Just another WordPress site

「西部警察」は大門団長による、ライフル射撃の名場面を厳選

2020/09/28

 今回は「西部警察」ネタでも、定番中の定番として言うまでもない、大門団長によるかのライフル登場の名場面を紹介していきます。

 
 言うまでもなく、愛好家達としましては、「西部警察」において大門がライフルをぶっ放す数々の場面は、見るたびに魂を揺さぶるものがあるはずです。

 
 次いでに西部警察署に於いては、ライフルの名手としては大門だけでなく、鳩村もその腕は絶賛されていたものでもあります。

 

 さて、このように「西部警察」史上絶対不可欠なライフル登場場面ですが、さすが寸分たりとも狂いのない、そんな大門による腕により多くの人々は命を救われてきました。

 
 また時として、大門のそのライフルは、軍団の仲間が絶体絶命に陥った時には、止むを得ず仲間の動きを封じるために使用されたり、ある時は大門自身が拉致され要人暗殺目的に利用されようとした場面もありました。

 

 よってこれより、大門のライフル登場場面の中でも、今回は大まかに以上のような視点に立って、「西部警察」におけるハイライトスポットとして厳選した回を、紹介していくとします。

「西部警察」は大門団長が拉致され、ライフルの腕が思わぬ目的に!!

 早速ですが、「西部警察」において大門が犯人グループに拉致され、そのライフルの腕がある人物の暗殺目的に利用されようとした、そんな回を紹介していきます。

 

 これは「西部警察パートⅠ」における回ですが、大門拉致事件の発端としましては、こともあろうか仕事帰りに二宮係長を含む仲間達とあるラウンジに寄った帰りでした。

 
 この時たまたま最後に店を出たのが、大門と谷さんでした。

 

 以後大門は行方不明となり、翌朝になっても連絡がありませんでした。

 
 いつも通り出勤した他のメンバー達は大門の手掛かりを探し、捜査に乗り出したものの、後ほど事件はさらに驚愕の展開をみせていったのです。

 

 また大門の妹アコまでもが、兄を探すべく西部署に足を運ぶ型となり、大門団長はもしや!?   というべく状況下での捜査でした。

 
 団員たちによる捜査が次々と進んでいく中で、この捜査線上にはショッキングな型で団長らしき人物の目撃談及び怪しい人物も続々と浮かんでいきました。

 
 中でも大門拉致に関わったとされるキーパーソンとして目を離せなかったのが、左の頬に傷のある任侠風の男だったとされていました。

 

 というより、今回の事件に関して一つ、どうしても引っかかるのがなぜ大門がわざわざ無抵抗で数人の男達の手言いなりになって車に乗ってしまったのか・・・・・・・・・。

 
 大門なら例え数人の敵がいようが、びくともしないはずなのになぜわざとらしく!?

 
 それだけでも「西部警察」史上中々有り得なさそうな事件として、着目されるべき見どころでもあります。

 


 という事で、団長抜きの軍団は谷さんを主導に捜査がより迅速に進んでいく中で、これまた決定的な手掛かりがこれでもか、と言うまでに浮上していく展開を迎えます。

 
 実は何よりも不可解な出来事がありまして、というのも谷さんの娘・ひろ子が公演する当日になっても劇場に現れなかったのです。

 
 谷さんが劇場の責任者に事情聴取したのですが、ズバリ!!   ここで例の件に関して、最も決定的な証言が浮かび上がりました。

 

 先ほど言った「左の頬に傷のある」強面の男が、ひろ子と前日の夕方に面会していた、というものでした!!

 
 よってひろ子を盾に取ることで大門も抵抗できまい、とのずる賢い計画でした、

 

 しかもこの後、大門がその男を含む数人の犯人グループに拉致されていた、動かぬ証拠が発見されました。

 
 夜の首都高速のオービスにて、大門が犯人達に運転させられていた写真があったのですが、この時大門としては、まさにその動かぬ証拠を残すために機転を利かせるという意味で、わざとスピード違反をしたという運びでした。

 

 こうして証拠が固まりつつある中で、強面の男の正体が右翼団体構成員の吉田という人物であることが判明しました。

 
 その一つの確定した手掛かりをもとに、より一層加速した西部警察署の捜査でした。

 

 吉田の背後関係を洗い出していく中で、吉田自身は銃撃戦に巻き込まれて負傷という結果でしたが、代わりに浮かび上がってきた更なる証人達のお陰で、ひとまずは大門が拉致されていた場所が判明しました。

 


 また話はあちこち行きますが、大門が吉田達犯人グループと共に、ライフル販売店で大門自身が手帳を見せて購入していたことも既に判明していました。

 
 という事は、わざわざ大門にライフルを購入させたその目的たるものは、彼の全国1、2を競うライフルの腕を利用して、誰かを狙撃する以外には、考えられなくなってしまいました。

「西部警察」は大門によるライフルの腕が利用された、その衝撃な結末

 遂に谷さん主導による西部警察署は、負傷した吉田の回復時に大門が拉致されていた場所として、芝浦の渡し船を突き止めるも、既にそこはもぬけの殻でした。

 

 しかしちょうどその時、現場で日高というキーワードを発見したのですが、これこそが最終的な手掛かりとなって、犯人側の目的を知る結果となりました。

 
 西部署車両のサファリに掲載されていた最新鋭のコンピューターのリストより、日高円城なる人物が浮かび上がったのです。

 
 それも「ギユウカイ、カイチョウ」と記されていたことから至急日高宅に直行、まさにここで犯人側の動かぬ証拠が確定的になり、事件解明へと向かう結果になりました。

 

 日高側の関係者が吐いたところによると、大門のライフルの腕を利用して、来日するとあるヨーロッパの経済学者を狙撃する、とのことでした!!

 
 それも狙撃の指定時間は午前10時、残りあと一時間しかないところまで迫ってくるも、呆れたことに上層部としては「もはやなすすべがない」と、匙を投げた状態でした!!

 

 ここで究極の決断として、団長の代わりに谷さんが「よし、ならば俺達で狙撃を阻止しよう!!」と呼びかけ、経済学者を乗せた車に大門抜きの軍団一味が付き添う型となりました。

 
 後は犯人と大門がどこで狙っているかを見定めると言うところでしたが、ここにてひと役果たしたのが、サファリによるハイテク装置で、リキの操作により大門達を発見したのです。

 

 場所は建設中のビルの高層部で、この時大門が構えていたライフルは射程差300mという、驚愕の性能でした!!

 
 発見次第リキは一同に減速するよう指示したのですか、ここでターゲットとなっていた経済学者を守るために、予想外の行動を取ったのです!!

 
 というのも、本人に成りすましたのが谷さんでして、それもこの作戦の驚くべきカラクリまでもが判明しました。

 

 ちょうどたまたま本人と谷さんが、年齢的にも風貌的にも酷似していたこともあり、ズバリ!!    眼鏡に帽子で本人に変装した谷さんを大門のライフルが狙うという、最終的な究極場面でした!!

 
 こうして、ひろ子を人質に取られた大門はただでさえ満身創痍で大きな疲労を隠せなかったであろうにも拘わらず、彼の腕は的確でした。

 
 1センチとずらさない型で谷さんに命中し、谷さんとしてもまたこの時実は血糊を用意していたのです!!

 

 よってこの作戦にて、経済学者はことなきを得、谷さん以下の軍団は即座大門とひろ子を救出に急ぎました!!

 


 一方現場では、約束通りひろ子を放すように犯人側に要求も、日高以下の犯人達は大門を後始末しようとさらに襲撃開始しました。

 
 この時です、大門側に小銃を構えて歩み寄った日高が大門の所持するライフルで殴打され、そのスキにひろ子を連れて大門は逃走を図りました。

 
 ここでまた大門と軍団のメンバー達による、凄絶なデッドヒートのクライマックスを迎えたのですが、犯人一味を壊滅させるも大門もまた腹部に一発の銃弾を受け、重傷を負いました。

 

 幸い命には別条がなく、勿論ひろ子も無事に救出されました。

 


 これにて、大門が拉致され、そのライフルの腕で要人暗殺が企てられた事件は解決しました。

「西部警察」は大門のライフルの腕だけではない、この回の見どころ  
 
 

  今回紹介した回におきましては、以上のようにそれまでにはない型で、事件解決の為にありとあらゆる機転を利かせた軍団による脳の回転の速さ、というのも絶対不可欠な焦点です。
 
それも大門団長抜きであったからなおさらのことでした。

 
 大門自身が拉致された証拠を残すためにわざとオービスを光らせたり、谷さんが防弾装置を使いターゲットに変装したりという風でした。

 

 ついで言っておきますが、鳩村もまた大門と並ぶべくライフルの名手がゆえに拉致され、要人暗殺に利用されようとした事件もあります。

 
 ここでも大門による、ぎりぎりの状況下での機転の利かせ方が見どころとなっております。

 

 そして何より、谷さんによる最終的な決断力こそもまた、事件解決に導いてくれたのは、言うに及びません。

 


 絶体絶命、もはや後がないと悟った時こそ、なおさら冷徹さを貫き、そして知恵の限りを尽くす。

 
 

 という風なお手本としての「西部警察パートⅠ」第113話「狙撃手、大門」は、下記よりご視聴いただけます👇



 
 
 名作ぞろいのU-NEXTなら、31日間お試し期間付きで、ポイントも有効活用できます!!

月額利用料金は、2,189円(税込)です♪
















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

あの時あなたが出会えた英雄物語を呼び覚ます

カリスマ継承漢に生まれて初めて「カリスマ」という存在を教えてくれた「トラック野郎」。

正真正銘なる漢達による闘いのバイブル「西部警察」。

そんなカリスマと称するに相応しい先人達による英雄物語に、あなたも再会できるかも知れません。

詳しくはこちらより⇩

 

 




 

 

 

 

 

 

カリスマ的と称すべく音楽資産を堪能

 

ヘヴィメタル文化発明者の代表として「ロックの帝王」の座を誰にも譲らず君臨し続けるオジー・オズボーン

我が生涯における価値観を決定づける切欠となった我が国最強のロック文化の開拓者ヴァウワウ

あなたとしてもまた辛い時や苦しい時にいつもそばにいてくれたあの名曲に出会えるかも知れません。

そんな最高傑作達を堪能できる方法も紹介します。

くわしくはこちらより⇩




 

私カリスマ継承漢とは



始めまして、カリスマ継承漢です。

ここでは、私カリスマ継承漢の経歴、そしてブログ運営においていかに歴史に残るべく英雄的傑作達を提供しようとしているか、という姿勢等について、お話ししていきます。

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生年月日 : 1975年4月14日

血液型 :   A型

前職 : 某コンビニエンスストア加盟店経営者(15年)

 

影響を受けたカリスマ的人物達及び歴史的傑作達

音楽

・ロックの帝王「オジー・オズボーン

・ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)

・人見元基(ヴァウワウ)

 

映画

 

・「トラック野郎」全10シリーズ

 

テレビドラマ

 

・「西部警察」シリーズ

 

 

 

ザッと以上のようなところが、私が生涯において正しくカリスマ的と称するに相応しい、歴史に残るべく英雄的存在であります。

 

という事で、既にトップメニューにも記した通り、あくまでも非情な変化を遂げていく我々の生きる現代社会においても、決定的なお手本となり得るまでの価値を見出せる。

 

そんな歴史的な名作だけを選び抜いて、私なりに紹介してきたつもりではおりますし勿論、今後ともこの姿勢は揺らぐことはありません。

前述のとおり、私の前職はと言えば言ったとおり、15年間に渡って24時間年中無休という形態の、一般市民の生活に最も密着したと言われる現場にて、無意識のうちにもピンからキリまでの価値を提供し続けて来ました。

 

そんな私カリスマ継承漢が、今度はブログによる情報発信という土俵に身を置き換え、再び民衆たちの為に何らかの有益となる価値を提供していこう、という意志に基づき、第一歩を踏み出したのです!!

 

そして、どうせ一度きりの生涯なら、どうせこの道に一旦足を踏み入れたからには、あくまで粋に潔く、訪問者さん達を後押しできるような存在をこのカリスマ継承漢としてもまた、目指すべきものであります。

言い換えれば、カリスマ的英雄資産を受け継ぎ、更に未来に語り伝えていく者として恥ずかしくない姿勢とはいかなるものか。

 

という風な課題を一つ一つ乗り超えていくところが、私としても本来目指すべき姿でもあります。

 

さらには、ただ単に私だけがただただ次々と語り継いでいくだけではなく、価値ある情報を提供する側としてもまた、訪問者さん達をそれぞれの目的地にまで導いていく、という風な姿勢も崩さずに運営してまいります。

 

長々とプロフィール紹介文をご購読いただき、誠にありがとうございます。

 

今後とも本サイト「一世一代のカリスマ継承」を何卒宜しくお願い致します。

 

⇒私カリスマ継承漢はこちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitterはこちらです。

 

⇒メルマガもこちらのLPより登録できます。

 

⇒YouTubeもどうぞ

 

カテゴリー