Just another WordPress site

「トラック野郎・ 度胸一番星」の動画とレンタルで、英雄物語を堪能

2021/02/14



今回もまた「トラック野郎」は第5弾シリーズ「度胸一番星」(1977年8月公開)に関する投稿ですが、ここでは改めて「度胸一番星」の見どころをおさらいしていくと共に、動画配信を始めとしたサービスとも併せてお話ししていこうと思います。

 
 今更言うに及ばす、「トラック野郎」シリーズのそれも「度胸一番星」や第4弾「天下御免」(1976年12月公開)だけは、本サイトにおいては何度アンコールしてもしきれないほどまでに、我が生涯においては少なくとも絶対に手放せないまでの、最高傑作的な存在であり続けております。

 
 ここでひとまずは、それらの動画を入手する手段を紹介する前に、「度胸一番星」に関する見どころを、改めて紹介していこうと思います。

「トラック野郎・度胸一番星」の動画を楽しむための見どころ 

 
ズバリ!!  「トラック野郎・度胸一番星」を語り継いでいく私なりの感覚としては、本作はまさしく主人公にとっての飛躍的出世作であり、本格的アクションとしても「トラック野郎」を認識づけた切欠でした。
 
このまさに、私なりには「トラック野郎」全10シリーズの中から厳選し尽くした、時期的にもちょうど半ばに当たる一世一代の大出世作においてさらに、焦点を絞り込んで紹介していくとします。

 

 一つは、これまた「トラック野郎」全10シリーズにおいては絶対不可欠だとされる、強大無双なるライバルとして重役を果たしてくれたジョーズ軍団との桃次郎とのデッドヒートな死闘です!!

 
 このジョーズ軍団を率いていたリーダーとしての新村譲治役を務めたのが、当時より国際的アクションタレントとして既に先導者的立場にあった千葉真一氏です。

 
 流石は本格派アクションの使い手というだけあって、桃次郎とのワッパ勝負から格闘場面まで、まさにデスマッチ以外の何物でもなかった、と言うところであります!!

 
 
 よって改めまして、下記にて「トラック野郎」史上最強のライバルであつた、ジョーズ軍団について紹介させていただきます👇
 
 https://karisumabeya.site/2020/05/04/ 



 ここまでしてド派手にぶつかり合ったというだけあって、極めつけの最終クライマックスである爆走航海場面としても、揺ぎ無き信頼関係とはこういうものだ、という最大のお手本になってくれたのは、言うに及びません。

 

 もう一つ見逃せないのが、「トラック野郎・度胸一番星」は全10シリーズの中でも、桃次郎とマドンナが両想いになった唯一のシリーズである、というところです。

 
 美女には弱く、恋には不器用という桃次郎なりのキャラもまた、絶対不可欠ではありまして、片平なぎさ氏演じる乙羽水名子が何と今回においては、桃次郎にプロポーズした(!!)場面も見逃せません。

 
 
 にもかかわらず、最終的には水名子が台風による洪水に流されて死亡し、失意のどん底に落とされた桃次郎でした。

 
 本作におけるヒロイン・水名子についても、下記にて紹介しております👇
 
 https://karisumabeya.site/2020/09/22/

 

 それから間もなくして、桃次郎が過積載と公務執行妨害で逮捕されたジョナサンの代わりに、金沢から新潟まで3000万円相当のブリを時間内に送り届けるという、爆走航海にて完結しました。

「トラック野郎・度胸一番星」の動画を提供する、最強なる継承者

 
 「トラック野郎・度胸一番星」が放映された当時においては、というよりも今世紀初頭においても信じられなかった動画配信というサービスが、今や我々がほぼほぼ場所を選ぶことなく堪能できる、という恵まれた環境にあります。

 
 という事で、本サイトにおいては、この「トラック野郎」なる英雄物語の動画を提供し続けて来てくれた業者である、U-NEXTをもまた定番中の定番として紹介させていただいております。

 

 かつて私が中学生であった1990年頃、「トラック野郎」をVHSというビデオテープで視聴していたあの当時としては、言うまでもなく今日のようなネットで動画配信、等というサービス自体、想定外というどころか、有り得ない世界でした。

 
 この1990年代はと言えば、まさにインターネット黎明期であって、2000年代としてもまだまだ発展途上のご時世にありました。

 
 中でも2000年代における、そんな発展途上の時代にも、既に前身企業に当たる株式会社USENが動画配信サービスの原型に当たるサービスを、開始してくれておりました。

 
 それが定額見放題の動画配信サービスを経て、やがて2010年代初頭には、スマホにタブレット、パソコン向けサービスを開始し、ゆくゆくは今日のような動画配信というサービスを確立してくれました。

 

 お陰様で我々はまさしく、一昔前はブラウン管の目前でしかお目にかかれなかった「トラック野郎・度胸一番星」を始めとした英雄達による最高傑作の数々を、今や仕事の休憩時間や電車の中でと、ほぼほぼ場所を選ぶことなく手軽に動画で堪能することができるのです。

 

 よって、本サイトにおいては絶対不可欠と言うべくこのU-NEXTとは、「トラック野郎・度胸一番星」のような先人達による歴史物語の、最強なる継承者として私は絶賛しております。👇

「トラック野郎・度胸一番星」の動画は、レンタルでも堪能できます

 今まで紹介してきたように、いかにネット文明が行き届き、動画配信サービスが主流となっても、一方ではまたDVDレンタルサービスも不可欠な存在として見逃せません。
 
最も、このレンタルサービス自体としてもまた数十年以上も前から存在する、一種の伝統文化的サービスとして本サイトでは認識しております。

 

 このレンタルサービスこそもまた、U-NEXTと同じく「トラック野郎・度胸一番星」始めとした英雄物語達を継承する最強の存在として絶賛しております。

 
 形態そのものとしましては、店舗まで足を運ばなくともオンラインにて会員登録し、予約した作品が自宅まで届けられるという、いわば「ジャスト・イン・タイム」的な、必要な時に必要なだけのサービスを享受出来るべくシステムとなっております。👇

 

 ついでに言うと、私自身としましては「トラック野郎」シリーズはDVD購入という型で堪能しております。

 
 いずれにせよ、「トラック野郎・度胸一番星」始めとした歴史的最高傑作達の動画については、あくまで多種多様な選択肢があり、あなた自身に見合ったサービスを見つけていただければ、と思っております。





















あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー