Just another WordPress site

「トラック野郎」動画紹介で著作権接触の指摘を受けたらどうする!?

2022/11/23

  

 
 「トラック野郎」を動画で紹介していると、というより他の動画でもそうですが必然的に肖像権や知的資産権といった著作権は避けて通れないものです。

 
 無論動画に限らずブログにツイッター、インスタ等実にピンキリまでのメディア媒体においては他者の看板を背負って販促活動をしている以上はどこへ行っても同じことです。

 
 「トラック野郎」ともなるとなおさら「西部警察」なんかと並んで歴史的超大作であるがゆえに、より一層著作権の保護が声高に主張されるのが紛れなき現状です。

 

 「トラック野郎」をかくいう社会環境の下で、特にYouTube始めとした動画で販促活動を行うに当たっては、特に著作権者達からの風当たりが強くなる、と言っても決して大げさではありません。

 
  ⇒「トラック野郎」を紹介に当たっての著作権保護について


 よって「トラック野郎」を動画紹介する際には私としても接触しないいわゆる「ボーダーライン」みたいなところを他のクリエイターの動画を手本としつつ見極めているつもりではあります。

 
 無論「トラック野郎」原作動画の場面をまんまアップしませんし、検索エンジンの「画像」の項目からダウンロードすることも一切ありません。

 

 にも拘わらず「トラック野郎」を動画で紹介した際に、実は私も一度著作権者からの指摘を受けたことがあるのです。

 
 その指摘の中身としましてはザッと、該当の動画に提示されたある1つのコンテンツに対して、一部の著作権者からの申し立てがあったという旨でした。

 
 早速該当の動画をチェックしたところ、「ああ、なるほどもしやこれかな・・・・・」とピンときたことが幸いでした(この際私は職場での休憩時間でした)。

 

 ついてはその後「トラック野郎」関連の該当動画に対して行った著作権対策を、これより具体的にお話ししていきます。

 「トラック野郎」動画紹介で、私はこうして著作権対策を実施しました

 
 「トラック野郎」動画紹介で私が著作権指摘を受けた中身について、これより詳細をお話しします。

 

 前述の動画内におけるコンテンツですが、これ自体は「トラック野郎」における名ぜりふとは無関係のものだったのです。

 
 一番星が大阪のハロウィンイベントに参加した際に、挨拶がてらに私が調子に乗り過ぎてある国民的大スターのポーズと名ゼリフで決めました、そんな内容でした。

 

 動画内では確かにセリフ自体は「○○○」みたいにぼかしましたが(勿論スターの名前も匿名にしました)、要はあの行為自体が一部の著作権者により接触すると指摘を受け、ブロックされていたのです。

 
 この動画に対する著作権申し立てに気付いた時点ではスマホを使用しており、とりあえずは一旦削除。

 

 あの後私は仕事から帰った後食事と入浴を済ませて一息ついてから、該当の動画素材を手直しにかかりました。

 
 動画をチェックするに当たり念のため私はイベントに参加していたトラック野郎達や観客達に対しても接触しそうな場面がないかどうかとザッと一通り確認。

 

 この際「トラック野郎」ネタの他の動画とも照らし合わせてみた上で、結果的に動画の最初に表示していた前述の挨拶行為に当たるコンテンツをカットして再びアップロードしたわけです。

 

 公開後一週間~10日を経過しても該当動画に対する申し立てが無かったため、「これならまあ問題はなかろう」てな感じで、一旦あの件は収束に至ったのでした。

  
 ちなみに動画が著作権申し立てを受けたタイミングは公開後3日以内で、動画削除の依頼もなかったことが幸いでした。

「トラック野郎」動画紹介での著作権対策をより一層強化するために

 
 「トラック野郎」の動画紹介で著作権の指摘を受けた要因とは、まとめるなら私が調子に乗り過ぎた事でした。

 
 また今回「トラック野郎」の動画紹介で私が指摘を受けたことにより、他のオーナーによる動画に対しても思い当たる節が浮かんできたのです。

 

 要は動画内においていかに匿名を使ったりしてぼかしていても、それだけでは著作権対策の強化につながらない、てなわけです。

 

 私がヘヴィーユーザーとして楽しませてもらっているあるチャンネルの動画も削除されたのですが、実はこの動画も著作権申し立てが原因である事が分かったのでした。

 
 話題としては「若く見られたい50代男の末路」で、ここに登場したHさんは20代の若者ファッションに異様なほど執着を抱いていました。

 
 彼は知る人ぞ知るイケメンぞろいのダンスグループを認識して週2、3回の割合で日サロで肌を焼きまくり、日常会話においても若者言葉を連発に果てはキツイにおいの香水を使用にと、ツッコミどころ満載でした。

 

 その動画においても確かに私による前述の「トラック野郎」紹介動画と同じく、グループ名自体はぼかしてありました。

 
 ただ主人公のHさんによる行為があまりにもグループの名誉を傷つけるまでに下品の極みであったのが、墓穴を掘る結果を導いでしまったのです。

 

 こうして「調子に乗り過ぎた」という点では私と共通だったと言えます。

 

 以上今回の動画に対する指摘を通じて学んだ著作権対策の強化をまとめ上げます。

 
 いくら「トラック野郎」の作中における名ぜりふをぼかそうが、原作動画や検索エンジンからの画像ダウンロードをせずとも、著作権接触はあり得るのです。

 

 それが即ち有名人の真似をする、あるいは顔を汚す行為に匹敵するものであって、我らは動画を作成するに当たりこれらの要素がないかどうか、常に著作権申し立てのチェックとも併せて見極める必要があります。

 

 歴史的最高傑作「トラック野郎」は下記よりご視聴いただけます👇

 
 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

 この期間内なら解約も一切無料です

 気になる月額利用料金は、2,189円(税込)です

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー