Just another WordPress site

「西部警察」名古屋編での、お化け煙突との凄絶クライマックス!!

2020/10/15



今回は「西部警察」シリーズにおいては、絶対不可欠な全国縦断ロケでの伝説中の伝説、かのお化け煙突が登場する名古屋ロケ後編に話題を絞り、紹介していきます。

 
このシリーズを厳密に称するならば、「西部警察パートⅡ」第38話「決戦・地獄の要塞 名古屋編」であり、全国縦断ロケは第4弾に当たる名古屋ロケの後編、という型になります。

 

いきなりではありますが、まずこのお化け煙突の存在を大門軍団が知りえたきっかけから、入っていくとします。

 
事の発端ですが、都内の駅の構内で偽札を使ったある一人の男がマークされ、ちょうどその犯人に関する目撃談が愛知県警より西部警察署に入りました。

 

という事で、大至急愛知県出身ということもあった鳩村が派遣され、そこで彼が驚愕の場面に遭遇することとなりました。

 
まさにこの偽札事件でのモンタージュ写真の男が、何と鳩村が行き着いた愛知県警前にて、助けを求めに来たのです!!

 
「俺は組織の者に追われてるんだ!!」と必死に逃走しようとするも残念ながらその場射殺されてしまったのです!!

 
まさかこの時点では、誰もがお化け煙突の存在と、その信じられない驚愕の正体を知るすべもありませんでした。

 
それがズバリ!!   言ってしまいますが、この射殺された偽札使用していた男が北島と判明して以来、北島こそが何を隠そう、お化け煙突の鍵を握っていたキーパーソンでもあったのです!!

 


よって大門軍団と愛知県警による捜査が加速していく中で、この北島及び彼の背後関係を辿りつつ、お化け煙突の正体が次第に明かされていく運びになっていきました。

「西部警察」名古屋編でのお化け煙突の正体が暴かれていった展開

 
 ここで1つ復習しておきたい焦点があるのですが、「西部警察」における鳩村と同じく、キャストの舘さん自身もまた名古屋市出身であったと言うところから、なお一層リアルな感覚が演出されているこのシリーズです。

 
という事でまず軍団は北島の住所として挙がっていたアパートを調査、ちょうどその時鳩村に沖田は北島の息子が描いていた、決定的な証拠を手にすることになったのです!!

 

北島が殺害された理由としましては、組織を裏切ったという事からくる関係者によるものでした。

 
そうですズバリ!!   何かの工場の絵画だったのですが、これこそが実は息子自身が名づけの親になったというに相応しい「お化け煙突」でした!!

 

さらに一層捜査が加速していく中においては、これまた驚愕の揺ぎ無き事実が判明することとなりました。

 
何と、その北島が入居していたアパートの住人は、全員が印刷工場勤務経験の技術者だったというのです!!

 

またこの度の調査が進行する中においては、なぜか「あさくまステーキ」の名古屋市内の店舗に対する襲撃事件が相次ぎました。

 
その襲撃事件の主犯こそがまたまたより決定的な型で、「お化け煙突」絡みの手掛かりを握って来たことが判明してきました。

 

そもそも北島が印刷会社経験者、その北島の背後関係に偽札製造に絡んだ組織が存在、という方程式を解いていくに当たっては、必ずや「お化け煙突」とは無関係であるはずがない!!

 
という風な回答が導き出されてきたものです。

 

またあさくまステーキの話としては、ここの若い女性スタッフが射殺された理由としましては、北島と自分自身が映っていた写真を撮った彼女に対する、執拗な逆恨みと言うところでした。

 
次いでにですが、この事件の被害者と同じくあさくまステーキの女性スタッフ・清水陽子が、明治村にてその首謀者を含む3人を撮影した張本人だったのです。

 
その陽子もまた、勤務中に組織の首謀者に襲撃されかけて負傷、手術を受ける型になりましたが幸い足のケガだけで済みました。

 
この後陽子の回復次第、写真に写っていた男が顔見知りのバーのマスターでもあったことを証言、そこまで来れば偽札事件解明までもうひと踏ん張り、という感じでした。

 

一方鳩村としましては、幼馴染でもある陽子を沖田と共に上記の襲撃事件から守り抜いた後で、決死の首謀者追跡を行いました。

 
これにていよいよ、「西部警察」全国縦断ロケ・名古屋編は大詰めを迎えていくことになりましたが、とうとう事件解決に運んでいくべく、凄絶な死闘が展開されたのです!!

「西部警察」名古屋編は、いよいよお化け煙突登場のクライマックス

 
 愛知県警と大門軍団との一刻一刻を争うべく捜査において、遂に鳩村の目撃談が飛び出しました!!

 
庄内川で鳩村らしき人物を見た、とのことでしたが、連絡がとれなくなった鳩村こそがあのお化け煙突の発見者だったのです!!

 

彼は事件の首謀者とのカーチェイスの末に、バイクを乗り捨ててお化け煙突に辿り着き、さらに揺ぎ無き証拠を獲得していたのです。

 
まさにお化け煙突こそが、この事件の肝となった偽札が製造されていた現場だったのです。

 

また既に、事件の首謀者の黒幕としても相沢という、東京の暴力団関係者相手に取引をしていた人物だと判明しておりました。

 
その相沢もまた、名古屋のアジトに向かい、一味と共に大門軍団に抗戦というはこびになっていきました。

 

鳩村達が監禁されたのはまさに!!    お化け煙突の真下でして、追い込まれた彼は自分達の存在を知らせるために、意外な行動に出ました!!

 
自分を含む人質達一同、上着を脱いでかき集めてからお化け煙突の真下で燃やし、煙で自分達の存在を知らせたのです!!

 

この時すでに愛知県警及び大門軍団と、相沢達の犯人グループとの激戦が展開されていました。

 

団長はちょうどヘリにてお化け煙突を望遠鏡で捜査、そこで目の当たりにしたのが、時限爆弾だったのです。

 

 残り5分程度の地点で団長が望遠鏡にて発見、そのまま軍団に強行突破を命じました!!

 
 犯人達の目論見としましては、お化け煙突を人質側に倒す、という寸法でしたが、その強行突破により残り1分は切っていたであろう、そんな切羽詰まった場面での、鳩村と人質凄絶な救出劇でした!!

 

 これにて、「西部警察パートⅡ」における劇的なクライマックスにて、全国縦断ロケ名古屋編は盛大な完結を迎えました。

 


 言うまでもなく、この「西部警察パートⅡ」におけるお化け煙突の場面は、言わずと知れた名場面として時代を超え数十年と語り継がれております。

 
 
 また本サイトでは「西部警察」を語るに当たり、何度としつこく「1人1人が主人公の、一大英雄物語である」と繰り返しては来ました。

 
 それほどまでに、この全国縦断ロケの名古屋編は製作者側だけでなく物語に出演した地元企業の一般人達とも、揺ぎ無き結束が証明された最高傑作でもあったのです!!

 


 改めてこのような認識の下で、今回紹介した「西部警察パートⅡ」第38話「決戦・地獄の要塞 名古屋編」は、下記よりご視聴いただけます👇 


 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

月額利用料金は、2,189円(税込)です♪

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー