Just another WordPress site

江ノ島の観光地付近がこの週末に渋滞、更なるコロナ感染拡大の恐れ

2020/04/20

 
この週末、湘南の代表的な一大観光名所である江の島付近の海岸沿いの道路が大渋滞するという、空いた口が塞がらないまでの、驚愕な現象が発生しました!!

 
 いわゆる、都心部の密集地を避けての、いわゆるコロナ疎開、みたいなものと同質なのかも知れませんが、今更ながらなぜ、ここまでして危機的な認識の薄い人達がこんなにも多いのか。

 
 という事で、この驚愕な現象が発生した江の島の観光名所における、週末の実態からお話ししていこうと思います。

 報道では、いわゆる外出自粛の「リバウンド」的なものとして報じられては
おりますが、特に江の島海岸ではなぜか、家族連れ始めとした、大勢の人達が砂浜で遊んでいる映像が映し出されました。

 
 その光景だけを見て見ても、少なくとも人が密集していることとは何ら変わりはありませんし、いかに国家規模で外出自粛を強く提唱しても、あの調子では少なくともいつまでたってもコロナ危機は終息しそうにないな、と思わざるを得ませんでした。

 
 去る4月19日は、確かに関東地方においては、20℃を超える晴天だったこともあり、この江の島に限らず、恐らく各地の観光名所においても、人出が少なくはなかったんじゃないかな、と言うところでもあります。

 
 江の島が存在する神奈川県は藤沢市の観光大使であるつるの剛士氏もまた、江の島辺りが他県ナンバーで大渋滞していたことに対して、決定的なコメントをしております。

 
 晴天であったにも関わらず、いかにもその立場的にも複雑な心境で、藤沢市もコロナ感染拡大しているため、改めて皆様にご協力をお願いしておりました。
 

 
 藤沢市としてもまた、いつ、どこで、誰が感染してもおかしくない状況であって、ただ単に地元の観光資源を守るのみならず、あくまで市民一丸となってコロナ危機を乗り越える様に呼びかけました。

 
 つきましては、、この度の江の島だけでなく、更には全国における観光地という観光地もまた、コロナ疎開に来た他県ナンバーが目立っているのではないか、という危惧を抱きつつ、こちらからもコロナ危機を乗り越えるために、何度も何度も呼び掛けていくこととします。

江の島だけではない、各地の観光地における、コロナ感染拡大の可能性

 江の島以外に、いわゆるコロナ疎開で話題を呼んだこととしては、ついこの約2週間前までコロナ感染者0を記録していた、鳥取県の砂丘に於ける、東京からの流出でした。

 
 いかにもコロナ地獄から逃げ延びてきた、とでも言わんばかりに、これまた全国的な観光名所である鳥取砂丘においては、東京からの疎開者達が多く目立ったようです。

 
 勿論言うまでもなく、この度の江の島の観光地と同様な、開いた口が塞がらないまでの光景は既にどこかで展開されてきたのです!!!

 
 最も、疎開してきた東京の人達からは、自分達はコロナ感染者ではないのだから、感染者0の鳥取なら絶対に大丈夫!!  という、身の程知らずなまでの自信過剰ぶりも垣間見えたようです。

 
 ただし、ここでコロナ疎開してきた人達に考え直してもらいたいのは、何か絶対的に感染しないという科学的根拠でもあるのかどうか。

 
 そしてそれを、確定的に実証できるものなのかどうか。

 
 私としては、そういうところを声高に伝えたいものであります。

 
 また石川県においては、先月末に知事の側から、「無症状の型は、石川県にお越し下さい」と観光推進を呼びかけ、大問題にもなりました。

 
 これではコロナ感染者爆発により、地域自体が壊滅状態となる、そのことをなぜ知事は見通せなかったのでしょうか?

 
 まあ、今更そんなことを言ってもキリはありませんが、少なくとも誰しもがコロナに絶対感染しない、という根拠はどこにもないのです。

 
 というよりもそれ以前に、コロナウイルスそのものの正体が未だに解明されていないため、常に我々は生命の危険にさらされている、というものでもあります。
 

 以上のような認識を改めて持ってもらい、その認識に基づいた行動をとることにより、江の島だけでなく、全国の観光資源保護にも結び付けてもらいたいものです。

江の島そして全国の観光資源を、コロナ危機から守り抜くために

 この度話題になった江の島はじめとした、全国の観光資源を守り抜くという事は、言うまでもなく国家の資産を守り抜く、という重大な使命でもあるのです。

 
 例えばもし、こんなことがあってはならないのですが、江の島界隈の観光地で拡大が感染すれば、後々の客足はどうなってしまうのか。

 
 
 ここまで来ればもはや、風評被害などと言う次元ではなく、一度失った信頼は取り戻すことが出来ない、という状況にもなりかねません。

 
 一体何のために、最前線にてコロナ終息に向けての壮絶な死闘を展開している専門家たちだけでなく、市民がそれぞれ声高にして叫び続けているのか。

 
 そして私自身としてもまた、いかなる意図に基づいて投稿を繰り返しているのか。

 
 という事で、コロナの早期終息を心底より願うに当たり、本サイトにおいてはイチオシサービスとして絶対不可欠な、以下の動画配信サービスを紹介させていただきます。👇

 
 動画配信サービスなら、あくまでも場所を選ばずに、勿論外出せずとも楽しめる代表的サービスとして、是非ともお勧めしたいところです。


 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!


月額利用料金は、2,189円(税込)です♪












あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー