Just another WordPress site

「西部警察」での、あのカースタントが最も極限の場面でした!!

2020/09/16

 
今回は「西部警察」は、カースタントに焦点を絞って話題を紹介していきたいのですが、ピンからキリまであるカースタントの中でも、今になってズバリ!!    これこそが究極である、と厳選した一場面を紹介していきます。

 
 元々「西部警察」におけるカースタントはと言えば、例えば代表的に知られているであろうことしましては、フェアレディZでの運河越えに諸々の爆破シーン、という風なところだとは思います。

 
 またどれもこれもがただ単に過激なだけでなく、スタントマン自身により、計算され尽くした洗練の職人技以外の何物でもありませんでした。

 

 それが「西部警察パートⅢ」は全国縦断ロケの一環である宮城編にあたるのですが、犯人を追い詰めてもう後がない、といった極限状態を最も体感できた、そんなカースタントに関する話題です。

 
 ただでさえ言うまでもなく、カースタントに限らず「西部警察」での場面は、現代からだけでなく、当時から見てもあり得ない演出でした。

 

 中でも今から紹介する場面こそがまた、あのシリーズの作風とも相まって、どの角度から見ても「西部警察」史上最も桁外れとして選び抜いた一環としての、カースタントの場面です。
 

 

 したがって、これより本サイトにて最も極限状態を体感できるまでの、「西部警察」における最大のカースタント場面の本題に入っていきます。

「西部警察」は、仙台爆破計画のカースタントを絶賛紹介!!

 ズバリ!!   今回厳選したそのカースタントというのは、「西部警察パートⅢ」は第33話に当たる、仙台爆破計画後編でのクライマックス場面です。

 
 まずこの究極の場面に行き着くまでの、話の展開についてザッと振り返ってみます。

 

 物語の肝となる犯人グループによる計画とは、実は核爆弾により仙台を壊滅させるものでした。

 
 主犯の滝沢を中心にその右腕である伊庭を含めたアナーキスト(無政府主義)グループが、実験用の核燃料である高濃縮ウランを強奪し、仙台まで向かいました。

 
 さらに犯人グループは原子物理学を専門としていた中里助教授に、その息子を誘拐拉致したのです。

 

 結果、西部警察署が予測していた、最悪な事態として浮かび上がったのが、犯人グルーブによる核爆弾の製造でした。

 
 というよりも、大門軍団としましては、事件の流れより中里助教授を利用して核爆弾が製造される可能性が極めて高いとして、犯人グループが潜伏しているであろう仙台まで向かったのです。

 
 現地では、西部警察署と宮城県警が手を組んで大捜査網を設置、製造の前に高濃縮ウランを回収すべく命懸けの捜査が行われました。

 

 にもかかわらず、捜査関係者達をあざ笑うかのように、巧妙な手段であれこれとずる賢い知恵の限りを尽くし、犯人グルーブ達はいよいよ核爆弾製造を成功させてしまいました!!

 
 まさに最も恐れていた最悪な事態が現実のものとなり、捜査本部にも「爆弾の場所を知りたければ、20億円を今から指定する場所に持って来い」と、滝沢からの電話が入りました。

 
 大至急その発信地に向かった大門軍団でしたが、犯人グルーブのバスを追い詰めたものの、そのバスがTNT火薬の誤爆で大爆破、都合悪くも乗っていた犯人グループの全員が死亡しました。

 

 これで完全に「死人に口なし」として、捜査不可能になってしまったと思いきや、しばらくしてから唯一生き残っていた証人の伊庭が検問を振り切って逃走したとの連絡が入りました!!

 

 車種は白の330型セドリックで、ナンバーも完全一致でした。

 
 この伊庭の狙いとしては、ヘリから投下された現金を七ヶ浜にて受け取り、そこに警官隊を追い込んで一気にTNT爆弾で壊滅させる、というところにありました。  
 

 

 ここからがまさに、あの白のセドリックによる、カースタントの名場面としてクライマックスに突入していったのです!!

 
 途中で歩道に逃げ込み危機一髪でひき逃げ、という場面もありましたが、恐らくこの時の通行人もスタントマンが演じていたと思しきところです。

 

 一方大門軍団は伊庭を国道45号沿いに工業団地へと追い込み、小暮課長も当時の日産サニー宮城に依頼して国道をキャリアカー始めとした車両で封鎖、遂に逃げ場がなくなったと思われた伊庭でした。

 
 しかし、相も変わらずしぶとく逃げ延びる伊庭がその果てに逃げ込んだ場面としましては、日産サニー宮城の敷地内だったのです!!

 

 その白いセドリックは、整備工場内に侵入して整備中の車両(2ドアのサニークーペ)のドアを引きちぎり、遂に逃げ場がなくなった伊庭は屋上に追い込まれ、そのままダイブしてしまいました!!

 
 そうです、まさにこの白いセドリックによる屋上からのダイブこそが、今回紹介したい「西部警察」史上屈指のカースタント場面でした!!

 

 このカースタントを手掛けたのが、カースタント業界では有名な大友千秋氏でした。

 
 大友さんと言えば、「西部警察」においては度重なるカースタントを手掛け、英雄的存在としても支持されていました。

 

 そう言えば、この大友さんによる屋上からのカースタント場面は放映前にスペシャル番組において直接収録されたものです。

 
 ここでも大友さんはあれこれと知恵を絞りながら、計算をしている場面が見受けられました。

 

 ちなみにまたもう一つ、大友さんが手掛けたカースタントとしては、仙台爆破計画の前編における、西仙台ハイランドでのC230型ローレルの横転シーンも印象強く残っております。

 

 まあ以上のようなところが、私が「西部警察」史上最も絶賛したいカースタントの名場面であります。

「西部警察」は仙台爆破計画でのカースタントを紹介したい本当の動機

 
 今回はカースタントと併せて、物語自体の紹介もしてきましたが、同じ紹介するならカースタント場面にある背景を知った方が、より臨場感というものを味わえるだろう、との私なりの動機に基づくものです。

 
 それがこの仙台爆破計画に関しましては、繰り返しにはなりますがまさに人類の存続危機に瀕する、という場面であるからなおさらのことです。

 
 ズバリ!!   視聴する側としても、もう後がなく極限なまでの時間との戦いというものが、痒い所に手が届くまでに実感せざるを得ないものでもあります。

 

 以上のような動機に基づき、「西部警察パートⅢ」は仙台爆破計画の前編・後編を、是非ともおススメしたいところです。👇

 

 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!
 
月額利用料金は、2,189円(税込)です♪













あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー