Just another WordPress site

「西部警察」は悪役としてのカッコ良き生き様を改めておさらい

2021/11/07

 今回は「西部警察」出演の悪役達の中から厳選したキャラの中より、「本物の悪役としての美学は何か?」という、一見簡単そうで実は奥の深い課題を探っていくとします。

 
 
 まずはその回についてですが、「西部警察パートⅢ」は第16話における、大門軍団とある悪役グループとの凄絶なるサバイバルを描いた回であります。

 

 しかも!!  この回に限っては「西部警察」シリーズでは絶対不可欠なトレードマークと認知されているマシンRSが3台体制となっての初仕事、ってのも見逃せません。

 
 という事はどうしてもこの回では悪役達の活躍よりもむしろ出演したマシーンのカッコ良さに目が行ってしまうのは、一種の人情ではあります。

 

 その一方でどうしてもこのカッコ良さに埋もれてしまいがちな「悪役」という視点にたって、奴らのカッコ良さも同時にあなたにお伝え出来るようにしたいのです。

 
 言い換えれば「西部警察」なる一大英雄物語の、一見華々しい表舞台の裏を支えた、悪役達による悲しくも熱き信念に完全燃焼を尽くした生き様も絶対不可欠なのは言うまでもないからです。

「西部警察」でのこの悪役達は、平和の中に突如出現した!!

 元々今回紹介する「西部警察パートⅢ」16話としましては、平穏な落ち着いた社会情勢下における、記念すべく新兵器の登場を祝福すべく場面でした。

 
 既存の団長車両「スーパーZ」を筆頭に犯人を追跡する予行演習が実施され、搭載された最新技術としても爆発的な加速装置「アフターバナー」に犯人の居所を把握する精度の高い感知式探索機・・・・・。

 
 どの角度から見てもITが網羅された今日における技術に劣らぬだけでなく、むしろ顔負けと言うに相応しい、そんなテクを至れり尽くせりでした。

 

 がしかし、かくいう平穏な状況下で晴れやかなデビューを果たしたと思われた矢先に、交番放火事件が発生。

 
 これを実行した悪役グループが大型バイクに乗った男3人組と直ちに判明も、またもや追跡していたパトカーも焼き討ちに合ってしまいました!!

 
 


 それだけではありませんでした。

 
 しばらくたってからクレーン車作業員も今度はロープに引きずられて絞殺される事件が発生。

 

 その事件現場に駆け付けたのが大将(山県刑事)に鳩村達でしたが、実はここで大将より衝撃の事実が発覚することとなったのです!!

 
 この事実とは1か月前に大将がある窃盗犯を追跡中に追い詰められた犯人(小川)が、その場でクレーン車から落下してきた重量物の下敷きとなり即死してしまったのでした。

「西部警察」のこの悪役達による、ショッキングな真なる目的

 で、大将が事件の記憶を整理していったその過程にて、面会した小川の兄の存在が直ちに浮上してきました。

 
 追って「皇帝」を名乗る男より西部警察署に入電があり、直後例のバイクに乗った悪役3人組による商店街襲撃が発生。

 
 そうです、この待ったなしな捜査において悪役達の狙いは大将と確定、早速3台体制となったマシンRSの初仕事に。

 

 案の定、という運びで目黒は殺人犯たちに神父が教えを説いているという教会付近にて大将が悪役3人組にロープで引きずられ絶対絶命の危機に。

 
 大将は何とか九死に一生を得たものの、彼に付き添っていた知り合いの歌手・サリーは残念ながら非業の死を遂げてしまいました。

 

 
 退院後大将は前述の教会に出向き、そこでまたまたショッキングな情報を入手。

 

 皇帝と名乗る主犯より、

 


 午後3時、新木場通りにて、山県刑事を処刑する。

 


 との声明が入ったというのです!!

 
 しかも奴らからの要求は「大将を処刑するために、テレビ局以下のマスコミ関係者をよこしてくれ」とのこと。

 
 

 そうです、この皇帝とは暴走族たちの中でも知らぬものはいなかった、と言うほど絶大なる存在としての悪役グループでした。

 
 この肝心の皇帝の正体ですが、西部警察署としては既に前述の事故死した小川の兄であることを把握しており、即ち大将に深い因縁を抱き続けて来た主犯だったのです。

 「西部警察」の悪役グループと軍団との、超絶なるこのクライマックス

 直ちに指定の現場に新兵器3台体制にて出動した大門軍団に、前もってスーパーZで現場に待機していた大将。

 

 かくしていよいよ、皇帝こと小川を筆頭とした悪役グループが出現、この度は最大の首謀以外にも数名加わった体制でした。

 
 早速小川たちはバイクで大将を包囲

 
 悪役グループに追い詰められてのデッドヒートがこれにて展開となりました。

 

 
 追ってまたまた西部警察署の例の新型マシン達も正々堂々の出動

 
 最初という事もあり団長がマシンRSを操りつつ、アフターバナーに催涙弾と早速最新技術の至れり尽くせりで悪役グループと激突。

 

 一方主犯の小川としても一時は大将に優位に立ったかと思いきや、仲間達が次々と最新兵器の前に敗れ去っていき、内1人は大型ダンプと正面衝突。

 
 かくして小川も次第に追い詰められてき、いよいよ大将との一騎打ちの場面に!!
 
 
 
 

 ありとあらゆる手を尽くし、大将始めとした西部警察署に復讐を試みた流石の悪役達も結局天下の大門軍団には敵わず、敗北を喫してしまいました。

 


 しかし今回紹介してきた皇帝を名乗る悪役グループの主人公・小川の生き様としても何とも言えずカッコ良く、そして潔き手本の一種であったことには、変わりありません!!

 
 相手を段階的に追い込んでいったあの戦略に、何よりも天下の西部警察署の関係者達に恐れず挑戦状を叩きつけたという辺りが、悪役として、また同じ漢としても強く心を引かれる歴史的名場面でした。




最後になりましたが、次いでに同じ「西部警察」史上における厳選の悪役として、スーパーZになりすまし団長とガチンコ勝負を実現させた元レーサーの深町についても、以下のような型にて熱く語ってあります👇

https://karisumabeya.site/2021/02/14/

 




今回紹介した「西部警察パートⅢ」17話は、下記よりご視聴いただけます👇

 

名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!


お試し期間内であれば、解約料金は一切不要です。


月額利用料金は、2,189円(税込)です♪










あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー