Just another WordPress site

「特命係長只野仁」のセカンドシーズンで、このご時世を生き抜く心得

2020/03/02

 今回は「特命係長只野仁」というドラマの、それもセカンドシーズンに焦点を当ててお話しすることにしました。

 
 それではまずなぜ、この期に及んで「特命係長只野仁」の話題何ぞ出すのか? と言うところですが、ここの動機から入っていこうと思います。

 例年本来なら、この時節ともなると、例えば卒業式シーズンとも相まって、お涙頂戴のお別れソングなどとはまたまた違った、新出発への心構えのための名曲などを紹介したいところではあります。

 ところが、既にご存知の通り、たちまち今もっては例のウイルス拡大に伴う感染者発覚や死者の増加などなど、外出すらもままならず、小中高・果ては大学の卒業式や入学式すらもままならない状況であります。

 
 
 したがって、このようなご時世の為に、本サイトより提供したい話題としては、やはり「特命係長只野仁」の、それも同番組としては躍進作となり得たセカンドシーズンについて語っていこう、となったのです。

 
 元々この「特命係長只野仁」については、主演がかの「サラリーマン金太郎」と同様の高橋克典氏であることも相まって、これまた孤高の硬派で熱血な代表作としても、その名を絶大なものとしました!!

 

 という事でこれより、この唯一無二の孤高の名作「特命係長只野仁」そのものについての見どころと併せてまた、このセカンドシーズンの位置づけ及び躍進作となり得た焦点等々について、お話していこうと思います!!

「特命係長只野仁」セカンドシーズンが躍進作となり得た焦点とは 

 まずはこの「特命係長只野仁」の、その主人公の役柄について復習しなければ、当然ドラマ自体の見どころも理解不可能というものであります。

 
 「特命係長只野仁」とは、大手広告会社「電王堂」の総務二課係長でありながらも、日頃はいわゆる窓際族的であって、かつ不器用で典型的なダメ社員に当たる人物でした。

 
 それがいざ一皮むけば、企業内では解決できないスキャンダルや不正行為を次々と成敗していく、「特命係長」としてなくてはならない存在でした。

 
 それもこの特命を命じていたのは、昨年末に逝去した梅宮辰夫氏演じる黒川会長である、というのもまた是非とも見逃せないところではあります。

 


 という事で、早速この躍進作となり得たセカンドシーズン放映についてのあらましについて、お話ししていくことにします。

 
 期間としましては、2005年1月14日より3月18日にかけて、全10話が放映されました。

 

 次に大まかではありますが、セカンドシーズンにおいては、いかなる話題が展開されてきたか、という事についてです。

 
 まず、ファーストシーズンにおいての話題としましては、社内不倫から女子アナ、そして出向命令などについての話題がありましたが、セカンドシーズンとしましては全シリーズの中身をさらに濃くした、密度に高いスキャンダル路線へと向いていった、てなところです。

 
 中身的には、一見ではありますが、例えば社内不倫などと言う枠を遥かに超えて、タレント志望の女とのスキャンダルから果ては銀座の女、そして時にはホストの話題の取り扱ったような、「特命係長只野仁」の闘いにも更なる磨きがかかったような感じになっております。

 
 元々この「特命係長只野仁」なりのスキルとしましても、ただ単に鍛え拭かれたその身体能力のみならず、不正や犯罪などを見抜く能力もずば抜けていて、一人で大勢を倒せるほどの戦闘能力を持っております。

 
 ちなみに今回お話ししているセカンドシーズンにおいても、バイク相手に素手で一対一の闘いを展開する一場面もあります。

 

 ここにおける「特命係長只野仁」なりの闘い1つを取ってみても、そのバイクをよける瞬間のしなやかな身のこなしといい、いかにも向かうところ恐れず、怯まずといった感じであります。

 
 結果的にこのセカンドシーズンにつきましては、平均視聴率で前シーズンの12.0%に対して14.1%を記録し、これに続くサードシーズンもまた14.3%を記録するにまで至りました(以上はビデオリサーチによる、関東地区の世帯対象のデータとなっております)。

 

 以上のようなところが、「特命係長只野仁」のセカンドシーズンが躍進作となり得た真実を実証しております。

「特命係長只野仁」セカンドシーズンにおける、サバイバルの本質 

 この「特命係長只野仁」の生き様もまたまた、世を代表すべく英雄的最高傑作ではあります。

 

 それも驚くべきことに、何と言っても本サイトではこれまで何度も何度もお話ししてきた、「トラック野郎」シリーズの桃次郎とも決定的な共通点が多々見られる、と言うところです。

 
 というよりも、その「特命係長只野仁」といい桃次郎としましても、言うまでもなく今まさに我が国に求められている、民衆にとっての鏡となっている事には変わりありません。

 


 今たちまち全世界を取り巻いている、人類史上前代未聞な危機的環境に限らず、古今東西における環境の変化を生き抜いていける。

 
 正しく、そんなお手本の一つとして今回お話しした「特命係長只野仁」セカンドシーズンもまた、下記よりご視聴いただけます。👇

 

 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

月額利用料金は、2,189円(税込)です♪


あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー