Just another WordPress site

「トラック野郎」を最高傑作として、世の受験生に真心込めて送ります

2023/01/08

「トラック野郎」を最高傑作として紹介したい対象とは、たとえば30~50代までの現役中心世代なんかが主として、今まで語り続けてきました。

 
即ち「トラック野郎」放映時(1975年~1979年)における文太兄い(1933年生まれ)に欽也さん(1934年生まれ)はじめとしたキャスト達は、まさに40代の現役中心世代の大黒柱的な層であったのです。

 
その「トラック野郎」における視聴者としても老若男女問わず広い世代に愛され続けてたまでの最高傑作でした。

 

ここでどの最高傑作を紹介するに当たっても該当しますが、より高い支持を得るためにはひとまず紹介したい対象として、主に「年齢」「性別」その他を絞り込む必要があるのです。

 
それによりたとえば「トラック野郎」をメディアで紹介する主としての演出意図を確立することで、訪問者さん達にもブレない印象を与えるにもつながります。

 
これでこそ初めて、最高傑作を紹介していきたい対象というのが次第に広まっていく、という感覚もまた、今まで私が「トラック野郎」紹介によって得てきたものでした。

 
 言い換えれば「トラック野郎」を視点を変えて多角度から見つめ直すことにより、次々とネタが切れず継続できて自然と熱がこもっていくことも分かります。。

 
そこで今回は「トラック野郎」とは最高傑作として世の受験生たちに対してもおススメするにも値すると声高に伝えたいのです。

「トラック野郎」を最高傑作として受験生に伝えたい実質的な狙いとは

 ここで言う「受験生」とは大学・高校受験に限らず、司法試験始めとした難関資格の受験者たちをも含んでおります。


つまり「トラック野郎」で言うなら爆走航海なんかは世の現役世代中心にとっても日々の勤務において合わせ鏡とするには最善の最高傑作でした。

 

私なんかも「トラック野郎」の数々の名場面は今までの半生においても、ここぞ!!   って時にはお手本となってくれたものであります。

 
あなたにとっても「トラック野郎」のように、何らかの型でお手本となってくれた最高傑作がジャンル問わず存在するかも知れません。

 

そしてまた1つ、歴史的最高傑作とはあなたの闘志を呼び覚ましてくれるものであることも見逃せません。

 
例えば受験生に例えるなら一昔前、とある予備校講演会に故アントニオ猪木先生が招かれた時のかの「伝説の名場面」をお話しします。

 
予備校生の1人が先生の腹部に入魂のパンチを食らわせたのとほぼ同時のその瞬間、猪木先生のビンタが相手に炸裂、まさにこれこそが「闘魂注入」のルーツになったとして、あまりにも有名な語り草であります。

 
さらに後年の話によるとこの当時の予備校生はビンタ事件後、志望の難関私立大学に合格した、とのことでした。

 

即ち「トラック野郎」も同じなら最高傑作としてこのように世の受験生たちに対しても、どこかでご利益をもたらす役目を果たしてほしい。

 
ここがまた「トラック野郎」を最高傑作として私が受験生たちに紹介してきたい、今回の主たる目的でもあったのです。

 

さらに受験生たちに御利益をもたらしてほしい「トラック野郎」での名場面とは、爆走航海のクライマックスに限ったことではありません。

 
一番星によるライバルのトラック野郎達とのワッパ勝負はじめとした勝負という勝負1つ1つが、受験生たちにも勝負運をもたらすものであると信じ続けているのです。

「トラック野郎」を最高傑作として、大学受験に置き替えてみる

 「トラック野郎」なる最高傑作を大学受験の具体的な視点に置き替えてみることとします。

 
大学受験に超一流の国家資格等々の受験生たちにとってもこれは大いに共通する思考の1つです。

 
なぜなら「トラック野郎」における一番星の生き様とは一種の「実録派」として、古今東西語り継がれていくものでもあるからです。

 

置き替えると「トラック野郎」とは受験生で言うところの模試に次ぐ模試の連続を物語った最高傑作と表現するにも値するからです。

 
大学受験を経験したことある人達なら志望校合格には予備校主宰であったり、指定の大学受験用の特化した模試であったりと、実にピンキリまでの試験を受け、偏差値とにらめっこしてきた事でしょう。

 
私がこうして「トラック野郎」を最高傑作としてメディアで語っていくに当たっても受験生たちと同じく、毎回が模試の連続であるとの姿勢は変わりありません

 

これを大学受験に置き替えるなら「トラック野郎」が志望校とすると、「最高傑作」「ロケ地」「一番星」等々の語句は学部に当てはまります。

 

「トラック野郎」に限らずあくまで私の紹介するメインの市場も多様多種です。

 
こうして一サイトにおける平均掲載(検索)順位のデータを偏差値に置き替えてみることで、私はどの大学(メインキーワード)のどの学部(2語目以降のキーワード)が合格圏内にあるか?

 

を常にリサーチし続けて止まないのです。

 
あるいは「トラック野郎」が理科なら「ロケ地」を物理、という風に置き替えてみてもよいでしょう。 
 



まとまるなら「トラック野郎」なる最高傑作もまた受験と同じく百戦錬磨により、小さな成功体験を突き重ねていく世界観である。

 
「トラック野郎」を私がメディアで紹介する立場と、大学受験で模試にて実戦を積み重ねながら「敵を知り、己を知っていく」姿勢とは、まさに同じであります。


 歴史的最高傑作「トラック野郎」は下記よりご視聴いただけます👇

 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

 この期間内なら解約も一切無料です

 気になる月額利用料金は、2,189円(税込)です

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー