Just another WordPress site

矢沢永吉先生最高傑作でグレートなシビレるワクワク感をお届け!!
 

2023/01/16

 矢沢永吉先生最高傑作も、実は私のサイトにおいては放っておけない話題の1つなのです。

 
 矢沢永吉先生による最高傑作と言えば即ちロックの神様が世に送り出した歴史的資産であることは、あなたとしても説明不要なほどご存知なはずです。

 

 気が付けばその矢沢永吉先生も20年代に入りすでに齢70歳を超え、遂にデビュー半世紀を迎える地点にまで差し掛かっていました!!

 
 歳を重ねてもなおより一層洗練され骨太なロックの最高傑作を世に続けてカッコ良く進化し続ける、これぞまさに神様が創り出した男以外の何物でもありませんでした。

 

 改めて矢沢永吉先生による沿革をザッとながら振り返っていくとしますが、これまた絶対不可欠な最高傑作「トラック野郎」での一番星による、漢達にとっての合わせ鏡そのものだったのです。

 
 まず矢沢永吉先生はちょうど私たちの親世代に当たる戦後のベビーブーム(団塊世代)は1949年生まれで、出身地は原爆投下を受けたほぼ直後の広島でした。

 
 そんな過酷な環境下で矢沢永吉先生は次第に「よし、いつか絶対bigになってやる!!」との闘志をもやしつつ、ロックに目覚めていくようになりました。

 
 矢沢永吉先生の少年時代は60年代におけるロックの最高傑作と言えば、ビートルズやローリング・ストーンズといったロックの開拓者たちによる名曲が代表でした。

 

 まさにあのご時世に矢沢永吉先生は次第にインスパイアされる型でロックスターを志すようになり、60年代後期に広島から夜行列車にて上京したのが、グレイトなロックスターの原点になりました。 

矢沢永吉先生最高傑作を、半世紀以上に渡るキャリアより厳選しました

 矢沢永吉先生による最高傑作をいざ選出するともなれば、例え数十年以上も熱烈に支持し続けてきたファンであっても、迷いに迷うことでしょう。

 
 それほどまでに矢沢永吉先生による歴代の音楽達は、どれもこれも最高傑作ぞろいであるには変わりないからです。

 

 まあそんなことばかり言ってても仕方ないので、今回は独断と偏見ながらも矢沢永吉先生が世に送り出してくれた最高傑作を1つ真心を込めてお送りしましょう。

 
 1985年発売のアルバム「YOMKOHAMAハタチまえ」から痺れるような、痒いところに手が届く一曲として「TAKE IT TIME」を、ロックスターによる生き様の最高傑作として紹介していきます。

 

 このアルバム自体の路線としていえることですが、当時における最先端を誰よりも先取りし、飛躍を成し遂げた音作りが隅々まで施されていました。

 

 音楽技術的には前作のアルバム「Eダッシュ」の流れを継ぐべく、コンピューターを駆使した音作りを、より一層進化させた世界観でした。

 

 にもかかわらず「YOMKOHAMAハタチまえ」はロックのあるべき姿を決して損ねることなき最高傑作でした。 
 

 
 
 
 即ち「TAKE IT TIME」もそんなうちの一曲として認知されているのですが、これこそ矢沢永吉先生なりの伝統的な音楽性を貫いている最高傑作であることは、決して否定しようありません。

 
 アルバムでは軒並みデジタル化に伴うプログラミングによるシンセサイザーの打ち込みが目立ったものの、この曲においてはロックの神髄である疾走感溢れるリズム感にギターリフを決め手としつつ、骨太な音作りを実現した、そんな音楽性でした。

 
 具体的にはコンピューターの音をギターリフでいかに違和感なく、一種の手作り感を表現できるか。

 

 こここそを最重視してきたのが矢沢永吉先生による最高傑作であり、「TAKE IT TIME」もまさにその代表として、今回熱く語っているのです。

 
 どうかこの一曲であなたも痺れるような疾走感溢れるワクワク感を、心行くまで堪能してください。

矢沢永吉先生最高傑作「TAKE IT TIME」は叩き上げ半生の象徴

 矢沢永吉先生の最高傑作「TAKE IT TIME」をまとめ上げるならどの角度から見ても成り上がり、つまりロックの神様として頂点へ登り詰めるまでの、一直線な疾走感を息つぐ暇もなく象徴したものでありました。


 

 言うなれば痺れるようなグレイトなワクワク感を生みだすには、人一倍手間暇かけて試行錯誤を重ねる、これでこそ名の通った最高傑作が実現できると言えます。

 

 古今東西人の心を動かすような優れた技術を生み出す裏舞台には、あくまで血と汗滲むドラマは必然です。

 
 矢沢永吉先生は単に時代の最先端な流行を追い求めるに完結せず、時には回り道をしてでも挑戦を続ける生き方を、数十年と貫いてきました。

 
 この姿勢はライヴでの音作りにおいても勿論変わりなきものです。

 

 要はたかが一曲であっても、それがいかに多くの人達に評価されて支持され続けるか、を決定付けるのが今回紹介の最高傑作「TAKE IT TIME」だったのです。

 

 またこれは矢沢永吉先生によるどの最高傑作においても共通でしたが、「一見たかが些細なことであっても、徹底的にこだわる姿勢を崩さない」ってなところです。

 


 かくいう矢沢永吉先生による最高傑作が物語る生き方とは「最高傑作を生み出すには、他者と同じことをしていてはいけない」という、いかにもロックの神様としての叩き上げの半生と称すべきです。
 

 矢沢永吉先生の最高傑作「TAKE IT TIME」は、下記よりご視聴いただけます👇

 


  豊富な作品数を揃えた、自宅でレンタルできるサービスです。

 
   月額制にて、8枚までレンタル可能です!! 


  まずは30日のお試しをどうぞ

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー