどではいかにも「新幹線大爆破」は有数の歴史的代表作として、高い評価を受けてきたとされております。

 

 
ただあくまで、この理由としてはもあくまでも単に高倉健氏が主演したから高い評価を得られた、みたいな短絡的な考えは捨てたいものです。

 
 高倉健氏という稀代の名優による演技と併せて、その演じた世界観がくどいようですが、古今東西後世に渡り引き継がれていく、究極の危機対策の実用書であったからです!!

 

 今回紹介した高倉健氏主演の代表作「新幹線大爆破」についてもまた、下記よりご視聴いただけます。👇

 

 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

月額利用料金は、2,189円(税込)です♪










あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー