Just another WordPress site

ブルース・ウィリス主演の「ダイ・ハード」も、引き続き絶賛投稿!!

2020/02/11

 今回はブルース・ウィリス出演の代表作達の中でも、まさしく世界的危機対策の本質・原点とも言うべき「ダイ・ハード」(1988年アメリカ公開)について、熱く語っていこう、ってところです。

 
 こんないい方をすると、いかにも野次馬根性みたいな風に聞こえるでしょうが、ここを是非とも勘違いしないでいただきたいのです!!

 
 
 常にこの世は無情でいつ何時劇的変化の荒波に伴う、重大な危機的状況に陥ってしまうかもしれないという姿勢が、いつも欠かせないのです。

 
 

 そんなまさしく、時間との凄絶な死闘にも当たる今日の危機対策の一環として、ブルース・ウィリス出演代表作として過去に投稿のの「アルマゲドン」(1998年公開)と並んだハードボイルドの本質作「ダイ・ハード」を紹介させていただきます。

 
 この「ダイ・ハード」については、少なくともその「アルマゲドン」とは、同じブルース・ウィリス出演代表作としても、確かに第一印象では、作風自体にも決定的な差がある様に感じ取れます。

 
 必然的にその作風と併せて、ブルース・ウィリス自身の演じるキャラクターとしてもまた、「アルマゲドン」における石油会社社長のスタンパーとはまた、言うまでもなく異質なものでした。

 
 但し、いずれもその作風及びブルース・ウィリスが演じたキャラクタ―とはいかに大差がある様に感じても、本質的にはどこかに必ず共通する危機対策の本質が見いだせるはずです!!

 
 という事で、今回はブルース・ウィリスが演じた「ダイ・ハード」という視点から、私としても今まで気づきそうでなかなか気づけなかったような知恵袋が見つけられるかも知れないものです。

ブルース・ウィリス特有の最大の危機管理の教本「ダイ・ハード」 

「ダイ・ハード」までの究極のハードボイルド最高傑作なんかは、ブルース・ウィリスでなくては高い評価はあり得なかった、というほどまでの特有極まりなきものでした。

 
 最も、この「ダイ・ハード」のほかにも例えばシュワルツェネッガー主演の「ターミネーター」みたいな最高傑作も言わずと知れたものですが、「ダイ・ハード」はまたまた飛び抜けたクセの強さを漂わせておりました。

 
 というか、そもそもこの「ダイ・ハード」放映当時のタレコミには、是非とも着目せずにはいられないものです!!

 
 まずその一として、「ダイ・ハード」を演出意図に沿って翻訳すると、

 

 

 なかなか死なない・しぶとい奴

 




 みたいなニュアンスがあるようです。

 

 しかもブルース・ウィリス演じた主人公のニューヨーク市警巡査部長ジョン・マクレーンとは、

 


 


 最も不運でかつ、簡単には死なない不死身の男

 



 の異名を持ち、無鉄砲で命知らずな役柄とされていました!!

 


 にもかかわらずその一方ではまた、偽造された身分証明書を見抜いたり、たばこの銘柄から犯人の出身国を判別等の高度な判断力、果てはコンピューター室での銃撃戦によるゲリラ戦またに即席時限爆弾を作ったりと、

 

 人並外れた知能の持主としての、英雄的戦士であった

 
 




 ことも、描写されております。

 
 という事は、この高度な知能という視点からすれば、少なくとも同じブルース・ウィリスが演じた「アルマゲドン」におけるスタンパー社長とも共鳴すべく点が見受けられるところでもあります。

 

 すなわち、先ほど話した「アルマゲドン」と「ダイ・ハード」との決定的な一大共通点こそがここであり、最終的には何よりも、

 
 


 待ったなしの究極の場面における、最大の危機脱却のバイブル

 



 としての価値を見出すべく二大最高傑作であったともいえます。

 
 いかに「アルマゲドン」が最低主演賞始めとした、散々な社会的評価を受けたといえども、少なくともブルース・ウィリスとしては「ダイ・ハード」と「アルマゲドン」における演出力は、神憑り的であったというに等しいものです!! 

ブルース・ウィリスによる「ダイ・ハード」での、最善の危機対策

ブルース・ウィリスによる、その神憑り的な演出力と今日に求められている危機対策の在り方とは、どのようにして結び付けていくべきものでしょうか。

 
 ズバリ!! 高度な頭脳の思考回路に裏付けされた、不屈のしぶといまでの実践力と速やかな決断力こそもまた、最善かつ最短の危機脱却の本質である

 
 
 という事です。

 
 つまり、千変万化していく社会情勢における、情け容赦なきまでの危機の荒波を乗り越えるためには、

 



 有益となる本物の情報と知恵袋とは一体何物であって、どこに見出せるか

 


 という風なところを常に虎視眈々と見極めつつ、行動していくべきものです。

 

 まさに「ダイ・ハード」のマクレーン刑事は無鉄砲で怖いもの知らずとは言えど、その高度な知能に裏付けされた行動にこそ、今日の我々にとっての危機対策のヒントが隠されている、というものです。

 
 こういう裏付けがあってこそ、いかに過酷な状況下であっても、決して己を見失わず常に冷徹を貫いて突き進んでいける以外の何物でもありません!!

 
 したがって我々もまた、ブルース・ウィリスがかつて演じた「ダイ・ハード」におけるマクレーン刑事を見習い、たゆまず知恵を働かせながら、しぶとくプレずに危機に向き合っていくべきものです。👇

 
 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!


月額利用料金は、2,189円(税込)です♪




















































あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー