Just another WordPress site

「西部警察」は鹿児島ロケにて、雄大な自然を背景に凄絶な死闘物語

2020/11/15


 
今回は「西部警察」はパートⅢにおける鹿児島ロケでの、これまた2つとない独特のテロ組織との、まさに一国の存亡を賭けた死闘の物語について、お話ししていきます。

 
 厳密に言いますと、今回お話しするシリーズとしては「西部警察パートⅢ」での第17話(1983年8月28日)「吠えろ !! 桜島 – 鹿児島篇 -」というのが、正式名称です。

 

 それでいてかつ、「西部警察」シリーズの中でもまさに大掛かりな伝説の企画として語り継がれてきた全国縦断ロケの中では、第6弾・鹿児島ロケに該当する回でもありました。

 

 まず第一に、この鹿児島ロケと初めて聞いた時にピンと来たのが、あの豪快な九州男児というイメージではありました。

 
 がしかしそれと同時に、改めてこの「西部警察」の鹿児島ロケを視聴してからというものの、正しくその豪快なだけでなく、優美な土地柄というものも認識させられた感じでした。

 

 まず何より鹿児島と言って、大衆が第一にピンと来るのが、あの桜島の風景ではないでしょうか。

 
 鹿児島はその雄大なる桜島を背景に「東洋のナポリ」という別名を持つほど、国際的な視点からも屈指の観光として高く評価されております。

 

 つきましては、この土地柄的な視点からもまた、「西部警察」における製作者側の演出意図というものが読み取れるのではないかな、ってなところでもあります。

 


 よってこれより、「西部警察パートⅢ」は鹿児島ロケにおける物語の展開を紹介しつつ、またそこから現代の我々に何を教えようとしているのか。

 

 みたいなところを、新たに発見していこうと考えております。

「西部警察パートⅢ」は鹿児島ロケ特有の兵器と、事件の発端

 今回紹介していく鹿児島ロケに用いられた肝心要の題材としましては、これまた細菌(生物)兵器という事で、あの仙台ロケでの核爆弾と併せて、西部警察史上1、2を競うべくものだったのかな、ってところが、私自身の印象でもあります。
 
まさにこの細菌兵器というのが、死亡率100%でどんなワクチンも抗生物質も一切通用しない、世界最恐の兵器の1つであったとされています。

 

 で、その細菌兵器による破壊力を利用して、我が国を滅亡に追いやろうと計画していたのが、ロバート・カーソンを筆頭とした組織だったのです。

 
 カーソン一味は、細菌兵器を沖縄は宜野座にて、廃棄処理のための輸送途中であった米軍を襲撃し、強奪したのです。

 


 では、このカーソン一味に関する情報を、西部警察署はいかにして知りえたのか、まずはここから入っていきます。

 

  ある日、鹿児島から都内に戻ったとされる松村という男性が、後をつけてきた不審な男に暗殺されたのです。

 
 そこから大門軍団による捜査が開始され、松村の所持品より次々と、決定的な証拠品が発見されていったのです!!

 
 
 これらの決定的な証拠品としては、1つ目は博多の大濠ウェディングホールにて、婚約者と思しき女性とのツーショット

 
 もう1つは何と!!     ある砂浜にてサングラスをかけた見ず知らずの外国人が映っている写真でした。

 
 ズバリ!!    言ってしまいますが、奴こそがまさに、西部警察署のリストにも挙がっていた、主犯のロバート・カーソンであると、鑑識の結果判明したのです!!

 

 これをきっかけに、より一層捜査が加速した大門軍団は、まずは大将が博多のウェディングホールにて、松村と一緒に映っていた婚約者の身元を割り出し、団長除く他のメンバー達もフェリーにて九州へと旅立ちました。

 
 後ほど、大将が調べた婚約者の女性・岸田里子は、鹿児島の者であると判明するとともに、彼女の無事も確認できました。

 

 よってこれより、鹿児島ロケは劇的な展開をしていくことになりました。

「西部警察パートⅢ」は鹿児島ロケにおいて、軍団の捜査が劇的に加速

 団長と鹿児島空港で合流して以来、岸田の職場である大島紬の製造工場を訪問したり、また大島紬の里(現在の奄美の里)にて軍団が岸田に事情聴取したりと、急ピッチで捜査は進んでいったかのようでした。

 
 そんな事情聴取の最中、まさかのことでカーソン一味による発砲事件が発生、軍団は逃走しようとする一味を追跡開始、鹿児島のメインストリートにて、凄絶なカーチェイスが展開されました!!

 
 この末に、残念ながら一味は死亡してしまい、証拠を割り出すことは一時的にも不可能になったかのようでした。

 

 しかし、既に岸田が松村と共に偶然カーソンが映ってしまった(つまり、松村は口封じの為にカーソン一味により暗殺された)あの時の目撃談は確かなものであって、軍団はその現場である吹上浜まで向かうことにしました。

 
 ここでまたまた、軍団はSOS信号を確認、サファリにて現場へ向かうと、ここでまたまた衝撃の場面に遭遇!!

 
 沖に停留していた一層の船にて、瀕死の状態である刑事から、例の細菌兵器に関する揺ぎ無き証言を得ました!!

 
 彼は仲間達と共に、ある無人島にて一味に細菌兵器を浴びせかけられた時の証言を残し、息絶えてしまいました。

 

 その時です!!     ある不審なヘリが浜辺のサファリに戻ろうとした大将に鳩村、そして一平を手りゅう弾で衝撃。

 
 命からがら林の中に紛れ込んだサファリを見失った、このヘリに乗っていたのが、まさにカーソン本人だったのです!!

 

 以上のような、名立たる優美な観光地を舞台とした鹿児島ロケは、劇的な捜査の加速と相まって、どんな事件解決を迎えていったのでしょうか。

「西部警察パートⅢ」は鹿児島ロケも、遂に壮大なクライマックスに

 今回紹介した鹿児島ロケは、細菌兵器だけでなく「西部警察」史上屈指の、くどいようですが軍団による迅速で効率的な捜査能力が発揮された、そんな1シリーズであったとして厳選したいです。

 
 次から次へとスムーズに運んでいった捜査により、遂にカーソン一味による最後のアジトが、まさに桜島であると悟って以来、次第に大詰めのクライマックスへと突入したのです!!

 
 現地にて県警車両が軒並み一味の仕掛けた地雷に苦戦するも、果敢にアジトへと突進していった大門軍団でした。

 
 ヘリで登場した団長の指示により、防護服を着用しての細菌兵器との死闘、そしてサファリによる放水と、カーソン一味を追い込んでいきました。

 

 そして遂に、細菌兵器を使用するも一味は誤爆してしまったらしく、爆風と共に細菌兵器そのものも熱により死滅してしまったかのようでした。

 

 また一方の木暮課長としましても、政府が用意した「身代金」1千万ドル(当時にして約25億円)支払いの為に特命を受けた模様で、桜島の指定された受け取り場所に待機していました。

 


 これにて、「西部警察パートⅢ」での鹿児島ロケは、言うまでもない我が国屈指の観光スポットである壮大かつ優美極まりなき桜島を舞台として、劇的なクライマックスで締めくくられました!!

「西部警察パートⅢ」は鹿児島ロケでの演出意図を、改めておさらい

 よって今回紹介してきた「西部警察パートⅢ」は鹿児島ロケでの演出意図を、復習の意味をも込めてまとめてみます。

 
 演出意図はどうか?   に関しては、始めの方にも触れてはありますが、ズバリ!!    優美な自然と一国をも滅亡に陥れかねない破壊力を保有する細菌兵器とのコントラスト、というのがまず1つの重心ではないかと思います。

 

 そもそも、この細菌兵器の破壊力たるもの、厳密にいえばわずか米袋一袋にも満たない重量でありながらも、使用法いかんでは日本の全人口の倍以上の人口を死滅させてしまう(!?)、それほどまでの恐るべき兵器です。

 
 例えば、仙台ロケで登場した核爆弾も勿論、言うまでもなく破壊的ではありますが、ともすると、放射能よりも遥かに恐るべき破壊力ではないでしょうか。

 

 よって、これほどまでの究極なコントラストによる演出効果が故に、常に大門軍団が極限での闘う姿勢を問われた、そんな鹿児島ロケであったかのように思っております。

 


 我々もまた、日々何らかの場面においてこんな大門軍団による闘いの姿勢を認識しつつ、取り組んでいきたいところでもあります。


 今回紹介した「西部警察パートⅢ」第17話の鹿児島ロケは、下記よりご視聴いただけます👇

 
 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

月額利用料金は、2,189円(税込)です♪






























あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー