Just another WordPress site

「トラック野郎」を動画紹介する個人運営主に最適な肩書とは?

2022/12/19

「トラック野郎」を動画で紹介するメディアとしてもまた海千山千であって、動画市場の方がむしろ私個人による独断と偏見ながらも、ブログ市場より競合性が厳しいかもしれません。

 
それでも「トラック野郎」に限らず動画でいかなる歴史的最高傑作を紹介していくに当たっても成果を出し続けている個人運営主が存在します。

 
いや、むしろ動画作成始めとした一切のメディア運営に生きがいを感じている人達も少なくはないのです。

 

ここで「トラック野郎」を動画だけでなくブログやSNS等々一切のメディアにて紹介し続ける運営主さん達を、現代の職業に分類するならば一体如何なるものであるか?

 

というのが今回のメインテーマであります。

 

21世紀に入り動画やブログ等々ウェブ上でも個人が仕事をこなせるという環境が整備されてきて、IT環境さえあれば極論年齢・職業・経験一切不問という条件でメディアを運営できる。

 
気が付けばそれほどまでにYouTube動画やブログといったメディアの発達のお陰で、意志さえあればいつでも我らは情報発信により価値を提供できるまでの恩恵を享受できるようになりました。

 

「トラック野郎」を生まれて初めて知った頃の私としてもまさかここまでエンタメ文化が劇変するとは、想像もつきませんでした

 

こうしてYouTube動画等々メディアが目覚しく発展したご時世と「トラック野郎」と出会った昭和末期のご時世とを照らし合わせてみると、改めて「トラック野郎」とは私にとって幸運を招き寄せてくれた最高傑作以外の何物でもありませんでした

 

この視点より「トラック野郎」その他を動画始めとしたメディアで紹介する我らの肩書とは、一体何に分類されるか? を語っていきます。

「トラック野郎」を動画紹介する我らを原作当時の関係者に当てはめる

 「トラック野郎」原作動画をリアルタイムで制作に携わってきた当時のプロデューサーや監督、そして俳優陣達の関係者一同と我らの立場とを照らし合わせて見ると、少しづつ今回のテーマが見えてくると思います。

 
要は「トラック野郎」制作当時の関係者一同と、動画始めメディアで情報発信している我らとは、根っこは同じエンターテイナーであるという認識が原点となります。

 
まず我らとしては「トラック野郎」その他最高傑作の看板を背負って動画やブログで紹介している、一見大げさな言い方にはなりますがそんな位置づけです。


即ちそんな立場として動画を作成し続ける我らを、YouTube側は「クリエーター」として扱っているのです。



「他人の作品を紹介しているだけで何がクリエイターだ?」と言いたくなるかも知れませんが、ここがバカにならないのです。


我らは少なくとも各自によるオリジナル動画で「トラック野郎」等々最高傑作を紹介する以上は、リアルタイム制作に携わってきた当時の関係者達と、立場は何ら変わりはないのです。

 

私なんかはオリジナルの動画にナレーションで「トラック野郎」の見どころを絞り込んで紹介していますが、もうこの時点で既に演出家としての重要な役割を果たしています。

 
「トラック野郎」に酷似する動画素材の用意からサムネイルの画像素材等々の収録に、「トラック野郎」のレジェンドたちが集う歌麿会のイベントにも足を運ぶ必要もあります。

 

そこまでしなくとも動画素材だと例えば都心部や幹線国道で手間暇かけて撮影に取り組んだりという型です。

 

てことはもうこの時点で既に映画でのロケーションと同じ感覚で動画作成に挑んでいく姿勢が必要になってきます。


⇒「トラック野郎」ロケ地におけるプロとしての姿勢はこちら

「トラック野郎」の動画紹介を通じ今世紀のメディアを発展させる

「トラック野郎」を以上のような型でいかにクリエイター達がオリジナル動画で紹介しようと、日本においてはネットに対する偏見や違和感みたいなものが根強く残ってきた印象も否定できません。

 
動画編集そのものに対して「デジタルには人情がこもっていない」「手作り感がない」等々、保守的な感覚に縛られて新たな文化を受け入れることが難しい人達の言い分がそんなところです。

 

確かに「トラック野郎」を70年代当時は映画館まで足を運んではあの巨大なスクリーンで観ていたのが、今世紀においてはスマホやタブレットで自宅や職場の休憩時間に手軽に見ることが出来ます。

 
ITの目覚しい発展により大きなものが小型化されたり、有料だったものが無料になったりと、時代の流れに伴う生活文化の変化はいつになっても必然であります。

 

一方このような型で効率化が進み利便性を享受できるようになった裏舞台としては、あくまでかつて「トラック野郎」その他最高傑作を手掛けてきた制作関係者達と同じく、血と汗滲む試行錯誤があったことも決して忘れてはいけません。

 
話は前後しますが「トラック野郎」シリーズを各々によるオリジナル動画で紹介するクリエイター達としてもまた、「トラック野郎」原作関係者達と同じく手間暇は避けて通れないものなのです。

 
言わずと知れたかの元祖・ヒカキン先生であっても大成功を収め続けるには、オリジナル動画一本一本に対する手間暇を惜しむことはありません。

 
動画一本を完成させるだけでも丸々半日以上費やすこともあるくらいで、この視点では一昔前の「トラック野郎」はじめ超大作を世に送り出してきた演出家や監督一同と立場は一緒なのです。
 

 

よって今回のまとめとしては「トラック野郎」をオリジナル動画で紹介する以上は映画監督にカメラマン、そしてキャスト達と同等の肩書であるという事です。

 
さらに我らはオリジナル動画作成を始めとしたメディアの運営により日本のネット文化に対する偏見を覆しつつ、クリエイターとして新たな文化を発展させていくのもまた、1つの肝心な役割だと心得ております。
 


 「トラック野郎」原作動画はこちらよりご視聴いただけます👇

   

  名作ぞろいのU‐NEXTなら31日間無料お試し期間付きで、ポイントも有効利用できます。

  この期間内なら解約も一切無料。

  気になる月額料金は2,189円(税込)円です。
   

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー