Just another WordPress site

「マネーの虎」での成立者が、一世一代の新規開拓を実現!!

2020/04/27

 
今回は「マネーの虎」という、今世紀初頭に放映された起業志願者向けの番組について、お話ししていこうと思います。

 
 応募した起業志願者達が、成果を出し続けているお手本となる実業家達を審査員として、それぞれの事業企画について紹介し出資を募っていく、という展開が大きな話題を呼んだ、リアリティー番組です。

 
 番組における成立条件としましても、「例え1円でも出資金を下回ったら不成立」というのもまた、有名な話しです。

 
 この展開の中でいわゆるマネー成立を実現した志願者達が起業し、正しく夢を現実へと変えていく、一世一代のサクセスストーリーを毎回視聴するたびに彷彿させられたものでした。

 
 番組終了から15年以上経った現在もなお、かつてマネーの虎として応募者達を審査する立場にあった実業家たちが、今度は「令和の虎」というYouTube番組を発足させ、あの当時の理念を受け継ぎながらも新世代の志願者達に次々と手ほどきをしている、とのことです。

 
 あくまでもピンからキリまでいる志願者達の中でも、見事マネー成立を実現した件数としては、全体から見てせいぜい少数かも知れませんし、中にはかつて「虎」として大きな口を叩き続けていた社長達の中にも、今はお目にかかれない人物もいるようです。

 
 それほどまでにこの「マネーの虎」という番組自体、他に類を見ないまでの抜群な価値を視聴者達に提供してくれて来た、という風な印象が、私個人だけでなく、多くの人達に共通すべくはずです。

 
 但し、番組そのものの性質上、言うまでなく成立には度重なる難を伴うべくものでもあり、「マネーの虎」として出資に対する審査をする側の社長達としても、時として情け容赦なき場面が少なからずありました。

 
 中には、審査側の社長達同士による対立、激突といった場面も覚えております。

 
 確かに独立して一大事業を起こす、という行為自体が、過酷な生き残りであるのだから、それで当たり前と言ってしまえばそれまでで、ましてや虎達としてはなおさら言うまでもないことです。

 
 しかし、だからといって「マネーの虎」は必ずしも手の届かない、自分達とは縁遠い何か特別な世界の話ではないと、私は考えております。

 
 そこでこれより、「マネーの虎」にて見事出資金全額成立を果たした、ある一例を紹介していこうと思います。

「マネーの虎」成立を果たした、ある国民的番組出演の双子兄弟

 ピンからキリまでいる歴代の「マネーの虎」成立者達の中でも、ふとこれは!!  とさり気なくにも目についた、そんな元出演者による、一世一代のサクセスストーリーを今ここに、お話ししていきます。

 
 ズバリ!!  最初に言ってしまいますが、30年以上続いた国民的人気バラエティー「笑っていいとも!」での青年隊を務めていた、双子の工藤兄弟です。

 
 元々この工藤兄弟は「ホリプロスカウトキャラバン」にて特別審査員賞を受賞したのがきっかけで芸能界入りし、「笑っていいとも」の他にも優れた運動神経を活かして話題を呼んだとなっております。

 
 その工藤兄弟が「マネーの虎」に出演したのが2003年で彼らとしても当時30代に入ったばかりで、虎達の第一印象としてもまだまだ若気の至りが抜けていないな、という風でもありました。

 
 私自身から見ても、その若気の至りが故に、多少たりとも空回りした発言が目立ったかな、というところでもありました。

 
 にも拘わらずなぜか、工藤兄弟と虎達とのやり取りが、「マネーの虎」においては、劇的な展開となっていったのです!!

 
 
 先ほど工藤兄弟は運動神経が優れている、とは言いましたが、その工藤兄弟にとっての一大転機となったのが、兄の順一郎氏が椎間板ヘルニアを患ったことでした。

 
 
 まさにこの時、腰痛や肩こりの予防改善となるべくトレーニングと出会って兄弟でインストラクターの資格を取得して、社長達の面前でトレーニングを実践し、希望の555万円が成立したといういきさつでした。

 
 番組内における実践場面としてもまた、言ってしまえばいかにも実用性があるものでした。

 

 このトレーニングは「スタビライゼーション」と呼ばれ、いわゆる体の安定性を高めるために主導筋よりもむしろ補助筋を刺激することを重点としていて、当時としては従来のトレーニングとは差別化を図るべくものであったとも思われます。

 
 早速虎達にもこのトレーニングを実際に試してもらった結果、いかにもキツイけど「身体に効く」トレーニングであったとして、これこそがゆくゆく大きな売りになっていったのではないかな、ってところでもあります。

「マネーの虎」にて、工藤兄弟が成立を果たせた本当の理由

 今更ながらなぜ、工藤兄弟が狭き門とでも言うべく、マネー成立を実現できたのか。

 
 最終的には、ここが最大の焦点となるべくところでもあります。

 
 話しは戻りますが、番組開始早々、虎をして「大人げない」とまで言わしめたにもかかわらず、マネー成立できたのは、工藤兄弟によるトレーニングが人の悩みを大きく解決に導いてくれるだろう。

 
 そんな価値提供を、虎達に実践をして証明してくれたからだと、いう風な表現に尽きます。

 
 併せてもう一つ、マネー成立に導いた決定的な理由としては、順一郎氏が腰を痛めたことで、従来の運動神経を売りにする道とは、またまた異なる新たな選択肢が開けてきた、というところであります。

 
 言い換えれば、1つの道にとらわれず、視点を広げて横展開を始めたことが成功に繋がった、とまさにそこです!!

 
 この「マネーの虎」出演以降の工藤兄弟なりのゆく道としては、2008年にホリプロを退社して独立、個人事務所を設立して体操指導員になり子供向け体操教室を開校したとのことです。

 
 「マネーの虎」にて見事成立し、DVDを発売して一見順調に歩んできたようにも思えた工藤兄弟でしたが、現状に甘んじてそこに胡坐をかくことなく、精進してきた。

 
 ここもまた、「マネーの虎」成立者という名を決して汚すことのない、ビジネスマンとしての素晴らしいお手本でもあった工藤兄弟でした!!

 
 という事で、「マネーの虎」における成立者の一例でもある、工藤兄弟が企画してくれたDVD「工藤兄弟のスタビライゼーショントレーニング/スタビでシェイプアップ」を、下記にて紹介させていただきます。👇

 
 日頃の健全な生活維持と併せて、様々な型で発生するストレスの軽減にも結び付いてくれれば、と思っております。


豊富な作品数を揃えた、自宅でレンタルできるサービスです。

月額制にて、8枚までレンタル可能です!!

まずは30日間のお試しをどうぞ!!










あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー