Just another WordPress site

「トラック野郎」はロケ地での撮影風景に見るプロとしての戦略

2022/09/03

 

「トラック野郎」でのロケ地と言えば言い換えれば我等愛好家達にとっては一種の心の聖地・もしくは故郷のような土地であります。

 

私なんかは「トラック野郎」のキーワードで常日頃よりGoogle検索するたびに、歴代シリーズにおいて使用されてきたロケ地に対する思いが熱く語られた記事を少なからず目の当たりにしては訪問してまでその詳細を読みふけったりすることも有り得るくらいです。

 

時にはそれらの記事において「トラック野郎」当時のロケ地の模様とここから数十年を経たのちの風景とを照らし合わせて丁寧に紹介してくれているユーザーさんがいるのもありがたい事この上ありません。 

 

ロケ地の主な作中における場面についてですが最終の爆走航海のクライマックスがまず1つ必然的なのは説明不要です。

 
桃次郎が引き受けた仕事を一番星号で全うするためにアクセルを踏み込んで警官隊とド派手に激突しつつもトラック野郎仲間達の防御によるサポートを受けつつ時間内に目的地まで送り届けた場面は、まさに歴史に残る定番でした。

 

即ち今回はその爆走航海において使用され続けてきたロケ地について調べてきたりしたごくごく限られた情報ながらも手掛かりとして紹介し、このことで「トラック野郎」撮影当時における「プロとしての戦略」みたいなものを発見していくとします。 

 「トラック野郎」のロケ地での撮影風景に見る作者側による工夫

  ついては「トラック野郎」のロケ地は主に爆走航海そして時にはライバル達とのワッパ勝負における歴代場面を動画で復習するに当たり、まず1つ気付いたことを述べていきます。


それはズバリ!!   ある1つのロケ地風景が2作以上に渡ってだけでなく、例えば同じシリーズにおいてもワッパ勝負にラストの爆走航海にと、複数の場面に共通して使用されているという事実です。

 


このことに関してはまた1つ、というか第一にロケ地として選定された場所が必ずしも「トラック野郎」の劇中における設定の場面とは異なっていた、というのもむしろ必然でした。

 
なんせあの爆走航海での一番星号に他のトラック野郎仲間達と警察関係者達との追跡シーンの為にロケ地のための土地をすんなりと貸してくれる自治体は果たしてどれだけあったことでしょうか。

 

そこで「トラック野郎」制作者側として第一にポイントとなったのは、何となく各場面に相応しい雰囲気が演出出来そうな場所をロケ地として選定することでした。

 
かくいう諸事情より実際にロケ地として選定された場所と劇中での場面とを照らし合わせて今より紹介していきます。

 
といっても実にピンキリですが例えば最終の爆走航海で一番星号が警官隊に封鎖された国道の検問突破シーン。

 
この道路は分離帯なしの全4車線で、ロケ地は恐らくディズニーランドが完成前の浦安市だと某トラック専門誌で語っていました。

 
そこは第5弾「度胸一番星」でジョーズと検問突破を果たした国道8号という設定だったと見られ、もう一方は第8弾「一番星北へ帰る」にてbig99と共に検問突破を果たした国道4号線、みたいな感じでした。

 
  ⇒「トラック野郎・度胸一番星」での爆走航海はこちら


 この他複数場面に使用されたロケ地として代表的なのは埼玉県の秋ヶ瀬公園で、トラック野郎仲間がカンカンに捕まる場面にオープニングで行列を為しての行進に使用されました。 

 

「トラック野郎」とは以上のように一つの素材となるロケ地でも工夫次第で飽きることなく楽しめる、そんな演出意図が反映されてきたのです。
 

「トラック野郎」のロケ地での戦略を我らにも置き換えてみる

 まあ今回のメインテーマとなった「トラック野郎」のロケ地での撮影風景に見る戦略とは、まとめるならばある1つの撮影素材をいかに多角的に活用し、臨場感を最大限に引き出せるか

 

という辺りでした。

 

これ実は我らの日々の仕事や実際にこのメディア運営においてもどこかで共通する姿勢なのです。

 
話しは「トラック野郎」に戻りますがロケ地での許可が中々下りなかったことで人知れぬ複雑な試行錯誤があったはずです。

 
ましてや当時は撮影技術的に見てもITが網羅された今では信じられないほどの手間暇を要しておりました。

 
それでも制作関係者達は決して不便さを言い訳にせず、一番星号による爆走だけでなく警官たちと桃次郎との悶着からネズミ捕りまで、いつ見ても飽きることなく多種多様な名場面を提供し続けてくれました。
 

 
 

かくいう「トラック野郎」制作関係者の視点よりあなたにも見直してほしいことがあります。

 
例えばあなたが何かプロジェクトを遂行する機会に資金面や人材面等で意にそぐわぬ場合でも不平不満を漏らさずに試行錯誤と工夫をこなせるか。

 
まさにここで人間としても真価が問われるものだと、と当時の撮影者達は我らに課題提起をしているのです。

 

あるいはブログの記事を書く際にもキーワードが思いつかないことを記事が書けない理由にしていないか。
 

 
ならば私のように「トラック野郎」という1つの話題からいくつもの記事なりYouTubeでの投稿をこれでもか、これでもか、と作成し続ければ良いのです。

 

よってあなたもアイディアに行き詰った際には今回紹介した「トラック野郎」でのロケ地におけるプロとしての仕事ぶりにヒントを得て、戦略を生み出していってくれれば、と思います。

 今回紹介した映画「トラック野郎・突撃一番星」のにご視聴については、こちらよりお願いします👇

 

 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!  
 

 
 この期間内なら解約も一切無料。

 

 月額利用料金は、2,189円(税込)です

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー