Just another WordPress site

「トラック野郎」はジョーズとの死闘で「君子を恐れぬ生き様」を確立

2022/09/11

 

 「トラック野郎」はジョーズ軍団がライバルとして登場した第5弾よりズバリ!!  君子を恐れず長い物に巻かれぬ生き様をより一層熱を込めて語っていきます。

 
 「トラック野郎」のジョーズ軍団についての紹介ですが、新村譲治率いる大型タンクローリー5台により編成されたグループで、以前の「トラック野郎」4作におけるライバルたちとは一癖も2癖も異なった存在でした。

 
 それも一番星1対ジョーズ軍団5という設定自体から見ても、「トラック野郎」史上最も過熱したライバル対決だったな、みたいな印象がいつも消えることはないのです。

 
 ここでジョーズ軍団のリーダーについても必見なのですが、キャスティングが当時世界を股にかけていたアクション界の元祖・千葉ちゃんでした。

 

 「トラック野郎」を今まで語るに当たってはまさにこのジョーズ軍団とのシリーズで作品自体が大衆娯楽から本格的なアクション超大作へと進化したと、何度も復唱してきました。

 

 ただ今回に限っては単に「トラック野郎」が飛躍的な進化を遂げたという史実に完結せず、少しでも我らの生きる現実世界に実用的な合わせ鏡になってくれれば、という思いで語らせていただきます。 

「トラック野郎」はジョーズ軍団との対決に見る百戦錬磨な実録

 早速「トラック野郎」におけるジョーズ軍団とのガチンコ対決を紹介の上、今回は後ほど私自身としても半生の中でガチンコ対決に出くわした場面をも交えてお話ししていきます。

 

 ジョーズ軍団については新潟を舞台に4チャンネルを独占しトラック野郎仲間達からもまさに「君子危うきに近寄らず」みたいな感じで恐れられていました。

 

 ある日ドライブイン・越後獅子にてたまたまジョーズ軍団も立ち寄り、そこでリーダーの譲治(以下ジョーズ)は「界隈のトラック野郎どもに告ぐ。4チャンネルは我らジョーズ軍団のものであり、これを使用した者に対しては制裁を加える!!」と宣戦布告。

 
 奴らは桃次郎の下へ歩み寄り場面はまさに一触即発も穏便にジョーズ軍団は一旦退散という型を取りました。

 


 その後桃次郎はジョナサンと共に佐渡へ渡航し乙羽水名子の下で教鞭をとった後に再び新潟に上陸、そこでジョーズ軍団に無線を妨害されてワッパ勝負へと発展しました!!

 
 奴らに苦戦も桃次郎はジョーズとの派手なデッドヒートを披露、ここからが勝負の分け目と思いきやその瞬間桃次郎は不意を突かれて敗北、この決着は後に越後獅子で着けられることになったのです。

 
 

 さすがジョーズは本物のアクション俳優が演じただけあっても桃次郎も悪戦苦闘し続けました。

 

 しかし以前のライバルとの対決で百戦錬磨を重ねてきた桃次郎はジョーズにも決して劣らぬ動きで奴と和解を果しました。

 
 
 そうなんです、桃次郎はそれまでの生涯において常に自分より強いと称すべきライバル達と時には屈辱を味わいながらも文字通り百戦錬磨な実践を絶えず積み重ねてきた事が「トラック野郎・度胸一番星」で決定的に演出され尽くしました。
 

 
 それだけではありません、「トラック野郎」にてジョーズとのガチンコ対決での桃次郎の闘いは実は私自身による前職での衝撃的な場面にも精通すべくものがあるな、と共感なしには語れない実録でもあるのです。
 
 ⇒「トラック野郎」はジョーズ軍団とのデスマッチはこちらにも紹介

「トラック野郎」はジョーズ戦と我が生涯の一場面とを照合させてみる

 「トラック野郎・度胸一番星」での対ジョーズ戦を通じて今回カミングアウトしたい私による一種の「ブラックな場面」があるのです。

 
 というのも前職において酒・タバコ販売を巡り満20歳以上を確認できなかった若者と罵り合いになりしかも相手は暴走族関係いや、右翼が絡んでいた模様でした。

 

 なぜならいかなる理由であれ、満20歳未満の者に酒・タバコを販売した場合には重い行政罰が課されて最悪の場合は営業停止処分をも食らいかねません。

 

 事実これ一回だけでなく複数名が相手であったこともあります。

 
 それでも今思うとあの時私の身も心も潜在意識的に動いてくれたような感じでまさにこんな日常場面こそに「トラック野郎」でのジョーズ軍団とのガチンコ対決が合わせ鏡になってくれる、そんな気がするからです。

 

 事実よその加盟店経営のオーナー・店長でさえ正直ここまで罵り合った実例は私の知る限りではあまり聞くことがなかったのですがだからといって私は武勇伝やワル自慢をしたくはないのです。

 

 「トラック野郎」は今回の対ジョーズ戦に限らず、どの場面もハイテンションな気分を味わわせてくれると同時に、単に根性を付け焼刃的に押し付ける精神論の物語でもないのです。

 
 要は「トラック野郎」の対ジョーズ戦における桃次郎の動きを見本にした上であなたがワルに絡まれる、または悪友の誘惑等の場面から身を守るべく際にはいかなる姿勢で向き合うか。

 
 この視点では「トラック野郎」とは我らにとっての闘いのためのいわゆる武術の指導書みたいな存在であることが分かります。

 

 即ち「トラック野郎」なる指導書を通じて単にあなたが強く進化して生まれ変わることだけを目的にせず、あなたもまた誰かの手本となっていってほしいのです。

 
 で、ゆくゆくは「長いモノに巻かれず、かつ君子を恐れぬ」生き方を築き上げて1人でも多くの市民を苦悩から解放すべく価値の提供に結び付けていってもらう。

 
 こここそが「トラック野郎」はジョーズ軍団とのガチンコ対決を熱く紹介した私なりの最終目標なのです。
 

 今回お話しした「トラック野郎」でのジョーズ軍団との凄絶な死闘は、下記よりご視聴いただけます👇

 

 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!


 この期間内なら解約も一切無料です。


  月額利用料金は、2,189円(税込)です

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー