Just another WordPress site

チェリッシュと言えば、 代表曲はズバリ!!  これです

2021/04/25

 今回はチェリッシュという、少なくとも90年代から後の生まれの世代からすれば、恐らく余りピンと来ないかも知れない、いわゆる「隠れた有名人」的なアーティストによる名曲を、絶賛紹介していきます。


まずこのチェリッシュというアーティストグループが活動した時期的には、主に70年代という事でして、ジャンル的にはJ-POPの中でも典型的な「古き良き日本のフォークソング」といった名曲達を世に送り出してきてくれました。



チェリッシュが誕生したのは1970年代初頭、当時大学生であった松崎好孝氏中心に、松井(現在は松崎)悦子氏らの加入により結成されました。


以来、チェリッシュにとっては大出世のための名曲となった「てんとう虫のサンバ」でその認知度を飛躍的に高めたこともあり、我が国における有力アーティストとしての地位を不動のものとしました。



こうして、70年代において名曲達を世に送り出し続けてくれている最中、中心人物の歌い手であった松崎好孝氏と悦子氏は結婚し、以来夫婦デュオとして認識され続けて来ました。


また夫人の悦子氏は、「悦ちゃん」なる愛称で親しまれ続けて来たのは、知る人ぞ知る所であります。



つきましては、そんなチェリッシュが世に送り出し続けて来てくれた名曲達の中で、私なりに厳選し尽くした最高傑作を、これより絶賛紹介していきます。

チェリッシュはこの一曲を通じて、全世界へ大体的な発信をしました

 
 
今より、チェリッシュによる代表的な一曲を紹介していくに当たり1つ押さえておきたい、肝心なポイントがあります。

 

というのも、このチェリッシュの出身地が愛知県は名古屋である、という事実です。

 
ただまあ、今回紹介したい曲中には直接的にご当地を思わせるような描写はない模様ではあります。

 

がしかし実はこの一曲こそが、名古屋という地域のアイデンティティーみたいなものを決定的に認知させていく、決定的な一大の機会になったと称すべく名曲なのです!!

 

 21世紀になってこそ、この名曲は度重なる時代背景の変化の中で、中心的な話題として語られることは無くなったにせよ、言わばまさに!!   風化させてしまうには余りにも惜しすぎる一曲には変わりはないのです。

 
  という事でその中核的な動機としましては何を隠そう、80年代初頭における、名古屋オリンピック誘致の為に生み出された曲だったという、歴史的に決定的な名を残すべく真実でした。
 

  

 まずは88年の夏季オリンピック候補地として、名古屋が指定されており、チェリッシュとしましては名古屋に最終決定した際に、「風になれ~私と私たち」なる曲を披露する予定で、既にレコードも出来上がっていた、と言われております。

 
 選考の結果としましては、惜しくも名古屋が落選し、最終的にこの年の開催地はソウルと決定しました。

 

 で、結果的には未だにこれはチェリッシュにとっても一種の「幻の名曲」であり、一見歴史的に封印された曲としての認知が高かったようです。

 

 がしかし、完全に時代に埋もれてしまった訳ではなく、実はこの曲が「西部警察パートⅢ」は仙台ロケのクライマックスにて、披露されていたのでした。

 
 場面としましては、エンドーチェーン主宰のフェスティバルにおいて、チェリッシュ本人がゲストとして出演、「風になれ~私と私たち」が核爆弾の仕掛けられたコンサート広場にて公演されていたのでした。

 


 よって今回している「風になれ~私と私たち」は、いかに超レアな、音源すら探すのに一苦労する名曲になってしまったとは言えども、チェリッシュがこの一曲を通じ、「高い誇りを持って全世界へと情報発信してくれた」という、揺ぎ無き証拠になってくれたのは、紛れなき真実です。

チェリッシュの代表曲を通じて、今日の我らが学ぶべきこと

 
 まあ今回は、以上のような型で結果的に探しづらい激レア曲中心にはなってしまったようですが、今回チェリッシュを紹介していくに当たり、教えられたことは確かにあります

 
 まずは、このチェリッシュという存在によって、名古屋という地域が、1つの音楽文化のメッカとして認知されるべく機会を作ってくれた、という事です。

 

 という事で、我が国における代表的な音楽文化のメッカとしましては、例えば永ちゃんの最高傑作のアルバム「YOKOHAMAハタチまえ」始めとした横浜に、その他彼の某名曲に登場してくる本牧

 
 
 次いでにまた、永ちゃんによる最高傑作「フラッシュ・イン・ジャパン」における、自身の故郷で原爆被災地となった広島。

 

 みたいな感じで、名古屋としてもまた、我が国の名曲に縁の深いメッカの1つであり、前にも話した通り、名古屋特有の文化もまた我が国においては、関西は大阪始めとした文化と同様に、さらにより一層支持を得ることが出来れば、という私なりの願いも込めて語らせていただいております。

 


 そんなこんなで生憎諸事情により今回絶賛紹介した「風になれ~私と私たち」は、正式にはチェリッシュの音源の1つとして、入手が困難になってはおりますがそれでも、あなたには名古屋が誇るチェリッシュなるアーティストを、是非とも知っていただきたいのです。

 
 よってこのチェリッシュによる歴史的名曲の数々を、下記よりご視聴いただければ、何よりありがたいです👇



豊富な作品数を揃えた、自宅でレンタルできるサービスです。

 
 月額制にて、8枚までレンタル可能です!!

 
 まずは30日間のお試しをどうぞ!!




あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー