Just another WordPress site

ヴァンヘイレンによる最高傑作として、絶対不可欠な存在を厳選!!

2020/07/27

 

今回はヴァンヘイレンという、本サイトにおいては例えばオジーオズボーンにエアロスミス等と同様、ロック界では絶対不可欠な先駆者的存在を語っていこうと思います。

 
 という事で、同じくヴァンヘイレンによる最高傑作達の中でも、この度としては「飛躍」というキーワードにも焦点を当てつつ、彼らのカリスマ的な資質を見出していかんとするところでもあります。

 

 そこでまずは、今更ではありますがヴァンヘイレンが70年代後半において、電撃的なデビューを果たし瞬く間に頂点へと輝くことになったあの時期を原点として、歴史に残る最高傑作達を振り返っていくこととします。

 
 1978年にシングル「ユー・リアリ・ガット・ミー」にてデビューを果たしたヴァンヘイレンでしたが、同年リリースしたファーストアルバム「炎の導火線」で全米最高位19位を記録すると共に150万枚の売り上げを記録、さらには同年異例の速さでの来日も実現しました!!

 
 以来のヴァンヘイレンとしてはまさに快進撃という感じで、続く2枚目のアルバム「伝説の爆撃機」から「暗黒の掟」、そして6枚目のアルバム「1984」に至るまで、立て続けにプラチナディスクを獲得した最高傑作達でした!!

 

 また話は戻りますが、実はヴァンヘイレンが初来日時においては、スクープとも言うべく衝撃の一コマもありました。

 
 それもよりによって、本サイトでは絶対抜きにして語れない、トラック野郎は第7弾「突撃一番星」出演当時の文太兄いが、一番星号の前でヴァンヘイレンのメンバー達と記念撮影していたのです!!

 

 これほどまでの動かぬ証拠が残されているからには、いかにヴァンヘイレンたる存在もまた、星桃次郎同様に大衆を先導すべく孤高なる英雄であったかを、教えられるところです。

 
 以上のようなヴァンヘイレンがかつて辿ってきた歴史に視点を置きつつも、さらにこの孤高なるカリスマが世に送り出してくれた最高傑作について、熱く語っていこうと思います。

ヴァンヘイレンによる、飽くことなき進化を代表した最高傑作

 
 ヴァンヘイレンによる最高傑作達の中でも、特に厳選し抜くなら、どの作品にすべきか、迷うところではありますが、まず私なりの直感からして何よりもピンとくるのが、以前にも投稿したことがある「1984」です。

 
 そのアルバムからさらに厳選した名曲を取り上げるなら、「ジャンプ」が古今東西において最も認知度の高い不朽の名作ではあります。

 

 がしかし、流石は全世界を代表すべくカリスマ的存在だけあって、この「ジャンプ」をさらに飛躍させた最高傑作達が後々生み出される型になりました。

 
 ズバリ!!    このアルバムこそが1986年に発表された「5150」でした。

 

 「5150」における最大の売りとしては、ヘヴィメタル・ハードロック全盛期という時代背景にも伴った、シンセサイザーを採用しての、モダンで最先端なる音楽的感覚でした。

 
 最も、最新鋭のデジタル技術を象徴すべく音楽路線については、既に前作の「1984」発表当時としても認識済みではありました。

 

 またまたさらにその進化系を実現化した最高傑作こそが、今回私なりに厳選し尽くしたあの「5150」だったのです!!

 
 という事で、この最高傑作のハイライトスポットを取り上げて、語っていくことにします。

 
 いきなりではありますが、この最高傑作を語るに当たってはどのみち1つ忘れてはならないのが、ヴォーカルがデビュー当時からのデイヴ・リー・ロスからサミー・ヘイガ―へと交代された事でした。

 
 
 勿論両者とも、ハード・ロック文化の歴史を語るに当たっては、言うに及ばす素晴らしいシンガーではあります。

 それがさらに、ヴァンヘイレンは「5150」においてさらにこのサミーを迎えたことによりそれまでにはなかった新陳代謝を成し遂げた、そんな歴史的な大転換期でもありました!!

 
 そうです、サミーによるヴォーカルこそが、「5150」に限らず、それ以降のヴァンヘイレンにおいても唯我独尊なるカリスマを決定づけるべくトレードマークであり続けたのです。

 
 どこまでも伸びていくような、パワフルで張りと艶の豊かな高音域。

 
 それでいてまた、付け焼刃で力任せではない、メロディアスな歌唱も絶賛すべきです。

 
 

 併せて、これほどまでのサミーによる歌唱と、特有の最先端的な音楽性が堪能できる最高傑作からさらに厳選した収録曲としては、何てったって「ドリームス」の一曲だけは絶対不可欠です!!

 
 ついては、この「ドリームス」一曲だけでも、ヴァンヘイレンを語るに当たっては、どれほどまでにそのカリスマ的な資質を実証すべくものか、紹介していきましょう。

 

 ザッと、この曲自体のストーリーとしましては、苦しみや悲しみを乗り越えて、天高く翔け上がっていこうとまでの、新たなる決意が描写されている感覚です。

 
 一見典型的なまでシンプルなストーリーではありますが、いかにも当時ヴァンヘイレンが大衆を先導すべく存在として、より一層の進化を志した、そんな演出意図が痛いほど伝わって来ます。

 
 結果この「5150」の実績としても、空前絶後の超大作として世界的に認知され、全米最高位1位まで登り詰めました。

 

 本物の成功者とは、どこまでも飽くなき進化を成し遂げていくものなり、と言うべき揺ぎ無き姿勢が、今回紹介したヴァンヘイレンによる最高傑作に最大限に演出されていました。

ヴァンヘイレンによる最高傑作を通じて学んだ、カリスマとしての幸福

 
 ここでまた、単にヴァンヘイレンによる最高傑作を厳選・紹介して完結というのは、実に勿体ない事この上ありません。

 
 という事で、その最高傑作を紹介することを通して学んだことを、いかにして今後実践に向けていくか。

 

 これこそもまた、私が紹介するに当たっての、最大の課題でもあります。

 
 そのためにも、この度ヴァンヘイレンによる生き様として学んだことを、一括りにまとめ上げるとします。

 
 いかに世間をあっと言わせるような大成功を成し遂げてもなお、現状に満足して胡坐をかくことなく、次なるステージへと目を向けて行くことこそが、高い信頼の獲得に結びつく、ということです。

 
 即ち自己満足の誘惑に決して流されず、初志貫徹して進化し続ける事こそが、本物のカリスマとしての使命であり幸福につながると、ヴァンヘイレンは今回紹介した最高傑作を通して、我々に説いています。

 
 今回紹介したヴァンヘイレンによる「5150」に代表されるべく最高傑作は、下記よりご視聴いただけます。👇


 豊富な作品数を揃えた、自宅でレンタルできるサービスです。

 
 月額制にて、8枚までレンタル可能です!!

 
 まずは30日間のお試しをどうぞ!!


 




























































あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー