Just another WordPress site

「トラック野郎」を最高傑作として紹介しより一層の信頼を得るために

2022/11/04

 

「トラック野郎」なる最高傑作をメディアにて絶えず紹介し続けているカリスマ継承漢ですがこの最高傑作をよりカッコ良く、1人でも多くの訪問者さんにご視聴いただけるために重要なある心得たるものを、今回は少し突き詰めた型で語っていきます。

 

 「トラック野郎」に限らずこれまた全ての歴史的最高傑作の情報発信に古今東西精通するものでありますが、生産性と効率の高い情報発信を実現化するための根底となるべく姿勢を説いていきたいのです。

 

 ⇒「トラック野郎」を最高傑作として継承するための私なりの経験と心構え

 
 私は確かに「トラック野郎」のみならず「西部警察」その他の最高傑作ネタをメディアで紹介し続けてきた結果グーグル検索エンジンにて評価され、この一つの運営サイトだけで少なくとも3か月あたり40件以上もの上位表示を実現してきました。

 
 こんな言い方すると一見自慢話に聞こえるかも、ですが私としても例外なくそこまでの評価を受けるようになるまでは、あくまで地味な積み重ねがあってのことでした。

 
 勿論「トラック野郎」をブログや動画で紹介し続けているユーザーは私以外にも実に海千山千なのは一目瞭然です。

 
 そんな環境において私が紹介した「トラック野郎」関連のブログや動画を編集⇒公開して検索エンジンや視聴者さん達から好評を得るに至るまでは、ある意味回り道の連続であったことにも気付かされたものでした。

 

 この視点より今回は「トラック野郎」が最高傑作としてグーグルを代表とした検索エンジン等から評価されるまでと、この最高傑作が定着後に辿った私なりの「地味な裏舞台」みたいな辺りに焦点を置きつつ、語っていくとします。

「トラック野郎」を最高傑作として語り、いかに手応えを得られたか

 いくら「トラック野郎」が歴史に残る最高傑作で、ユーザーさんが一見価値あるコンテンツを提供していても、ただそれだけでは成果にび付かないのもまた事実であります。

 

 要は例えば「トラック野郎」のキーワードの市場で検索エンジン及び訪問者さん達が期待する話題に最大限に応えていくのが、高評価を得るための課題なのです。

 
 ここが大きく外れてしまうと私はただ「トラック野郎」に詳しいだけの、自己満足なノウハウコレクターで終わってしまう、という事です。

 

 まとまるなら訪問者さん達が求める「トラック野郎」関連の話題と、運営主が提供する話題との距離を縮めれば縮めるほどより高い信用を得られる、というのが最も相応しい表現と言えます。

 

 例えばこれはロック界屈指の名立たる最高傑作達に関しても大いに当てはまる思考であります。


  いかに「時代やファンの求める、自分達にとっての最高傑作像とは何か?」を、常に試行錯誤に回り道を繰り返しつつ探求することこそが、ファン達の信頼獲得に結び付くのです。

 

 一方私が「トラック野郎」関連の記事を今のサイトで初めて公開した際には、見事予測に反する型で公開日より数えてわずか2週間ほどで、グーグル検索エンジンの第一ページ目に確認できたのを覚えております。

 

 これもまさに「トラック野郎」の最高傑作像が私の提供する話題と、訪問さん達の期待する話題との距離が縮まったことで、高評価を得られることが出来たのでした。

 
 その記事を皮切りに以来「トラック野郎」関連で公開してきた記事が、1年も経たないうちに20件以上が上位表示されたりと、順位に波こそあれど安定して3か月あたり数十件以上の上位表示を記録してきました。

 

 ザッとこんな型で「トラック野郎」を最高傑作として紹介し訪問者さんや検索エンジンに認められてきた道のりを話しましたが、同時に私がこんな手ごたえを得られるまでに辿った回り道も、これよりお話していかねばなりません。
 

「トラック野郎」を最高傑作として紹介するために回り道は不可避です

 よってこここそが今回解いていきたい肝心な命題であって、「トラック野郎」ネタの訪問者さん達と私との志向の距離を縮めるまでの葛藤や行動について、お話ししていきます。

 
 前述の上位表示が皮切りとなるまで「トラック野郎」関連の検索市場を選定するまでには、実に数時間から数日といった時間が必要でした。

 
 これは上位表示が安定してからもつきものであって、というよりむしろ検索市場が定着してからの方が、「トラック野郎」で初めて上位表示されるまでの期間よりも葛藤が大きく手間ひまかけてきたな、って感じです。

 
 なぜなら「トラック野郎」ネタの定着後の方が「より一層この最高傑作を分かりやすく、1人でも訪問者さん達の関心を惹きつけるためには?」と、時には気が遠くなるほどの回り道も要することもありました。

 

 初の上位表示以前ともなるとなおさらで、あそこに行き着くまで即ち「トラック野郎」ネタを選定するまでに私は数か月に渡り時事ネタから観戦したコンサート、その他諸々のネタを100記事以上公開してきました。

 
 こうして私なりの道のりを改めて振り返ることで、

 

 近道をすれば近道に裏切られる

 

 
 という、ロックの神様は永ちゃんによる名ぜりふが甦ってきました。

 
 即ちこれぞ「回り道こそが最善の近道である」真実を実証するものであります。

 

 ましてやこれほどまでにIT文明が人々の日常の隅々まで浸透してきた現代社会においては情報の発信力もダイナミックなスケールです。

 
 その恩恵を駆使してSNSで初対面の人々ともコミュニケ―ションを取りつつ、価値ある情報発信により自らのファンを獲得していく、というのが現代においては最善な手法であることは疑いようがありません。

 

 あわせてこの裏では私が今回語ってきたような地味で複雑な葛藤の積み重ねこそが、「トラック野郎」その他最高傑作をより価値高き歴史的資産として、多くの人々による支持の獲得に結び付けるのであります。

 

 歴史的最高傑作「トラック野郎」は下記よりご視聴いただけます👇

 


 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

 
 この期間内なら解約も一切無料です

 
 気になる月額利用料金は、2,189円(税込)です

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー